ちがいはドコ?自動車保険のロードサービスを徹底比較!

ロードサービスの距離 ロードサービス

自動車保険を選ぶならロードサービスをしっかり比較したいですよね。

自動車保険が頼りになるのは事故を起こしたときだけではありません。

たとえばガス欠になった時にはロードサービスを活用することで、万が一のトラブルを解決できます。

ロードサービスは自動車保険各社が基本サービスとして扱っていますが、比較するときに参考にしたいのが「レッカー移動の距離」など、保険会社によってちがいが出るポイントです。

保険会社ごとのロードサービスを比較し、あなたに合った自動車保険を見つけましょう。

そもそも、ロードサービスとは?

自動車保険に加入していると利用できるロードサービスとは、わかりやすくいえば「車が動かなくなったときに受けられるサポート」のこと。

突然車が故障したり、事故で壊れてしまったときはもちろん、タイヤのパンクやインロック(キーの閉じ込み)といったピンチにも対応してくれます。

自動車保険といえばケガや死亡時の補償を最優先に考えがちですが、いざ外出先で車が動けなくなったときのロードサービスも非常に重要です。

その場面に遭遇しないと実感できないものですが、これから自動車保険を選ぶのであればしっかりと比較してから決めるようにしましょう。

チェックすべき保険会社のロードサービス項目は?

  • ・拠点数
  • ・バッテリー上がり
  • ・スペアタイヤ交換
  • ・ガス欠
  • ・キーの閉じ込み
  • ・脱輪
  • ・無料レッカー移動距離
  • ・宿泊費用
  • ・帰宅費用

まず拠点数は非常に重要です。いくらロードサービスの内容が充実していても、拠点数が少ないとサービスが受けられなかったり、担当者が現場に到着するまでに時間がかかったりします。

バッテリー上がり、スペアタイヤ交換、ガス欠、キーのとじ込み、脱輪などの応急処置はどの保険会社も基本付帯となっています。ですから、優劣はそこまで意識しなくても大丈夫です。

比較してみてちがいが出るのは、無料のレッカー距離と宿泊・帰宅費用の金額です。

無料レッカー移動の距離を比較してみよう

ロードサービスが充実していても、内容(サービス範囲)がしっかりと伴っていないと意味がありません。

ロードサービスを基準にして自動車保険を選ぶなら、長い距離のレッカー移動に対応してくれる保険を知っておきたいところです。

ここでは「無料でレッカー移動してくれる距離」を目安にくらべてみましょう。
以下は大手自動車保険会社の無料レッカー移動についてまとめたものです。

保険会社無料でレッカー移動できる距離
セゾン自動車火災保険最大約300km相当
チューリッヒ100キロ以内
東京海上日動火災保険15万円相当(約180km)
あいおいニッセイ同和60キロ以内
朝日火災60キロ以内
SBI損保50キロ以内
セコム損保50キロまで
JAF会員は65キロまで
損保ジャパン日本興亜約180km(15万円相当のレッカー費用に対応)
三井ダイレクト損保30キロまで
JAF会員45キロまで
共栄火災50キロ以内
ソニー損保50キロまで
AIU保険会社50キロまで
エース損害保険株式会社50キロまで
イーデザイン損保30キロまで
三井住友海上15キロまで
JAF会員の場合30キロまで
特約により最大で実費15万円の距離まで無料にすることも可能

くらべてみるとわかりますが、保険会社によって無料のレッカー移動距離にはちがいがあります。

多くの保険会社では30〜60キロとしていますが、東京海上日動損保ジャパン日本興亜約180km(15万円相当のレッカー費用に対応)、セゾンの「おとなの自動車保険」は最大約300km相当のレッカー移動に対応しています。

無料のレッカー移動は距離が長いに越したことはありません。ガス欠の場合には燃料補給を行ってもらえれば問題ありませんが、重大な故障であればレッカー移動を余儀なくされることになるからです。

レッカー移動が必要になったとき、実費を払うことなく車両を移動してもらえるのは大きな強みといえるでしょう。

特に地方や遠方に出かけることが多い人は、ロードサービス(特に無料のレッカー移動)が充実した自動車保険を選びたいところです。

無料のレッカー移動距離を比較してみると、代理店型自動車保険ではさきほど紹介した東京海上日動と損保ジャパン日本興亜が優勢です。

ダイレクト型自動車保険では、イーデザイン損保(60km)とチューリッヒ(100km。ただし、有料の「ロードサービス費用特約」が必要)が優勢となっています。

ロードサービスを中心に自動車保険を選ぶなら、上記の保険会社を比較してみるといいかもしれません。

ロードサービスは保険料とのバランスを考えて決めよう

レッカー移動の距離が長いのはありがたいですが、とはいえ保険料がそのぶん高くなってしまうのは考えものです。

ロードサービスを充実させながら、保険料を安くすることはできるのでしょうか?

