よくわかる!車の保険期間通算特則とは?

自動車保険の保険期間通算特則 自動車保険の手続き

保険期間通算特則とは、いったい何を意味しているのでしょうか?

自動車保険は1年間に1度の更新が基本です。

ですが、なかには契約期間の途中で他の自動車保険に切り替えたいと考える人もいることでしょう。
しかし、途中で切り替えると「ノンフリート等級」が下がってしまうから心配…。

そんな人に役に立つのが「保険期間通算特則」なのです。

保険期間通算特則を活用すれば、等級を下げずに途中で保険を切り替えることができます。

今回は保険期間通算特則の意味や、実際の手続きについてわかりやすく解説します。

等級の仕組みをチェックしよう

まず自動車保険の「等級」についておさらいします。
等級は、車を運転する人(契約している人)の事故のリスクに合わせて保険料を割引・割増する仕組みです。

はじめて加入する人は6等級から始まり、無事故あるいは保険を使わなければ、翌年の更新で「1等級アップ」となります。
等級は最高で20等級まで上がり続け、上がれば上がるほど割引率が高くなるのが特徴です。

等級割引の度合い
20等級割安(最高)
19等級
18等級
17等級
16等級
15等級
14等級
13等級
12等級
11等級
10等級
9等級
8等級
7等級
6等級新規で加入すると6等級からスタート
5等級
4等級
3等級
2等級
1等級割高(最低)

反対に事故を起こして保険を使ってしまうと、翌年の更新で「3等級ダウン」となります。

等級は高ければ高いほうがいいので、事故は起こさないに限ります。この等級は他の保険会社に切り替えても継続することが可能。

そして、下記でくわしく説明する「保険期間通算特則」を使えば、途中で他社に切り替えても等級を継続することができます。

途中で切り替えると等級アップが遅れて損をする

自動車保険は満期日の更新で等級が上がります。
そのため、通常どおり満期日で更新をすれば何の問題もなく等級はアップします。

しかし、契約期間の途中で保険を他社に切り替えると「等級の進行が遅れる」という事態が発生するのです。
具体例で見ていきましょう。

たとえば1月1日にスタートする6等級の自動車保険に加入したとしましょう。
その保険を翌年の1月1日に更新をすれば、等級は「6→7」へアップします。
これが通常の等級の進行です。

しかし、「1月1日にスタートした保険」を同じ年の6月1日に途中で他社に切り替えたとしましょう。
前の保険は解約をすることになり、新しく6月1日に加入することになります。等級は6のままです。

そうすると、6月1日から改めて1年間6等級で過ごすことになります。7等級にアップするのは「翌年の6月1日」。
本当は翌年の1月1日で7等級になっていたのに、途中で切り替えると翌年の6月1日にならないと7等級になりません

つまり、途中で「1月1日にスタートした保険」を解約すると、等級の進行が遅れてしまい、保険料を損することになるのです。

保険期間通算特則とは?

ここで登場するのが「保険期間通算特則」です。
保険期間通算特則は、保険を途中で切り替えても等級をそのまま継続するために存在します。

さきほどの例で言うと、1月1日に6等級でスタートした自動車保険を6月1日に他社へ切り替えても、翌年の1月1日に7等級に進行します。

つまり、半年分の保険料を損することなく新しい保険に切り替えることができるわけですね。
通常の満期日と同じように等級が進行するので、保険料で損をすることがなくなるのは大きなメリットです。

ただし、すでに支払い済みの保険料は全額返金されるわけではありません。
「月払いなら日割り計算してくれるのでは?」と考えがちですが、返金はされません。

年払いの場合にも全額返金されるわけではなく、短期率という計算をした金額が返ってきます。
細かい計算は省略しますが、いずれにしても契約途中で切り替えると保険金で損をする可能性があるわけです。

安い自動車保険を見つけた!と思っても、すでに保険金を支払っているのであればトータルではマイナスになるかもしれません。
自動車保険を乗り換えても返金してもらえるの?

保険期間通算特則には条件がある

保険期間通算特則を利用するには条件があります。
それは【前の保険の解約日】と【新しい保険の始期日】を一緒にすることです。

解約日と始期日を一致させよう!

いまの保険の解約日と新しい保険の始期日を一緒にするとはどういうことでしょうか?

たとえば、以下のようなケースで考えてみましょう。

  • 【前の保険の解約日】 平成◯△年6月18日
  • 【新しい保険の始期日】 平成◯△年6月18日

保険の切り替え手続きは保険会社に頼むことになりますが、解約日と始期日が一致するように気をつけてください。
なぜなら、解約日と始期日に空白期間が生じてしまうと「無保険状態」になる恐れがあるからです。
保険の手続きが完了していないと、万が一事故を起こした時に保険金を受け取れない可能性もあります。

また、自動車保険を他社に切り替えるときには「7日以内」に済ませるようにしてください。
8日間経過してしまうと、いままでの等級がリセットされてしまうからです。

実際に契約を途中で切り替える場合には保険会社にしっかりと確認をするとともに、タイミングも十分に気をつけて下さい。

保険期間通算特則が使えないケース

保険期間通算特則が使えないケースがあります。
それは「現在の保険で事故を起こして、すでに保険を使っている」場合です。

厳密にいうと切り替えができないことはないのですが、結果的に切り替えても損をすることになるのでオススメできません。

保険を他社へ切り替えるのであれば、さまざまな保険会社を比較するようにしましょう。
保険料を安く抑えるためにも、かしこい切り替えを行いたいですね。

保険期間通算特則が使える保険会社はドコ?

さて、もし保険期間通算特則を活用したい場合にはドコの保険会社を選べばいいのでしょうか?

東京海上日動火災損保ジャパン日本興亜などは保険期間通算特則を利用できます。

そのほかの保険会社は保険期間通算特則を明確に打ち出していません。
自分が希望する保険会社で保険期間通算特則を適用できるかは、実際に問い合わせてみる必要があります。

一括見積りを活用すると、効率的に自動車保険を見つけることが出来ます。
まずは気軽に見積もりを出して、保険会社をチェックしてみましょう。

1番安い保険料を無料で調べてみる

わたしの保険料が3万円以上も安くなった理由

私が一括見積りを活用したところ、補償内容はそのままで保険料が78,200円⇒46,600円になり31,600円も自動車保険を節約することができました。

「保険スクエアbang!」は最短5分のカンタン入力で複数の保険会社から無料で見積りを出してもらうことができます。あなたにピッタリの保険がきっと見つかりますよ。

\最短5分で最安の保険が見つかる/

保険見積りの参加保険会社

自動車保険の手続き
シェアする
安くてお得な自動車保険ナビ