車両保険の「一般条件」と「車対車」のちがいとは?

一般車両保険と車対車+Aのちがい

車両保険には「一般条件」と「車対車」、2つのタイプがあります。
それぞれ、どんなちがいがあるのでしょうか?

自動車保険のなかでも保険料負担が大きいのが車両保険です。
車両保険にはその補償範囲によってタイプがあり、加入する保険によって保険料が変わってきます。

今回は車両保険の「一般条件」と「車対車+A」のちがいについてわかりやすく解説します。

そもそも車両保険ってなに?

車両保険は「車に起きた損害を補償するための保険」です。

事故が起きたときに乗っている人を補償するのが人身傷害補償保険ですが、その車バージョンともいえます。
もっとわかりやすく言えば、車のキズやヘコミを修理するための費用を払ってくれるのが車両保険です。

さきほど述べたとおり、車両保険に入ると保険料が高くなります。
人は車に乗っていれば保護されます。しかし、ちょっと擦っただけで車はカンタンにキズついてしまいます。
つまり、その分だけ修理費用が発生する確率が高くなるわけですね。

そういった事情もあって、車両保険の保険料は高くなってしまうのです。

ですから、車両保険に加入するかどうかは乗っている車の価格によって判断することが多くなります。

たとえば新車で買ったばかりの高い車であれば、金銭的にも心理的にも車両保険に入っておいたほうが安心です。
300万円や500万円もする車に万が一のことがあると、負担が大きいですよね。

一方で、中古車で安く買ったような車であれば、車両保険は不要かもしれません。

思い入れがあれば別ですが、車の価値に対して支払う保険料が割高になることがほとんどだからです。
そういった車であれば自分で損害をかぶったほうが結果的にお得になります。

車両保険の一般車両保険ってなに?

それでは車両保険の具体的な説明に入って行きましょう。
まずは「一般車両保険」についてです。

一般車両保険とは、車のあらゆる損害に対して補償が受けられる保険のことをいいます。
つまり、車両保険のなかでも「補償される範囲が最も広いタイプ」です。

ここでいう補償の範囲とは以下のことをいいます。

  • ・他の車との事故、衝突
  • ・盗難やイタズラ
  • ・火災、水害、自然災害
  • ・モノの飛来や落下による被害
  • ・自分ひとりで起こした事故
  • ・当て逃げ

一般車両保険は補償範囲が広いので、車の損害をひととおりカバーしてくれます。
高級車に乗っている人や盗難率の高い車に乗っている人、あるいは車の損害に万全の備えをしたい人は「一般車両保険」に加入しておくと安心です。

ただし、保険料は最も高くなるので注意が必要です。
カバーする範囲が広いだけ、保険会社の負担が増えるわけですから仕方がありません。

車両保険の車対車+Aってなに?

つぎは「車両保険+A」の補償についてです。
これはさきほどの「一般車両保険」よりも補償される範囲がせまくなるタイプの車両保険になります。

車対車+Aが補償するのは以下による損害です。

  • ・他の車との事故、衝突
  • ・盗難やイタズラ
  • ・モノの飛来や落下による被害
  • ・火災、水害、自然災害

車対車+Aの「A」とは「アクシデント(Accident)」の頭文字を指し、「車同士の事故+偶然の事故」を補償するという意味があります。

保険会社によっては「車対車+A」ではなく「車対車+限定危険」という呼び方をしていますが、意味は同じです。

一般車両保険とちがい、車対車+Aは以下のケースで補償が受けられません。

  • ・自分ひとりで起こした事故
  • ・当て逃げ

まず「車対車+A」の特徴として「自分ひとりで起こした事故(単独事故)」は補償されません。

たとえば、電柱やガードレールへの衝突、車庫入れに失敗して付いたキズや凹みなどが当てはまります。
あくまでも「車対車」なので自転車との衝突・接触で損害を受けた場合も補償されません。

もう1つは「当て逃げ」についても補償が受けられません。
たとえば衝突して相手の車が逃げてしまい、衝突してきた車が特定できない場合などです。

「車対車+A」は補償される範囲がせまくなるので、そのぶん保険料が安くなります。

「高い保険料は払いたくないけど、車両保険なしは不安…」

こういった人には、車対車+Aがオススメです。

一般車両保険と車対車+Aのちがい、まとめ

車両保険の補償範囲

出典:損保ジャパン日本興亜

おおまかに言うと「車のすべての損害を補償したい人」は一般車両保険。
「単独事故と当て逃げは自分で負担します」という人は車対車+Aを選ぶといいでしょう。

また地震・津波・噴火に対しての補償については「津波で車が水没した時に備えた自動車保険を」でも解説していますが、「車両全損時一時金」という特約に入る必要があります。

これは車両保険の特約として、別途加入が必要です。
つまり、車両保険のみでは補償が受けられません。

車両保険は万が一のときには安心ですが、保険料が大幅に上がります。

加入を考えている人は、できるだけ多くの自動車保険をくらべましょう。
保険会社によって、保険料はかなり幅があります。

少しでも安い保険会社を選べれば、充実したカーライフを送れるはずですよ。

1番安い保険料を無料で調べてみる

3万円以上安くなる!車の保険を見直そう

私が一括見積りを活用したところ、補償内容はそのままで保険料が78,200円⇒46,600円になり31,600円も自動車保険を節約することができました。

保険見積りの参加保険会社

「とりあえずいまの保険を安くしたい」という方にもオススメです。自動車保険は新しい商品がたくさん出てくるので、毎年見直すことで保険料がかなりお得になることがあります。

「保険スクエアbang!」は最短5分のカンタン入力で複数の保険会社から無料で見積りを出してもらうことができます。あなたにピッタリの保険がきっと見つかりますよ。

車が30万円以上も高く売れた理由とは?

私が乗っていた日産「セレナ」は一括査定を活用したおかげで、最も高い査定と最も低い査定の差額が38万円にもなり、より高く買い取ってもらうことができました。

かんたん車査定ガイド加盟買取店

「とりあえず概算価格だけを知りたい」というときにも便利です。自分の車の相場価格を知っているのといないのでは、下取りや買取のときの見積り額に大きな差が生まれます。タダで手に入る武器を使わない手はないですよね。

かんたん車査定ガイドはわずか1分のかんたん入力で申し込みが完了します。最大10社からまとめて査定してもらえるので愛車の最高額がすぐにわかりますよ。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加