ロードサービスは自動付帯がほとんど

保険料を節約したいなら、自動車保険からロードサービスを外して保険料を安く抑えるというのも1つの選択肢といえるでしょう。

しかし、実際のところロードサービスは自動で付帯となっている自動車保険がほとんどです。

そのため、ロードサービスを外して保険料を安くするという選択を取りにくいのが実情なのです。

また、ロードサービスを車両保険に含んでいる自動車保険もあります。つまり、車両保険に入らないとロードサービスが受けられないということ。

その場合には高額な車両保険を外すことで、ロードサービス分の保険料を浮かせることが可能です。

JAFならトータルコストを安くできる可能性も

自動車保険のロードサービスを外すのであれば、JAFのロードサービスに加入するのがオススメです。

【入会金2,000円+年会費4,000円=6,000円/年間】ですべてのロードサービスを無料で受けることが可能なので、トータルで考えるとコストを安くすることができます。

契約が自動車保険とは別になるのでやや面倒ではありますが、JAFのサービスですから安心して利用できるでしょう。

ガス欠時の燃料補給を比較してみよう

続いては、ロードサービスのなかでも重要な位置を占める「ガス欠時の燃料給油」について見ていきます。

ガス欠時の給油サービス」について保険会社ごとに比較してみましょう。

保険会社ガス欠時の給油サービス
東京海上日動ガス欠時に10Lまで給油(道路上)
電気自動車は充電できる場所まで搬送
三井住友海上ガス欠時に10Lまで給油
チューリッヒガス欠時に10Lまで給油
AIU保険会社ガス欠時に10Lまで給油
SBI損保ガス欠時に10Lまで給油
セゾン自動車火災保険ガス欠時に10Lまで給油
イーデザイン損保ガス欠時に10Lまで給油
アクサダイレクト初年度は実費
契約2年目以降は10Lまで給油
富士火災海上保険ガス欠時に10Lまで給油
ソニー損保初年度は実費
契約2年目以降は10Lまで給油
日新火災一般道は10L実費
高速道路は10L無料
三井ダイレクト損保ガス欠時10L給油
(燃料代は実費)
セコム損保ガス欠時10L給油
(燃料代は実費)

どの保険会社もおおむね「10Lは無料」としているところがほとんどです。
なかには補給サービスは無料だけど、燃料代は有料としている保険会社もあります。

また、ソニー損保アクサダイレクトは初年度を有料とし、2年目以降の契約者は無料で10Lとしています。

このように、ガス欠時の給油サービス1つをとっても保険会社によってちがいがあることが読み取れます。

レッカー移動と同じように、遠方に出かける機会が多い人は燃料補給が充実しているロードサービスを選びましょう。

保険会社以外のサービスも活用しよう

ほとんどの自動車保険には給油サービスがが自動で付帯しています。
ですから、ロードサービスを外して保険料を安くする、という選択肢は基本的にありません。

しかし、保険会社によっては車両保険にロードサービスを付帯している自動車保険もあります。
その場合には車両保険を外して、保険料を安く抑えるという選択も可能です。

保険料を安くしたいけど、燃料補給などのサービスは付けておきたい。そんな人は保険会社以外のサービスを活用してみましょう。

JAFにも給油サービスがある

会員数1816万人を誇るJAFにも給油サービスがあります。
JAFは自動車保険とは別に加入できるサービスで、年間6,000円ほどの年会費がかかります。

もし、自動車保険のロードサービスを外すならJAFの加入を検討してみる価値は十分にあるでしょう。

クレジットカードにロードサービスが付帯していることもある

それ以外にもクレジットカードにロードサービスが付帯していることがあります。

たとえば「出光カードまいどプラス」は年会費永年無料のクレジットカードですが、年間787円の別料金で出光ロードサービスをお得に利用することができます。

あくまでも1つの例ですが、クレジットカードも上手く活用することでロードサービスをお得に利用することが可能です。

自動車保険料を安くしたい人は検討してみましょう。

自動車保険のロードサービス1つにまとめておこう

JAFやクレジットカードのロードサービスはお得な反面、あまりにサービスをいろいろなところに広げすぎるのも考えものです。

「給油サービスは保険?それともJAF?どっちだっけ…」

いろいろなサービスを使って補償を確保していても、いざ利用するときにわかりづらくなります。

きちんと管理できる人であれば問題ありませんが、基本的には自動車保険のロードサービスに加入して、ワンストップで補償を受けられるほうが効率的です。

事故や故障のときには、1つの自動車保険にまかせておけば安心。そういった状態をつくっておいたほうが、精神的な負担も少なくて済みます。特に、事故や故障が起こると、気が動転していることが多いのでなおさらです。

ガス欠時の給油サービス以外にもロードサービスは保険会社によってちがいがあります。
保険料やサービス内容などをしっかりと比較し、自分に合った自動車保険を選ぶようにしましょう。

自動車保険によってロードサービスにちがいがあります。保険料を安くすることを優先するのか、はたまたロードサービスを手厚くするのか。

保険各社のサービスや保険料をしっかりと比較した上で、自分に合った保険を選択するようにしましょう。
まずは気軽に見積もりをとって比較してみることをオススメします。

1番安い保険料を無料で調べてみる

わたしの保険料が3万円以上も安くなった理由

私が一括見積りを活用したところ、補償内容はそのままで保険料が78,200円⇒46,600円になり31,600円も自動車保険を節約することができました。

「保険スクエアbang!」は最短5分のカンタン入力で複数の保険会社から無料で見積りを出してもらうことができます。あなたにピッタリの保険がきっと見つかりますよ。

\最短5分で最安の保険が見つかる/

保険見積りの参加保険会社

ロードサービス
シェアする
安くてお得な自動車保険ナビ