ホンダ・ヴェゼルの自動車保険料の相場はいくら?

ホンダヴェゼルの自動車保険料

出典:ホンダ公式サイト

ホンダに新しい風をもたらしたのが、大ヒットとなったヴェゼルです。
SUVの新車販売台数でも日本一に輝いた実績もあるのが、支持されている証でしょう。

今回はそんなホンダ・ヴェゼルについて、安全性能と自動車保険の相場を合わせてチェックしていきましょう。

ヴェゼルの安全性能は?

新しいモデルということもあり、安全性能は満足できるレベルです。

渋滞などで前の車とぶつかりそうになったときに、自動でブレーキをかけてくれる「シティブレーキアクティブシステム」を搭載。

約30km/h以下であれば作動してくれるので、衝突事故をかなり軽減してくれます。
自動ブレーキは事故の確率を大幅に減らしてくれるので、保険を使う必要性が低くなるのは嬉しい限りです。

さらに急ブレーキを感知すると、後方の車両に向けて「ハザードランプ」を点灯。
後続車の追突を未然に防ぎます。

また、エアバッグも正面だけでなく側面からの衝突にも強いタイプが設置されているので、搭乗者のケガを防いでくれます。
このあたりは他車種でも搭載しているおで、最低限といったところでしょうか。

ヴェゼルの安全性能

出典:ホンダ公式サイト

SUVは車体サイズや重量が大きくなる傾向にあるので、どうしても燃費が悪くなりがちです。

そんな中、ヴェゼルの燃費性能はJC08モードで19.2km/Lと高い水準。
SUVのなかでも他社モデルを圧倒しています。

ハイブリッドモデルのグレードも用意されていますが、ガソリン車との価格差40万円近くあるので悩みどころ。
ランニングコストは安くなりますが、購入費用がどうしても多くなるからです。

トータルのコストを考えると、ヴェゼルはガソリンモデルでも十分といえるかもしれません。
このあたりは車に乗る人の好みで選ぶべきでしょう。

グレードのラインナップと価格帯は以下のとおりです。

  • ・G 1,931,000円〜
  • ・X 2,070,000円〜
  • ・S 2,190,000円
  • ・HYBRID 2,260,000円〜
  • ・HYBRID X 2,420,000円〜
  • ・HYBRID Z 2,580,000円

ヴェゼルの保険料相場はどれくらい?

それではヴェゼルの自動車保険相場について見ていきましょう。

ヴェゼルはかなり普及しているモデルですので、1台を家族みんなで乗るケースも考えられます。

そのため、今回は年齢条件を30歳以上補償、全年齢補償の2パターンでチェック。
グレードはヴェゼルのガソリン車モデル「G」で比較します。

ヴェゼル・30歳以上補償の保険料相場

  • ・年齢条件:30歳以上
  • ・等級:20
  • ・年間走行距離:5,000km
  • ・免許証:ゴールド
  • ・対人賠償:無制限
  • ・対物賠償:無制限
  • ・運転者:夫婦限定
  • ・車両保険:あり

これらの条件で見積もりをとると、年間保険料は68,600円となります。
普及しているモデルということもあり、車両保険をつけても十分な安さといえるでしょう。

車両保険をエコノミータイプにすればさらに保険料を節約できるので、運転環境に合わせて選びましょう。

もし保険料を節約したいのであれば車両保険はなしにしても問題ありません。
いわゆる外国メーカーよりは修理代が安く済むので、自己負担で修理するという手もあります。

ヴェゼル・全年齢補償補償の保険料相場

  • ・年齢条件:全年齢補償
  • ・等級:12
  • ・年間走行距離:3,000km
  • ・免許証:ブルー
  • ・対人賠償:無制限
  • ・対物賠償:無制限
  • ・運転者:家族限定
  • ・車両保険:あり

これらの条件で見積もりをとると、年間保険料は32,7900円となります。
車体価格は決して高くはありませんが、条件を全年齢対象にすると一気に保険料は高くなります。

全年齢は18歳の人が運転しても補償が受けられるプランです。
そのため、必然的に保険料は割高になります。

もし運転者に若い人がいる場合には思い切って車両保険を「なし」にして、保険料を安くするという方法もあります。

車両保険なしの場合、年間保険料は15,1700円となります。
先述のとおり、ヴェゼルは車の修理費用が比較的安くなっています。

ヴェゼルの保険料を安くするには?

ヴェゼルは安全性能は高いので、保険料が節約できるプランでも検討したいところです。

対人・対物保険は無制限での加入が基本ですが、人身傷害保険や車両保険は最低限のプランも考えましょう。

ダイレクト自動車保険であっても、十分な補償内容・保険料ですから複数社を比較することをオススメします。

まずはインターネットの無料一括見積もりを活用して、1番安い自動車保険をチェックしましょう。

1番安い保険料を無料で調べてみる

3万円以上安くなる!車の保険を見直そう

私が一括見積りを活用したところ、補償内容はそのままで保険料が78,200円⇒46,600円になり31,600円も自動車保険を節約することができました。

保険見積りの参加保険会社

「とりあえずいまの保険を安くしたい」という方にもオススメです。自動車保険は新しい商品がたくさん出てくるので、毎年見直すことで保険料がかなりお得になることがあります。

「保険スクエアbang!」は最短5分のカンタン入力で複数の保険会社から無料で見積りを出してもらうことができます。あなたにピッタリの保険がきっと見つかりますよ。

車が30万円以上も高く売れた理由とは?

私が乗っていた日産「セレナ」は一括査定を活用したおかげで、最も高い査定と最も低い査定の差額が38万円にもなり、より高く買い取ってもらうことができました。

かんたん車査定ガイド加盟買取店

「とりあえず概算価格だけを知りたい」というときにも便利です。自分の車の相場価格を知っているのといないのでは、下取りや買取のときの見積り額に大きな差が生まれます。タダで手に入る武器を使わない手はないですよね。

かんたん車査定ガイドはわずか1分のかんたん入力で申し込みが完了します。最大10社からまとめて査定してもらえるので愛車の最高額がすぐにわかりますよ。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加