【保険料を安くできる】事故が起きたあとでも自動車保険料を下げる方法

【保険料を安くできる】事故が起きたあとでも自動車保険料を下げる方法 未分類

交通事故なんて起こしたくないというのは、誰しも同じだと思います。

しかし、人間が運転をしている以上、事故が起きてしまう可能性を0にはできません。

事故で保険を使うと自分の”等級”が下がる(割引率が下がる)ので、翌年の保険料が高くなります。

事故で保険料が高くなってしまったときは、今までよりも保険料が安くなる保険に切り替えるのがおすすめです。

事故後の自動車保険の見直しについて見ていきましょう。

等級が高いほど、保険料は安くなる

そもそも等級とは「ノンフリート等級制度」(以下、等級)のことを言います。

ものすごく簡単にいうと「自動車保険の割引率・割増率を決めるもの」です。

この等級は、自動車保険を契約する方一人ひとりに設定されます。

事故を起こしてしまうと”等級”が下がり、保険料が高くなります。一方で、無事故で保険を使わなければ等級は高くなり、保険料は安くなります。

大まかな仕組みは以下のとおりです。

  1. ✅1等級から20等級までの20段階
  2. ✅はじめて自動車保険に加入するときは、6等級からスタート
  3. ✅等級が上がると、保険料の割引率も上がる
  4. ✅1年間無事故もしくはノーカウント事故※のみの場合は、翌年度に等級が1つ上がる
  5. ✅事故を起こすと、翌年度から等級が下がる(事故内容により最大で3等級下がる)
  6. ✅等級は保険会社が変わっても引き継がれる

※ノーカウント事故とは、保険を使っても等級が下がらない事故のこと(人身傷害・搭乗者傷害などの”加入者の責任を問わない保険”を使った事故のこと)。

つまり、毎年無事故で保険を使うことがなければ、等級は確実に上がり保険料が安くなるということです。

一方事故を起こしてしまい、等級が3等級以下になると保険料は割増になります。

また、保険料は等級に加えて、年齢や運転歴によって上下しますので、注意が必要です。

事故を起こしてしまった場合

先ほど、事故を起こしてしまうと最大で3等級下がるとお伝えしました。

しかし、基本的に他人を怪我させてしまったり、自分の車をぶつけてしまったりという”事故”の場合は3等級下がります。

1等級しか下がらない事故もありますが、事故とは名ばかりで、内容は”落書き”や”自然災害による水没”そして”盗難”などです。

万が一、自損事故でもなんでも”事故”を起こしてしまったときには、3等級下がると考えておきましょう。

保険料の違い

例えば以下のように計算できます。

【保険料3万円で6等級の人が事故に遭った場合】

また等級・保険料は同じで、事故ではなく盗難だった場合は以下のようになります。

【保険料3万円で6等級の人が盗難に遭った場合】

ソニー損保の概算保険料を計算するより

保険会社を変えることで保険料が安くなる可能性も

このように事故を起こしてしまうと、月々で11,000円、年間で132,000円も違いがあります。

3等級下がるということは、事故を起こした影響が3年間続くという意味です。

この3年間の保険料は、もう仕方のないことだとあきらめるのか。それとも、契約している保険を見直すことで、支払う金額を下げるのか。

わたし個人の考えでは、やはり1度は保険を見直してみるべきだと思います。

たとえば、保険会社を他に切り替えるだけで保険料が安くなる場合はよくあります。特に、いま代理店型保険に加入している人が、ネット型自動車保険に切り替えると保険料が安くなる可能性が高いでしょう。

保険見直しの注意点は2つある

事故を起こしてしまい、保険を見直す場合、本来であれば契約の満期日までは保険を変えずにそのままの保険を継続したほうがお得でしょう。

なぜなら、今の保険の満期日までは等級は下がらないからです。

もちろん新しく契約する保険の内容によっては、すぐに契約を変更したほうが良い場合もありますので、どちらがメリットが大きいのかしっかり把握した上で契約する必要があります。

また、以下の2点についても確認した上で、保険の見直しをするべきなのかや、見直すタイミングをいつにするのかを決めなくてはいけません。

解約返戻金

保険の契約を解約したときに、戻ってくるお金のことです。

保険料を年払い月払いのどちらにしていても戻ってくる可能性はあります。

しかし、切り替えのタイミングによって戻ってくる金額に違いがあったり、そもそも戻ってこないタイミングだったと後悔してしまうこともあるかもしれません。

解約返戻金を確実に受け取るためには、あたらしく加入する自動車保険の担当者に問い合わせてみるのがおすすめです。

空白期間

保険に加入していない期間のことです。

保険を切り替えるタイミングで、同時に解約と再契約をするのであれば問題ありません。

しかし、解約してしばらく経ってから再契約するような場合、空白期間ができてしまい、その間は何の補償もない状態です。

万が一その間に事故にあってしまうと、すべて自己負担になってしまいますので、空白期間ができないようにしましょう。

危険すぎる!無保険の事故で賠償金が高額になる理由
なぜ自動車保険には加入すべきなのでしょうか? 自動車保険は自賠責保険と任意保険に分かれています。 任意保険は...

逆に保険契約が重複してしまうことにも注意が必要です。重複していたとしても、保険料がそのぶん多く支払われるわけではありません。

保険料が無駄になってしまうので、基本的には古い保険の解約日と新しい保険の加入日は揃えることが望ましいと思います。

保険の見直しは一括見積を使うと効率的

事故が起きてしまったのであれば、高い保険料のままで過ごすのではなく、保険の見直しという選択肢を作っても良いのではないでしょうか。

考えかたによっては、保険を見直す良いキッカケになったとも言えるわけです。

とはいえ、保険を見直すのが面倒なのは事実。そんな人は、無料の一括見積が便利です。

保温等に保険料が下がるのか、1度確かめてみることをおすすめします。

1番安い保険料を無料で調べてみる

わたしの保険料が3万円以上も安くなった理由

私が一括見積りを活用したところ、補償内容はそのままで保険料が78,200円⇒46,600円になり31,600円も自動車保険を節約することができました。

「保険スクエアbang!」は最短5分のカンタン入力で複数の保険会社から無料で見積りを出してもらうことができます。あなたにピッタリの保険がきっと見つかりますよ。

\最短5分で最安の保険が見つかる/

保険見積りの参加保険会社

未分類
シェアする
安くてお得な自動車保険ナビ