雪道で車がハマったときの対処法【自動車保険とJAFのロードサービスを比較】

雪道で車がハマったときの対処法【自動車保険とJAFのロードサービスを比較】 ロードサービス

車の運転中に気をつけなければいけないのが、突然降ってくる雪です。

雪道に車がハマってしまうと身動きがとれず、最悪の場合、命に関わる可能性もあります。

雪道でクルマがハマったらどうすればいいのでしょうか?自動車保険ロードサービスについて解説します。

雪道でのトラブル別、ロードサービス対応

まずは、トラブル別に任意保険のロードサービス対応をみていきましょう。

積もった雪でスリップ、車がぶつかった場合

この場合は、事故になりますので、各保険会社のロードサービスの対象です。

単独事故の場合は「人身保険・車両保険」が、人を巻き込んでしまった場合は「対人保険・対物保険」が適用されます。

当たり前ですが、チェーン規制区間をノーマルタイヤで走るなどの法律にふれるようなケースでは保険料が支払われないこともあります。

規制が入る可能性がある地域を走行する場合には、事前に道路情報を確認しましょう。

エンジンに異常が出た場合

この場合もロードサービスの対象になります。

寒いときに多いトラブルは、バッテリー上がりです。

バッテリーは寒さに弱く、古くなったバッテリーなどは特別な理由がなくても寒くなるとバッテリーが上がってしまうことがあります。

損保各社は、バッテリー上がりをロードサービスの対象にしており、基本的には無料でロードサービスを利用可能です。

しかし、バッテリー交換が必要なケースは、バッテリーの代金を支払う必要がありますので、ご注意ください。

ちなみに、事故などを除いて保険会社のロードサービスを受けても、保険料は上がることはありません。

雪道で側溝に落ちてしまった場合

基本的にはロードサービスをうけることが可能ですが、保険会社によって対応が異なります。

会社によって以下のように対応条件が分かれています。

  • 【タイヤは1輪まで】
  • 【クレーン引き上げは対象外】
  • 【有料オプションの加入者のみ】

会社によっては4輪すべて落ちていてもOKだったり、クレーンでの引き上げがOKなところもあり、かなり対応の差があります。

側溝に落ちた場合も万全の対応を望むなら、引き上げの対応可の自動車保険を選ぶようにしましょう。

雪道でスタックした場合

スタックとは、雪やぬかるみにタイヤが取られ、前にも後ろにも動けなくなってしまった状態のことを指します。

残念ながら、スタックの場合はほとんどの保険会社がロードサービスの対応をしていません。

そして、このスタックをロードサービスの対象にしている保険会社は以下の3社のみです。

しかし「アクサダイレクト」「三井ダイレクト損保」の2社は、雪用タイヤの装着が必須だったり、自宅以外の場所限定というような条件がついています。

この2社の場合は、スタックだからといって必ずロードサービスが使えるわけではないようです。

一方で「SBI損害保険」はとても充実しており、なんとスタック時車輪3輪まで引き上げ無料。そしてプレミアム会員になれば、4輪すべて無料という内容です。

スタックの対応だけでみれば、SBI損害保険が一番充実しているといえるでしょう。

ロードサービスだけでは自動車保険は決められない

雪道での損保各社のロードサービスをみてきました。

車の引き上げやスタックといった大掛かりな作業になる対応以外に大きな違いはありませんでした。

細かな条件は保険会社によって異なりますので、ロードサービス中心に保険を選ぶ場合にはしっかり確認することが大切です。

そして自動車保険は、費用や保険の内容なども気にしなくてはならず、ロードサービスだけで選ぶことはできません。

では、任意保険では理想のロードサービスは受けられないのか…とガッカリしている方もいるでしょう。

そんなときは、好きな保険に入った上でJAFに入るという選択肢もアリです。

ロードサービスはJAFに頼るという選択も

「社団法人日本自動車連盟」通称JAF(JAPAN AUTOMOBILE FEDERATION)は1963年に誕生しました。

全国235箇所の拠点と2,398人の隊員数を誇り、24時間365日迅速なロードサービスを行っています。(※2018年11月時点)

