車によく乗る人にオススメの自動車保険とは?

よく乗る人の自動車保険 保険の選び方

自動車保険の保険料はいろいろな条件によって変わってきます。
最近は走行距離に応じて保険料が安くなるタイプの保険もたくさんあり、それぞれの車の使い方に合わせたものを選ぶことが可能です。

車によく乗る人はいったいどの自動車保険を選べば良いのでしょうか?

走行距離の扱いには2パターンある

車によく乗るということは、それだけ年間走行距離が多くなるはずです。
ですから、自動車保険とは切っても切れない関係にある走行距離という視点から保険料を見ていく必要があります。

自動車保険には大きく分けて2つのタイプがあります。

  • ・走行距離に応じて保険料が決まる
  • ・走行距離が多い、少ないは関係ない

車によく乗る人は「走る分だけ」を選ばないように!

最近は「保険料は走る分だけ」といったような、走行距離が少なければ保険料が安くなるタイプに注目が集まっています。

しかし、車によく乗る人はこのタイプの保険を選んでしまうと割高になる可能性があります。

ですから、車を通勤に使い、なおかつ週末もよく運転するタイプの人には「走行距離に関係なく保険料が決まるタイプ」の自動車保険をオススメします。

走行距離の目安としては「1年間で1万km」を超える場合には、たくさん乗っても保険料が変わらないタイプを選択しましょう。

走行距離が長くても保険料が変わらないタイプとしてはSBI損保の「走り放題の保険料」が明瞭でわかりやすくなっています。

年間で3,000km走ろうと、8,000km走ろうと、15,000km走ろうと保険料は変わりません。
「走った分だけ」を売りにしている自動車保険は、仮に年間で15,000km走ると保険料が割高になってしまいます。

ですから「自分は車によく乗るので走行距離が確実に多くなる」という人は迷わずこのタイプの保険を選びましょう。

具体的には三井ダイレクトイーデザイン損保SBI損保などがあります。

ついつい「走った分だけなら安いかも?」と思いがちです。しっかりと検討したうえで、加入したいですね。

よく乗る人は使いみちを「通勤用」にしよう

ちなみに、車によく乗る人は使いみちを「通勤用」にしましょう。

この使いみちの区分は、1週間に何日車に乗るのかで決まるなど保険会社ごとにちがいます。

いずれにしても重要なのが、車によく乗る人が「家庭用(レジャー用)」で申し込みをしていると、保険が効かないこともあるということです。

自動車保険の通勤とレジャーの差額のちがいはいくら?

車にあまり乗らない人は?

車は持っているけど、毎週末あるいは月に1回しか乗らないという人は「走行距離に応じて保険料が変わるタイプ」の自動車保険をオススメします。

「自動車に乗る機会が少ない⇒事故に遭うリスクが少ない」

という風に考えられているため、あまり車に乗らない人は保険料は安くなります。

さらに、保険会社によって走行距離の区分(分け方)が異なるのもポイントです。

走行距離が細かく分かれていれば、それだけ段階的に割引を受けられるからです。

たとえば、走行距離区分が細かい自動車保険にはソニー損保チューリッヒなどがあります。

  • ソニー損保
  • ・3,000km以下
  • ・3,000km超~5,000km以下
  • ・5,000km超~10,000km以下
  • ・10,000km超~15,000km以下
  • ・15,000km超~

ソニー損保は「保険料は走る分だけ」のCMでお馴染みの自動車保険です。

さきほど説明した「車によく乗る人」とは考え方が異なります。
走る分だけ支払いタイプのほうが割引の恩恵を多く受けられる可能性が高くなるのがポイントです。

あまり乗らない人はこのように細かい区分の保険を検討してみてはいかがでしょうか。

もし申告した走行距離を上回ったら?

走行距離に応じて保険料が変わるタイプを選んだ場合には走行距離を申告することになります。
この走行距離の測り方は保険会社によって異なります。

  • 1. 予想される走行距離を申告
  • 2. 過去1年の走行距離を申告

もし申告した走行距離よりもオーバー(あるいは下回った)場合にはどうすればいいのでしょうか?
これについて保険会社によって扱いが異なりますが、ソニー損保などは「こえても安心サービス」を用意しています。

これは走行距離を超えた場合でも追加で保険料を支払う必要がないサービスです(ただし、翌年は超えた区分で継続が必須)。

よく乗る人ほど保険サービスの比較が必要

自動車保険はどうしても「走った分だけ」のほうが保険料が安くなります。そのため車によく乗る人は保険料が必然的に高くなってしまいます。

ということは、車によく乗る人ほどいろいろな保険会社を比較するべきです。

「走る分だけ」の自動車保険が主流ですから、それ以外の保険を比べたいですよね。

もし少しでも安い保険を見つけたいのであれば、自動車保険の一括見積りサービスが非常に便利。

さきほど紹介した三井ダイレクト、イーデザイン損保、SBI損保などの保険会社からまとめて見積りを出してもらえるサービスです。

わざわざ1社ずつ比較・検討する必要がないので、手間が大きく省けます。

まずは気軽に保険の見積もりをとってみてはいかがでしょうか。

1番安い保険料を無料で調べてみる

わたしの保険料が3万円以上も安くなった理由

私が一括見積りを活用したところ、補償内容はそのままで保険料が78,200円⇒46,600円になり31,600円も自動車保険を節約することができました。

保険見積りの参加保険会社

「とりあえずいまの保険を安くしたい」という方にもオススメです。自動車保険は新しい商品がたくさん出てくるので、毎年見直すことで保険料がかなりお得になることがあります。

「保険スクエアbang!」は最短5分のカンタン入力で複数の保険会社から無料で見積りを出してもらうことができます。あなたにピッタリの保険がきっと見つかりますよ。

車が30万円以上も高く売れた理由とは?

私が乗っていた日産「セレナ」は一括査定を活用したおかげで、最も高い査定と最も低い査定の差額が38万円にもなり、より高く買い取ってもらうことができました。

かんたん車査定ガイド加盟買取店

「とりあえず概算価格だけを知りたい」というときにも便利です。自分の車の相場価格を知っているのといないのでは、下取りや買取のときの見積り額に大きな差が生まれます。タダで手に入る武器を使わない手はないですよね。

かんたん車査定ガイドはわずか1分のかんたん入力で申し込みが完了します。最大10社からまとめて査定してもらえるので愛車の最高額がすぐにわかりますよ。

保険の選び方
シェアする
安くてお得な自動車保険ナビ