【真相がわかる】自動車保険の「お客様満足度ランキング」とは何なのか?

【真相がわかる】自動車保険の「お客様満足度ランキング」とは何なのか? 保険会社の評判・口コミ

なにかモノを買ったり、サービスを利用するまえにネットで口コミを調べるのが当たり前の時代になりました。

よく耳にする「お客様満足度ランキング」は簡単に言うと、口コミをランキング化したものです。

この記事では、「お客様満足度ランキングは本当に信用できるのか?」「なにを基準に調査しているのか?」など、自動車保険を決めるまえに知っておきたいポイントについて解説します。

あなたより先にサービスを体験してくれた”お客様”の声

自動車保険えらびにおいて、お客様満足度ランキングは貴重な情報です。

なぜなら、お客様満足度ランキングの”お客様”とは保険選びで迷っている自分より一歩進んだ立場におり、実際に体験したリアルな声を聞けるからです。

しかし、どこの会社がどのようにお客様満足度ランキングを調査しているのかまで知っている人は少ないと思います。

特に保険について言えば、その満足度がどのように調査されて、ほんとうに信用できるのかというのはわかりにくいのが実情です。

調査方法がよくわからない会社や調査対象がすごく少ないランキングをもとに自動車保険を決めるのはリスクがあります。

自動車保険の満足度ランキングは、いったいどのような会社が出しているのか、その調査方法も踏まえて説明していきます。

満足度ランキングで有名な会社は3社ある

自動車保険のお客様満足度ランキングを発表していて、比較的知名度がある会社は、以下の3社です。

  • ・オリコン
  • ・価格.com
  • ・J.D.POWER

どの会社も耳にすることが多いですが、同じ「満足度ランキング」でも集計方法にはちがいがあります。

つまり、オリコンではランキング1位なのに、価格.comではランキング圏外ということが十分にありえるということです。

このことからも、「お客様満足度ランキング」という言葉を安易に信用してはいけないことがわかります。

それは、「オリコン」「価格.com」「J.D.POWER」それぞれのお客様満足度ランキングの特徴や集計方法をくわしく見ていきましょう。

オリコンは項目が分かれていて参考にしやすい

音楽チャートを発表している「オリコン」は、じつはさまざまなランキングを作成しています。

例えば、旅行の予約サイトのランキングや家庭教師、ウォーターサーバーまで幅広く扱っています。

そんなオリコンの、自動車保険に関するお客様満足度の調査方法を見ていきましょう。

まず、参考にするのは自動車保険のランキング2018年版オリコン顧客満足度です。

調査概要は以下のとおりです。

  • ■調査日:2017年8月15日〜22日
  • ■発表日(更新日):2018年1月4日
  • ■調査人数:14,458人(調査時サンプル数16,471人)
  • ■調査対象:性別問わず、18才以上、全国、過去4年以内に自分が運転していて自動車保険を適用したことがあり、かつ、自動車保険へ加入する際に選定に関与した人
  • ■調査企業数:20社【あいおいニッセイ同和損害保険・アクサ損害保険(アクサダイレクト)・朝日火災海上保険・イーデザイン損害保険・共栄火災海上保険・セゾン自動車火災保険・ソニー損害保険・そんぽ24損害保険・損保ジャパン日本興亜・大同火災海上保険・チャブ保険(旧:エース損害保険)・日新火災海上保険・三井住友海上火災保険・ゼネラリ保険・SBI損害保険・チューリッヒ保険・東京海上日動火災保険・セコム損害保険・三井ダイレクト損害保険・AIG損害保険(旧:AIU損害保険、旧:富士火災海上保険)】

その【自動車保険のランキング2018年版オリコン顧客満足度】の結果がこちらです。

  • 1位:ソニー損害保険
  • 2位:チューリッヒ保険
  • 3位:セゾン自動車火災保険

オリコンでは、ランキングに加え”回答人数は少ないけれど評価の高い会社”や”回答者の重視した項目”といった詳細な結果まで掲載されています。

また、車両保険の説明や見積もりのとり方など、初心者だと理解しにくい用語の解説もあるので非常にわかりやすいです。

保険について初めて調べるときには、まずオリコンのランキングから見始めるとわかりやすいかもしれません。

価格.comは口コミに強み

株式会社カカクコムが運営する製品の価格比較サイト「価格.com」が行うお客様満足度調査です。

参考にするのは価格.com2018年自動車保険満足度ランキング

調査概要は以下のとおり。

  • ■調査対象:過去半年以内に価格.comを利用した方のなかで、現在自動車保険(任意保険)に加入している、もしくは事故時等に保険会社に連絡をしたことのある方(カカクコム調べ 実査委託先:マクロミル)
  • ■調査期間:2017年11月16日~11月28日
  • ■調査人数:4,630人(男女比率:男性73.8%、女性26.2%/年代比率:20代4.0%、30代23.1%、40代25.9%、50代24.9%、60歳以上22.1%)
  • ■調査企業数:17社【AIU損害保険・SBI損保・あいおいニッセイ同和損保・アクサダイレクト・イーデザイン損保・AIG損保・セゾン自動車火災保険・ソニー損保・そんぽ24・損保ジャパン日本興亜・チャブ保険・チューリッヒ・東京海上日動火災保険・日新火災海上保険・三井住友海上・三井ダイレクト損保・楽天損保)】

