大人気!ホンダ・S660の自動車保険料はいくら?

S660の自動車保険料 ホンダ

発売前から大きな話題を呼んだ、ホンダのスポーツクーペがS660です。
注文が殺到し、納車時期が大幅に遅れるなど注目を浴びました。

今回はそんなホンダ・S660について、安全性能と自動車保険の相場を合わせてチェックしていきましょう。

S660の保険料相場はどれくらい?

それではS660の自動車保険相場について見ていきましょう。

今回は年齢条件を30歳以上補償、全年齢補償の2パターンをチェック。
グレードはS660の「アルファ」で比較してみます。

S660・30歳以上補償の保険料相場

  • ・年齢条件:30歳以上
  • ・等級:20
  • ・年間走行距離:5,000km
  • ・免許証:ゴールド
  • ・対人賠償:無制限
  • ・対物賠償:無制限
  • ・運転者:夫婦限定
  • ・車両保険:あり

これらの条件で見積もりをとると、年間保険料は39,000円となります。

等級が高く、年齢条件も良いというのはありますが、軽自動車ということで保険料はかなり安くなっています。
車両保険を付けてもこの価格なので、条件次第ではさらに安くすることも可能となります。

運転を楽しむセカンドカーとしての購入であれば、車両保険無しも検討したいところです。

S660・全年齢補償補償の保険料相場

  • ・年齢条件:全年齢補償
  • ・等級:12
  • ・年間走行距離:3,000km
  • ・免許証:ブルー
  • ・対人賠償:無制限
  • ・対物賠償:無制限
  • ・運転者:家族限定
  • ・車両保険:あり

これらの条件で見積もりをとると、年間保険料は189,200円となります。

家族限定と運転者の範囲を広くしていますが、S660であればセカンドカーとして「本人限定」にすることもあるでしょう。

また、若い人が最初の1台として購入するケースも十分に考えられます。

ただし、年齢補償を広くとると保険料は高くなります。
もし若い人が運転しないのであれば年齢条件を引き上げてください。

S660の正確な保険料は、一括見積もりを使ってチェックしましょう。

S660の安全性能は?

軽自動車でなおかつかなりコンパクトな車体ということもあり、「安全性は大丈夫なの?」と思わず気になるところです。

まずエアバッグについては、ホンダ独自の「長く、やさしく膨らむエアバッグ」が衝突時の搭乗者を守ってくれます。

車体には「ハイテン材」を60%以上組み込むことで、強さと軽さを実現しています。

ほかにも「シティブレーキアクティブシステム」によって、前の車とぶつかりそうになった時には自動でブレーキがかかります。

S660の安全性能

出典:ホンダ公式サイト

燃費性能はJC08モードで24.2km/Lと、軽自動車としては標準的な燃費です。
ただし、ステアリングを楽しむスポーツタイプとしては非常に優れた燃費といえるでしょう。

グレードのラインナップと価格帯は以下のとおりです。

  • ・α(アルファ) 2,180,000円
  • ・β(ベータ) 1,980,000円

競合車種「コペン」と「ロードスター」の保険料は?

すでにS660を購入している、あるいは納車待ちであれば関係ありませんが、競合車種の保険料についても見ておきましょう。

同じクーペタイプとして競合関係にあるのがダイハツ「コペン」、マツダ「ロードスター」です。

いずれの車種も発表・発売のタイミングが近いこともあり、競合車として注目を浴びました。

ダイハツ「コペン」30歳以上補償の保険料相場

  • ・年齢条件:30歳以上
  • ・等級:20
  • ・年間走行距離:5,000km
  • ・免許証:ゴールド
  • ・対人賠償:無制限
  • ・対物賠償:無制限
  • ・運転者:夫婦限定
  • ・車両保険:あり

これらの条件で見積もりをとると、年間保険料は39,000円となります。
同じ軽自動車で同じジャンルということもあり、車両料率クラスが近いので保険料に大きな差はありません。

マツダ「ロードスター」30歳以上補償の保険料相場

  • ・年齢条件:30歳以上
  • ・等級:20
  • ・年間走行距離:5,000km
  • ・免許証:ゴールド
  • ・対人賠償:無制限
  • ・対物賠償:無制限
  • ・運転者:夫婦限定
  • ・車両保険:あり

これらの条件で見積もりをとると、年間保険料は59,100円となります。
S660、コペンと比較するとやや保険料は割高です。

ロードスターは普通車ですので、保険料は軽自動車に優位性があります。

S660は保険料も安く、非常に魅力的な車

当サイトではさまざまな車種の保険料について、できるだけ中立的な立場で評価をしています。

そういった立場を踏まえた上で言えるのは、S660は間違いなく良い車です。

ステアリングを楽しめる走行性能だけでなく、安全性能、燃費性能ともに申し分ありません。
軽自動車にしては価格が200万円超となるのは気になるところですが、目をつぶれるレベルでしょう。

保険料についても安くなっているので、検討の価値は十分にあります。

なお、保険料について正確な見積もりを取ることをオススメします。
複数社をくらべて、より安い自動車保険を見つけましょう。

1番安い保険料を無料で調べてみる

わたしの保険料が3万円以上も安くなった理由

私が一括見積りを活用したところ、補償内容はそのままで保険料が78,200円⇒46,600円になり31,600円も自動車保険を節約することができました。

保険見積りの参加保険会社

「とりあえずいまの保険を安くしたい」という方にもオススメです。自動車保険は新しい商品がたくさん出てくるので、毎年見直すことで保険料がかなりお得になることがあります。

「保険スクエアbang!」は最短5分のカンタン入力で複数の保険会社から無料で見積りを出してもらうことができます。あなたにピッタリの保険がきっと見つかりますよ。

車が30万円以上も高く売れた理由とは?

私が乗っていた日産「セレナ」は一括査定を活用したおかげで、最も高い査定と最も低い査定の差額が38万円にもなり、より高く買い取ってもらうことができました。

かんたん車査定ガイド加盟買取店

「とりあえず概算価格だけを知りたい」というときにも便利です。自分の車の相場価格を知っているのといないのでは、下取りや買取のときの見積り額に大きな差が生まれます。タダで手に入る武器を使わない手はないですよね。

かんたん車査定ガイドはわずか1分のかんたん入力で申し込みが完了します。最大10社からまとめて査定してもらえるので愛車の最高額がすぐにわかりますよ。

ホンダ保険料
シェアする
安くてお得な自動車保険ナビ