また最近では救援アプリ「JAFを呼ぶ」をリリースするなど、時代にあわせた利用者のニーズに応えている団体です。

JAFで受けられるロードサービス

インターネットで申し込めるJAFで利用可能なロードサービスは以下のとおりです。

  • ・バッテリー上がり
  • ・タイヤ1本交換
  • ・パンク応急処理
  • ・キーの閉じ込み
  • ・落輪(側溝1輪)
  • ・落輪(側溝2輪)
  • ・燃料切れ
  • ・故障車けん引※
  • ・事故車けん引※
  • ※それぞれ一般道と高速道路で利用可能

スタックもJAFに依頼可能ですが、それ以外のケースは対応可能かどうか電話での確認が必要です。

料金は会員と非会員で異なる

そんなロードサービスの先駆けであるJAFに助けを求める際かかる料金はどれくらいなのでしょうか。

会員と非会員で料金が異なりますので、それぞれ見ていきましょう。

会員の場合

まず、会員になる場合に必ずかかるのは以下の3つです。

  • 入会金:2,000円(※クレジットカードの自動振替で1年分申し込んだ場合は1,500円)
  • 年会費:4,000円
  • 部品・油脂・燃料代:実費

また、作業料やけん引料なども会員無料の範囲を超えてしまうと追加の料金がかかります。

非会員の場合

続いて、非会員の方がロードサービスを頼んだ場合の料金です。

まず、一番多くかかる基本料からみていきます。

    一般道基本料

  • 昼間(8時〜20時):8,230円
  • 夜間(20時〜8時):10,290円
    高速道路基本料(SA・PA内)

  • 昼間(8時〜20時):10,290円
  • 夜間(20時〜8時):12,340円
    高速道路基本料(SA・PA内以外)

  • 昼間(8時〜20時):16,460円
  • 夜間(20時〜8時):19,540円

次に、かかるのは作業料です。

作業料は、6分間隔で変わり、作業時間が伸びれば多くかかってしまいます。

料金は、作業工数表というものにもとづいて計算されますが、1時間で9,300円…つまり6分930円!

更に高速道路のSAなど以外でのケースでは、ロードサービス車両と後方警戒車両の高速道路料金も実費です。

当たり前ですが、けん引料や部品・油脂・燃料代もかかりますので、万が一大きな事故となってしまったときには、料金もかなりかかることが想定されます。

JAFのメリット・デメリット

メリット

大きな事故にも安心のロードサービスが年4,000円で手に入ること。

任意保険のロードサービスでは、利用回数が決まっているサービスがあったりしますが、JAFなら何度でも利用できます。

また、レンタカーや社用車といったマイカーではなくても利用できるというのもポイントです。

JAF会員の優待特典があり、全国のロイヤルホストや牛角で割引が受けられるのも嬉しいですね。

デメリット

これは保険すべてに言えることですが、事故や自動車トラブルが起きない限り、JAFの会費はムダになります。

また、損保各社に比べてJAFのロードサービスの拠点数がかなり少ないこともデメリットでしょう。

損保会社の中には、10,000を超える拠点を持つ会社もあり、スピードに差が出る可能性もあります。

自走不能になってしまったときに、任意保険の場合は宿泊費や帰宅費用がでる保険もありますが、JAFはそういったサービスは一切ないことも残念です。

年に一度はロードサービスの確認を

北海道や東北にお住まいの方以外は、雪道でのトラブルを意識することは少ないかもしれません。

しかし、慣れていないからこそ、いざトラブルになったときに慌ててしまうものです。

もしものときに備えて、今入っている保険やこれから入ろうとしている保険についているロードサービスを再度確認してみてはいかがでしょうか。

また、同時に今の保険よりもオトクな保険があるのかもぜひ調べてみてください。

1番安い保険料を無料で調べてみる

わたしの保険料が3万円以上も安くなった理由

私が一括見積りを活用したところ、補償内容はそのままで保険料が78,200円⇒46,600円になり31,600円も自動車保険を節約することができました。

「保険スクエアbang!」は最短5分のカンタン入力で複数の保険会社から無料で見積りを出してもらうことができます。あなたにピッタリの保険がきっと見つかりますよ。

\最短5分で最安の保険が見つかる/

保険見積りの参加保険会社

ロードサービス
シェアする
安くてお得な自動車保険ナビ