ボルボ・V60の自動車保険料はいくら?計算すると意外な保険料に

ボルボv60の保険料 ボルボ

ボルボV60は、先進の安全技術を搭載しながらも、価格は比較的リーズナブルな設定となっている人気車です。
とはいえ、VOLVOですから年間の維持費は国産車に比べると割高になります。

維持費のうち、もっとも考えておかなければいけないのが自動車保険料についてです。
ボルボV60の保険料はいくらになるのでしょうか?

年齢別に保険料を計算し、実際にかかる費用を算出してみましょう。

ちなみにボルボの車種全般の保険料については「ボルボの自動車保険料の相場はいくら?」でくわしく解説しています。

V60の保険料相場はどれくらい?

それでは早速、V60の自動車保険料を計算していきましょう。

保険料というのはさまざまな条件によって決まってきます。車種、走行距離、年式、免許証の色などなど。
このうち、保険料を決めるもっとも大きな要因の1つとされているのが、契約者(運転者)の年齢です。

つまり、あなたが何歳かによって保険料は大きく変わってくるわけです。

ここでは35歳以上と25歳以上の条件を例にとって、ボルボV60の保険料を計算していきましょう。
グレードはV60 T3 SEで計算します。

V60・35歳以上補償の保険料相場

  • ・年齢条件:30歳以上
  • ・等級:15
  • ・年間走行距離:3,000km
  • ・免許証:ゴールド
  • ・対人賠償:無制限
  • ・対物賠償:無制限
  • ・運転者:夫婦限定
  • ・車両保険:あり

以上の条件で計算すると、年間保険料は93300円となります。
ボルボV60は高い安全性能が評価されていますが、保険料は割高な水準です。

安全装備を付けていると割引になる自動車保険は増えていますが、外国車であることによって車両保険の価格が高いのがネックです。

車両保険というのは、車両料率クラスという基準によって決まっています。
かんたんにいえば、事故や盗難に遭いやすい車は車両保険料を高くしましょうという基準です。

ボルボV60は車両料率クラスが7と高い(最高は9)ために、車両保険が保険料を押し上げています。
車両保険なしを選ぶと年間保険料は28700円となり、大幅に安くなります。

新車で購入した場合は考えものですが、中古車であれば車両減価があるでしょうから車両保険無しも検討しましょう。

割安な保険料をさがすのであれば、必ず複数の保険会社を比較しましょう。
V60の保険料が無料で大幅に安くなりますよ。

V60・25歳以上補償の保険料相場

  • ・年齢条件:21歳以上
  • ・等級:9
  • ・年間走行距離:3,000km
  • ・免許証:ゴールド
  • ・対人賠償:無制限
  • ・対物賠償:無制限
  • ・運転者:本人限定
  • ・車両保険:あり

以上の条件で計算すると、年間保険料は206100円となります。

さきほどの項でも説明したとおり、VOLVO V60は車両保険率が非常に高い車種です。
年齢条件が低い分、保険料も割高となっています。

車両保険をなしにすると63400円となり、比較的安い保険料になります。
ただし、V60は車体サイズが決して小さい車ではありません。安全性が高い車ではありますが、万が一こすったりした場合には車両保険なしだと厳しいかもしれません。

正直言うと、保険会社によるちがいというのは保険料でしかありません。
つまり、安い保険を見つけたほうが圧倒的にお得なのです。

もし年齢の若い人が乗るのであれば、無料の一括比較で保険料を比べてみてください。

ボルボV60の安全性能は?

自動車保険を考えるときに欠かせないのが、やはり安全性能です。
ボルボは「安全のボルボ」と呼ばれていますが、V60の安全性はどうなのでしょうか?

V60にかぎらず、ボルボ車には多くの安全装備が標準装備となっています。
ボルボの安全技術は「インテリセーフ」という名称が付けられています。

具体的には以下のような技術が採用されています。

  • ・全車速追従機能付ACC
  • ・フロントビューカメラ
  • ・アクティブ・ハイビーム
  • ・パーク・アシスト・パイロット
  • ・BLIS(ブラインドスポット・インフォメーション・システム)
  • ・LKA(レーン・キーピング・エイド)

国産車と比べると、やはり高い水準の安全性能といえます。
特に、歩行者と自転車まで感知する「衝突回避テクノロジー・オートブレーキ」は衝突を避けるために効果を発揮するでしょう。

多くのメーカーが自動ブレーキを宣伝していますが、実際のところは止まれないことも少なくありません。
そんな中、ボルボは満を持してオススメできる安全性能の高さを持っています。

自動車保険を考えるときに、安全性能は大きく影響してきます。
多くの車がボルボクラスの安全性を手に入れてくれれば、交通事故は激減するかもしれませんね。

1番安い保険料を無料で調べてみる

わたしの保険料が3万円以上も安くなった理由

私が一括見積りを活用したところ、補償内容はそのままで保険料が78,200円⇒46,600円になり31,600円も自動車保険を節約することができました。

保険見積りの参加保険会社

「とりあえずいまの保険を安くしたい」という方にもオススメです。自動車保険は新しい商品がたくさん出てくるので、毎年見直すことで保険料がかなりお得になることがあります。

「保険スクエアbang!」は最短5分のカンタン入力で複数の保険会社から無料で見積りを出してもらうことができます。あなたにピッタリの保険がきっと見つかりますよ。

車が30万円以上も高く売れた理由とは?

私が乗っていた日産「セレナ」は一括査定を活用したおかげで、最も高い査定と最も低い査定の差額が38万円にもなり、より高く買い取ってもらうことができました。

かんたん車査定ガイド加盟買取店

「とりあえず概算価格だけを知りたい」というときにも便利です。自分の車の相場価格を知っているのといないのでは、下取りや買取のときの見積り額に大きな差が生まれます。タダで手に入る武器を使わない手はないですよね。

かんたん車査定ガイドはわずか1分のかんたん入力で申し込みが完了します。最大10社からまとめて査定してもらえるので愛車の最高額がすぐにわかりますよ。

ボルボ保険料
シェアする
安くてお得な自動車保険ナビ