ポルシェ・ケイマンの自動車保険料はいくら?

ポルシェケイマンの自動車保険料 ポルシェ

ポルシェ・ケイマンはボクスターをベースにした、クーペモデルです。
ボディが軽量化されたことで、優れた運動性能を発揮します。

今回はそんなポルシェ・ケイマンについて、安全性能と自動車保険の相場を合わせてチェックしていきましょう。

ケイマンの保険料相場はどれくらい?

それではケイマンの自動車保険相場について見ていきましょう。

今回は年齢条件を30歳以上補償、26歳以上補償の2パターンをチェック。
グレードは「ケイマンS」で比較します。

ポルシェ・ケイマン、30歳以上補償の保険料相場

  • ・年齢条件:30歳以上
  • ・等級:20
  • ・年間走行距離:3,000km
  • ・免許証:ゴールド
  • ・対人賠償:無制限
  • ・対物賠償:無制限
  • ・運転者:本人限定
  • ・車両保険:あり

これらの条件で見積もりをとると、年間保険料は73,600円となります。

等級、年齢条件ともに良い条件が揃っていても、ポルシェの保険料は総じて割高です。
事故を起こしたときの修理代が高くなるため、保険料の割高感は仕方がないといえるでしょう。

保険料を安くするためには、車両保険を削るか、人身傷害保険の内容を削るなどの選択が必要です。
ただし、修理代は高くつくので覚悟は必要でしょう。

ポルシェ・ケイマン、26歳以上補償補償の保険料相場

  • ・年齢条件:26歳以上補償
  • ・等級:12
  • ・年間走行距離:5,000km
  • ・免許証:ブルー
  • ・対人賠償:無制限
  • ・対物賠償:無制限
  • ・運転者:本人限定
  • ・車両保険:あり

これらの条件で見積もりをとると、年間保険料は122,000円となります。

等級が低く、年齢条件もやや高いので保険料は割高です。
ケイマンはボクスターに比べれば多少は補償を薄くしても問題ないでしょう。

とはいえ、車両保険については加入しておくべきなのでダイレクト型自動車保険を選ぶなどして保険料を安くしましょう。

正確な保険料は一括見積りを使うと、複数の自動車保険を比較することができます。

ケイマンの安全性能は?

ポルシェケイマンの安全性

ボディ剛性の高さが、ケイマンの最大の特徴といってもいいでしょう。
軽くて強いという特性が、早くて安全性の高い車を実現しています。

ブレーキ性能はポルシェならでは。
高いスピード性能と安全性を両立させるために、対向4ピストン式のアルミニウム製モノブロックキャリパーを搭載しています。

横滑り防止や、エアバッグの性能も高いので安全性については申し分ないでしょう。

ポルシェケイマンのブレーキ性能

ポルシェ・ケイマンの価格とグレードは以下のとおりです。

  • ・ケイマン 6,290,000円
  • ・ケイマンS Black Edition 7,950,000円
  • ・ケイマンGTS 9,150,000円
  • ・ケイマンGT4 10,640,000円

ケイマンはグレードが分かれており、保険料についてもグレードで変わってきます。
実際の自動車保険料は、一括見積りを活用して計算することをオススメします。

1番安い保険料を無料で調べてみる

わたしの保険料が3万円以上も安くなった理由

私が一括見積りを活用したところ、補償内容はそのままで保険料が78,200円⇒46,600円になり31,600円も自動車保険を節約することができました。

「保険スクエアbang!」は最短5分のカンタン入力で複数の保険会社から無料で見積りを出してもらうことができます。あなたにピッタリの保険がきっと見つかりますよ。

\最短5分で最安の保険が見つかる/

保険見積りの参加保険会社

ポルシェ保険料
シェアする
安くてお得な自動車保険ナビ