そして【価格.com2018年自動車保険満足度ランキング】がこちらです。

  • 1位:SBI損害保険
  • 2位:イーデザイン損害保険
  • 3位:セゾン自動車火災保険

価格.comの満足度ランキングの特徴は、口コミの表示が多いことです。

生の声をたくさん知りたい方は価格.comのランキングを見てみるとよいでしょう。

また、総合のランキング以外に”保険料”などの部門別のランキングがタブの切替で簡単にできるのも高ポイントです。

J.D.POWERは業界向けだが、保険選びの参考にはなる

最後はJ.D.POWERという会社のお客様満足度ランキングです。

J.D. パワーは、世界中のクライアント企業の製品とサービス、そしてビジネス成果の向上に役立てるために、“顧客の声”を届けるリーディング・カンパニーです。

J.D.POWERのHPに書かれているようにJ.D.POWERとは世界中で”顧客の声”を分析・指数化などを行っている会社です。

さっそく、そんな”顧客の声”調査会社J.D.POWERの満足度ランキングをみていきましょう。

参考サイトはこちら《J.D.POWER2018年自動車保険契約者満足度調査》

2018年で8回目となる調査の概要は以下のとおり。

  • ■調査期間:2018年5月
  • ■調査方法:インターネット調査
  • ■調査人数:7,780人 自動車保険(任意保険)の契約者を対象

J.D.POWERのお客様満足度ランキングは、代理店系とダイレクト系に分けてランキングを出しているのが特徴です。

ちなみに代理店系とダイレクト系の定義は以下のようになっています。

代理店系:専門代理店や車の販売店などの保険代理店をベースに事業を展開する保険会社

ダイレクト系:代理店を介さずに、主にインターネットや電話などで契約者と直接契約する保険会社

J.D.POWER2018年自動車保険契約者満足度調査のランキングを、代理店系とダイレクト系それぞれに分けて見ていきましょう。

代理店系保険会社部門

  • 第1位:楽天損保(旧 朝日火災)
  • ※契約内容/契約手続き、価格、保険証券、顧客対応(代理店)の4ファクターで最高評価
  • 第2位:AIG損保
  • 第3位:東京海上日動

ダイレクト系保険会社部門

  • 第1位:ソニー損保
  • ※契約内容/契約手続き顧客対応、事故対応/保険金支払の3ファクターで最高評価
  • 第2位:セゾン自動車火災
  • 第3位:セコム損保

J.D.POWERのお客様満足度ランキングは、どちらかというと保険会社向きに書かれています。

J.D.POWERのビジネスが”顧客の声”を分析・指数化した情報を、企業に提供した上でアドバイスすることとなっているため、顧客目線(この場合保険契約者目線)でないことも仕方のないことでしょう。

しかし、調査の内容は”顧客の声”をもとになされているため、結果は参考になると思います。

ランキングを参考に、2〜3社ピックアップしてみるのがおすすめ

3つの会社のお客様満足度ランキングにはそれぞれ特徴があり、どのランキングが正しいかは断言できません。

お客様満足度ランキングを見るときには、ひとつのランキングだけではなく、複数のランキングを見て参考にすることが望ましいでしょう。

そして、しっかりと理解しなければいけないのはランキングはあくまでも”参考”にしかならないということ。

保険を選ぶときには、まず自分が何を重視して保険を選ぶのか考えてみてください。

それは、保険料や事故対応だったり、サイトの見やすさだったりするかもしれません。

人によって選ぶ理由はさまざまだとは思います。車を選ぶことと同じように保険も自分にあったものをゆっくり時間をかけて選ぶことが大切です。

保険の選び方としておすすめなのが、ランキングで上位で気になった2〜3社を比べてみることです。

保険料や事故時の対応など、各社ちがいがありますが、2〜3社程度の比較であればそこまでむずかしくありません。

なお、保険料の比較であれば、無料の一括見積がおすすめです。一括見積を使えば、保険料が一番安い自動車保険がすぐに見つかります。

1番安い保険料を無料で調べてみる

わたしの保険料が3万円以上も安くなった理由

私が一括見積りを活用したところ、補償内容はそのままで保険料が78,200円⇒46,600円になり31,600円も自動車保険を節約することができました。

「保険スクエアbang!」は最短5分のカンタン入力で複数の保険会社から無料で見積りを出してもらうことができます。あなたにピッタリの保険がきっと見つかりますよ。

\最短5分で最安の保険が見つかる/

保険見積りの参加保険会社

保険会社の評判・口コミ
シェアする
安くてお得な自動車保険ナビ