他人の車を運転する前に知っておくべき自動車保険とは?

他人の車と自動車保険 保険の選び方

あなたは他人の車に乗る機会がどれくらいありますか?

旅行や帰省、あるいは日常生活のなかでも他人の車に乗る機会は少なくありません。
そんなときに、「自動車保険ってどうなってるだろう?」と思うことがありますよね。

友達や恋人、親の車を運転するときには、しっかりと保険が使えるかを確認する必要があります。
万が一のことがあったときに、保険が使えないと多額の賠償金を自腹で払わないといけないからです。

他人の車を運転するときには、どのような保険に加入すればいいのでしょうか?

自動車保険に自動セットされている他車運転特約

結論から言うと、あなたが自分の自動車保険に加入していれば問題ありません。
言いかえると、あなたの自動車保険を使って、他人の車を運転しているときに起きた事故も補償することができます。

車の保険には、対人賠償や対物賠償といった基本的な補償があります。
これはどんな自動車保険にも組まれている、ごく当たり前の補償内容です。

それ以外にも、じつは「他車運転特約」という特約がほとんどの自動車保険に自動でセットされています。

ですから、あなたが自分の自動車保険を契約していれば、他人の車で事故を起こしても自分の保険で補償をすることができます。

もしあなたが自動車保険に加入していない状態で、他人の車を運転して事故を起こすとどうなってしまうでしょうか?

たとえば友達の車を借りて事故を起こすと、友達の自動車保険の等級が下がってしまいます。
そして、友達の車の修理費用はあなたが負担することになる可能性もあります。

しかし、自分の自動車保険があればそんな心配はありません。
他車運転特約を使うことができれば、友達の等級は下がることもなく、あなたの自動車保険で修理代を負担することができます。

ただし、自動車保険のなかには他車運転特約が自動でセットされていない場合があります。
契約するときには十分に確認するようにしましょう。

他車運転特約ってどんな補償が受けられるの?

続いて、他車運転特約についてくわしく見ていきましょう。

さきほど説明したように、他車運転特約とは「自分の保険を、他人の車の事故で使うための特約」のことをいいます。
この特約を使うためには「自分が契約している自動車保険」が必要です。

より細かく言うと「記名被保険者とそのカバー範囲内」であれば、適用することができます。

まずは他車運転特約がカバーできる範囲をチェックしておきましょう。

  • ・記名被保険者
  • ・記名被保険者の配偶者
  • ・記名被保険者またはその配偶者の同居の親族
  • ・記名被保険者またはその配偶者の別居の未婚の子

あなたが記名被保険者(おもに運転をする人)であれば、他人の車を運転しても問題ありません。

それ以外にも、親が記名被保険者で、あなたがその子ども(同居している)であれば、他人の車を運転しても問題ありません。

また、夫婦で自動車保険に加入している場合でも他車運転特約のカバー範囲となります。
たとえば妻が友達の車で事故を起こしても、夫の自動車保険で補償することができるということです。

実家の親の車を運転するまえにチェックしたいこと

気をつけなければいけないのが「別居している既婚の子ども」です。
よくあるケースに「実家に帰省したときに親の車を使う場合」の保険適用範囲があります。

あなたがすでに結婚をしていて、実家に帰省したときに親の車を借りるときには注意しましょう。
親は家族ですが、自動車保険では別居をしていると「他人」と見なされます。

つまり、親の車で事故を起こしても補償が受けられないことがあります。

こういった事態をなくすためには、親の車に付いている「家族限定特約」や「夫婦限定特約」をハズしましょう。

友達や恋人の車を運転する場合の注意点とは?

なかには、運転免許を持っているけど自動車保険は契約していない人もいるでしょう。
そういったときには、他人の車を運転することはできないのでしょうか?

結論からいうと、車の所有者の「運転者限定特約」をハズしておくことで、他人のあなたが運転しても補償されます。

たとえば、彼女が乗っている車に「家族限定特約」が付いているとしましょう。
その車を彼氏であるあなたが運転をするときには注意が必要です。

なぜかというと、彼女の車は「彼女の家族」しか保険の対象にならないからです。

もし彼氏であるあなたが、彼女の車を運転できるようにするためには、彼女の車の「家族限定特約」をハズしてもらうしかありません。

わざわざハズすの?と思われるかもしれませんが、家族限定特約で保険料が割引になるのはわずか数%です。
事故を起こして無保険で多額の損害賠償を支払うよりは、ずっとマシといえるでしょう。

あるいは、彼氏であるあなたが、自分の自動車保険に付いている他車運転特約を使う方法があります。

他人の車を運転する前にチェックすべきこと

あらためて、他人の車を運転するために必要な項目をチェックしておきましょう。

  • ・自分の保険に付いている他車運転特約を使う
  • ・他人の車に運転者限定特約が付いていないことを確認する

どんなに親しい関係であっても、他人の車で事故を起こすと関係性にヒビが入ることもあります。
事故による賠償額が高額になるとなおさらです。

ですから、他人の車で事故を起こしたときには、あなたの自動車保険に付いている他車運転特約で補償すべきです。

他車運転特約や、運転者限定特約について保険会社によって保険料や仕組みが異なります。

もし、いま他車運転特約が付いていないプランに加入しているのであれば見直すことをオススメします。
しっかりと見積もり比較をしたうえで、補償が充実している自動車保険をえらびましょう。

複数の自動車保険を比べることで、安くて充実したプランをカンタンに見つけることができます。
まずは気軽に一括見積りを試してみましょう。

1番安い保険料を無料で調べてみる

わたしの保険料が3万円以上も安くなった理由

私が一括見積りを活用したところ、補償内容はそのままで保険料が78,200円⇒46,600円になり31,600円も自動車保険を節約することができました。

「保険スクエアbang!」は最短5分のカンタン入力で複数の保険会社から無料で見積りを出してもらうことができます。あなたにピッタリの保険がきっと見つかりますよ。

\最短5分で最安の保険が見つかる/

保険見積りの参加保険会社

保険の選び方自動車保険の見直し
シェアする
安くてお得な自動車保険ナビ