対人賠償保険と人身傷害保険のちがいとは?

自動車保険の基礎知識

対人賠償保険と人身傷害保険はどのようにちがうのでしょうか?

自動車保険にはさまざまな補償内容があります。
そのため、保険をえらぶときに「この保険って何を補償するんだっけ?」と疑問に思うことも少なくありません。

なかでも対人賠償保険と人身傷害保険についてはどちらも「人」に対する補償のため混乱しがちです。
この2つの補償のちがいとは一体なんなのでしょうか?

(人身傷害保険と搭乗者傷害保険のちがいについては「人身傷害保険と搭乗者傷害保険のちがいとは?」をごらんください)

対人賠償と人身傷害はココがちがう!

対人賠償保険と人身傷害保険のちがいを一言であらわすと、

「対人賠償は他人を補償するもので、人身傷害は自分たちを補償するもの」

と言うことができます。
あくまでもイメージですが、まずはザックリと捉えておきましょう。そのあとの理解が深まります。

ここでのポイントは”他人”というフレーズです。
以下でくわしく解説します。

対人賠償保険ってなに?

対人賠償保険は「事故を起こした時の”他人”を補償するための保険」です。
たとえば、歩行者をはねてしまった、車同士がぶつかって相手の車に乗っている他人をケガさせてしまった場合などをいいます。

対人賠償は自動車保険のなかで最もポピュラーといっても過言ではありません。
なぜなら、対人賠償保険に加入していない状態で事故を起こすと多額の賠償金を負担しないといけないからです。

しかし、実際には補償内容を理解していない人が多いのが現状です。
対人賠償保険はすべての自動車保険の補償のなかで最も重要な保険と言っても過言ではありません。

対人賠償で補償されるのは被保険者以外のみ

対人賠償でいう「相手」とは、あくまでも「他人」であることに注意が必要です。
運転している自分自身(被保険者=保険の対象になる人)や、その配偶者や子どもは基本的に補償の対象になりません。

たとえば、家族でドライブ中に運転をあやまって電柱に激突。一緒に乗っている奥さんや子どもがケガをしてしまいました。
この場合、対人賠償保険は「他人」が補償の対象ですので、奥さんや子どもは補償されません。

対人賠償では被保険者の範囲にも注意しよう

それ以外にもこんなケースがあります。
自分の車を友人に運転してもらっているときに、事故を起こした場合です。

助手席に乗っている自分と、運転をしている友人、さらに同じ車の後部座席に乗っている友人がケガをしました。

この場合、まず助手席の自分は「被保険者」なので補償の対象外です(”他人”ではないため)。

そして運転をしている友人は「被保険者の運転者」となるので、補償の対象外になってしまいます。
後部座席に乗っている友人は対人賠償の対象になる(”他人”である)ので、補償してもらえます。

このように、対人賠償は「誰が補償してもらえるのか?」について理解しておかないと、いざというときに補償が受けられない可能性も出てきます。

対人賠償保険はどれくらいの保険金が支払われるの?

対人賠償保険で気になるのが「保険金がいくら支払われるのか?」かについてです。
対人賠償保険は以下のように計算して保険金が支払われます。

【相手への補償額+各種費用ー自賠責保険で払われる金額】

まずは基本的に相手への損害賠償額を決めます。
これはケガや通院などで必要になる金額をもとに法律上、負担するべき金額で決定します。

そして、各種費用とは「損害の発生や拡大を防ぐために必要な費用」などのこと。

そこから「自賠責保険で支払われる保険金」を差し引くと合計額が決定します。

対人賠償は「無制限」が基本

ちなみに、対人賠償保険は支払われる金額を「無制限」に設定するのが基本です。
つまり、相手への保険金の支払い額に限度を設けないということです。

なぜかというと、事故を起こして相手方を死亡させてしまうと「億単位」の賠償金が発生することがあるからです。

ほとんどの自動車保険は対人賠償を「無制限」にしていますが、なかには「5,000万円まで」といった条件で選べる保険もあります。

対人賠償保険の限度額を設定すれば保険料を安くすることができますが、万が一の時には補償が十分ではない可能性もあります。
そのため、対人賠償は必ず「無制限」にすることをオススメします。

人身傷害保険ってなに?

