自損事故とは?補償を受けるために必要な3つの保険

自損事故とは? 自損事故(単独事故)

車の事故というと、車同士の衝突や歩行者との接触事故を思い浮かべる人が多いと思います。

しかし、それ以外にも「自損事故」と呼ばれるタイプの事故があることをご存じでしょうか?

自損事故のことを理解しておかないと、いざというときに自動車保険に加入していても補償が受けられないことがあります。

そもそも自損事故とは?基本の基本から、わかりやすく解説します。

自損事故とは?

自損事故とは、わかりやすくいえば「自分ひとりで起こした事故」です。

  • ・ガードレースや電柱に衝突した
  • ・店舗に突っ込んでしまった
  • ・自宅の駐車場でこすってしまった

これらはすべて自損事故です。単独事故と言われることもありますが、いずれの事故も相手の車や人はいません。

「被害を受けているのは自分の身体や車」であり、壊してしまったのが「相手のモノ」であることが自損事故の特徴です。

自損事故を補償するために必要な保険は?

さて、自損事故の意味について理解したところで次にすすみましょう。

次は、自損事故を補償するために必要な自動車保険についてです。

自動車保険には、その被害対象(だれが・なにが被害を受けたのか?)によって保険が分かれています。

代表的な保険には以下のようなものがあります。

  • ・対人賠償保険
  • ・対物賠償保険
  • ・人身傷害保険
  • ・搭乗者傷害保険
  • ・車両保険

これらの保険をあなたの必要に応じて組み合わせることで、1つの自動車保険のプランが決まってくるわけです。

そして、自損事故を補償するために必要な保険ですが、これは自損事故によってだれが被害を受けたかによって使える保険が変わってきます。

自損事故によって自分の身体が被害を受けたとき

自損事故であなたや家族がケガをしてしまった場合に使えるのが人身傷害保険と搭乗者傷害保険です。

いずれの保険も、自分の車に乗っている人のケガや死亡などを補償してくれます。

つまり、自損事故で自分がケガをしたときにも使えるというわけです、

たとえば、電柱に衝突して骨折してしまったときは自損事故扱いとなり、人身傷害保険を使って治療費を受けとることができます。

自損事故によって自分の車が損害を受けたとき

自損事故で車がヘコんでしまったり、故障してしまったときに使えるのは車両保険です。

車両保険は、自分の車を補償するために必要な保険で、自損事故のときにも適用されます。

たとえば、ガードレースにぶつかって車がヘコんだときや、駐車場で擦ってバンバーにキズがついたときの修理費用は車両保険から支払われます。

自損事故で他人のモノを壊してしまったとき

自損事故で他人のモノを壊したときは、対物賠償保険を使うことができます。

対物賠償保険は、他人の財物に損害を与えてしまったときに使える保険で、自損事故でも適用されます。

たとえば、店舗に車ごと突っ込んでお店の扉を壊してしまったときは、対物賠償保険を使うことになります。

注意したいのは、対物賠償保険はあくまでも「他人の財物」が補償の対象になるということです。

同じモノではありますが、自分の車は対物賠償保険で補償することはできません。さきほど説明したとおり、自分の車を補償するには車両保険が必要です。

車の運転に不慣れな人ほど自損事故に備えるべし

自損事故は相手に過失がない、いわゆる「10対ゼロ」の事故です。

そのため、相手から保険金を受けとることはできず、すべて自分自身でカバーする必要があります。

万が一保険に加入していなかったら、どうなるでしょうか?

認定損害額判決年月賠償の対象
2億6,135万円平成6年7月積荷(呉服・洋服・毛皮)
1億3,580万円平成8年7月店舗(パチンコ店)
1億2,037万円昭和55年7月電車・線路・家屋
1億1347万円平成10年10月電車
6124万円平成12年6月積荷

上記は、過去に実際に起きた対物事故の損害賠償事例です。

たとえば、あなたが店舗に車を突っ込んでしまい、お店が営業停止となったときのことを考えてみましょう。

店舗の修復費用はもちろんですが、営業できなかったことで発生する損害(得られるはずだった売り上げ等)なども賠償しなければいけません。さらに、従業員への給与も賠償金の対象です。

対物賠償保険で備えていればなんとかなりますが、もし無保険だったら…。そうです、すべて自腹で賠償金を払わなければいけなくなります。

自損事故にはこれだけ危険が潜んでいるわけですから、対物賠償保険は絶対に”無制限”で加入する必要があります。

自損事故による車両保険はケースバイケース

相手の損害には備えるべきですが、自分の車に対する保険はケースバイケースでOKです。

自分の車が自損事故によって壊れてしまった場合、車両保険でカバーすることになります。しかし、車両保険に加入すると保険料が高くなるため、未加入の人も少なくありません。

車両保険の免責金額を設定して保険料を安くする方法もありますが、「自損事故による車の修理代は自分で負担するよ」という人が多いのも事実なのです。

ただし、車を仕事などで毎日使うような人は、車が使えなくなることによる損害が大きくなりますので加入しておくべきでしょう。

自損事故における自動車保険は対物と人身は必須

あらためて、自損事故を補償するために必要な保険をおさらいしておきましょう。

  • ・相手のモノ(財物)を補償するには?
  • ⇒対物賠償保険が必要
  • ・自分たちのケガや死亡を補償するには?
  • ⇒人身傷害保険が必要
  • ・自分の車を補償するには?
  • ⇒車両保険が必要

自損事故に備えることは、自動車保険のプランを決めるうえで重要です。
あなたにとって必要な補償、不要な補償をしっかりと選んで、ムダな保険料を払わないようにしたいですね。

また、保険を決めるときには必ず複数の保険会社から見積もりを取るようにして下さい。
保険料は保険会社によってかなりちがいます。比較することで、自損事故に万全に備えつつ保険料を安くすることができますよ。

1番安い保険料を無料で調べてみる

わたしの保険料が3万円以上も安くなった理由

私が一括見積りを活用したところ、補償内容はそのままで保険料が78,200円⇒46,600円になり31,600円も自動車保険を節約することができました。

保険見積りの参加保険会社

「とりあえずいまの保険を安くしたい」という方にもオススメです。自動車保険は新しい商品がたくさん出てくるので、毎年見直すことで保険料がかなりお得になることがあります。

「保険スクエアbang!」は最短5分のカンタン入力で複数の保険会社から無料で見積りを出してもらうことができます。あなたにピッタリの保険がきっと見つかりますよ。

車が30万円以上も高く売れた理由とは?

私が乗っていた日産「セレナ」は一括査定を活用したおかげで、最も高い査定と最も低い査定の差額が38万円にもなり、より高く買い取ってもらうことができました。

かんたん車査定ガイド加盟買取店

「とりあえず概算価格だけを知りたい」というときにも便利です。自分の車の相場価格を知っているのといないのでは、下取りや買取のときの見積り額に大きな差が生まれます。タダで手に入る武器を使わない手はないですよね。

かんたん車査定ガイドはわずか1分のかんたん入力で申し込みが完了します。最大10社からまとめて査定してもらえるので愛車の最高額がすぐにわかりますよ。

自損事故(単独事故)
シェアする
安くてお得な自動車保険ナビ