人身傷害保険は「自分や家族など、一緒に車に乗っている人」を補償するための保険です。
つまり、車を運転しているときに事故を起こしてケガをしてしまった場合、一緒に車に乗っている人「全員」に対して保険金が支払われます。

さきほど説明した対人賠償保険は、あくまでも”他人”が補償の対象でした。
しかし、人身傷害は車に乗っている人全員が補償されるので、対人賠償よりも広い範囲をカバーしてくれます。

人身傷害保険は過失割合に関係なく保険金がもらえる

車同士の事故は、どちらか一方のみに責任があるとは限りません。
自分は30%悪く、相手が70%悪い。あるいはその逆もあり得ます。

これを過失割合といいますが、人身傷害保険は過失割合に関係なく「自分が受けた実際の損害額」が支払われます。

実際の損害額には「治療費」「精神的損害」「逸失利益」などが含まれます。
人身傷害保険に入っていないと、過失割合に応じた補償しか受けられません。

自分が30%悪いと判断されても、実際には10%程度しか悪くないこともあり得ます。

そういった場合にも実際の損害額が受け取れるのは、人身傷害保険の大きなメリットでしょう。

人身補償の範囲を決めるタイプもある

人身傷害保険は基本的に「一緒に車に乗っている人」を補償する保険です。
しかし、保険のタイプによっては「車に乗っている以外で巻き込まれた事故」を補償することもできます。

言いかえれば、日常生活でのケガなどを補償するわけです。

たとえば、三井ダイレクト損保の人身傷害保険には「一般タイプ」と「搭乗中のみタイプ」の2種類があります。
三井ダイレクト損保の人身傷害保険

出典:三井ダイレクト損保公式サイト

たとえば、子どもが小学生の場合、通学中に他人の車にはねられてしまった場合などです。
この場合、人身傷害保険を「一般タイプ」にしていれば、子どもの治療費などを保険金として受け取ることができます。

自動車保険でありながら、日常生活の広い範囲をカバーしてくれるのは心強い限りです。
傷害保険などに加入しているのであれば、重複も考えられます。

保険を1つに統一すれば、保険料を節約できる可能性もありますね。

保険料や補償内容は比較することが必須

対人賠償保険と人身傷害保険のちがいをまとめると、以下のようになります。

  • ・他人(相手方)を補償するのが対人賠償
  • ・搭乗者全員を補償するのが人身傷害

改めて説明すると、対人賠償保険は「他人」、人身傷害保険は「一緒に車に乗っている人」を補償します。
ザックリとですが、こうした違いがあります。

補償の仕組みは基本的にはどの自動車保険でも一緒です。
しかし、補償内容や保険料については自動車保険によって大きな差があります。

ですから、自分に合った自動車保険を契約するためには、複数の保険を比べることが必須です。

自分自身はもちろん、大切な人を守るためにも適切な自動車保険をえらびたいですね。
まずは気軽に見積もりをとって、それぞれの自動車保険をくらべてみましょう。

1番安い保険料を無料で調べてみる

わたしの保険料が3万円以上も安くなった理由

私が一括見積りを活用したところ、補償内容はそのままで保険料が78,200円⇒46,600円になり31,600円も自動車保険を節約することができました。

保険見積りの参加保険会社

「とりあえずいまの保険を安くしたい」という方にもオススメです。自動車保険は新しい商品がたくさん出てくるので、毎年見直すことで保険料がかなりお得になることがあります。

「保険スクエアbang!」は最短5分のカンタン入力で複数の保険会社から無料で見積りを出してもらうことができます。あなたにピッタリの保険がきっと見つかりますよ。

車が30万円以上も高く売れた理由とは?

私が乗っていた日産「セレナ」は一括査定を活用したおかげで、最も高い査定と最も低い査定の差額が38万円にもなり、より高く買い取ってもらうことができました。

かんたん車査定ガイド加盟買取店

「とりあえず概算価格だけを知りたい」というときにも便利です。自分の車の相場価格を知っているのといないのでは、下取りや買取のときの見積り額に大きな差が生まれます。タダで手に入る武器を使わない手はないですよね。

かんたん車査定ガイドはわずか1分のかんたん入力で申し込みが完了します。最大10社からまとめて査定してもらえるので愛車の最高額がすぐにわかりますよ。

自動車保険の基礎知識
シェアする
安くてお得な自動車保険ナビ