教えて!自動車保険が1等級でも更新できる会社はある?

1等級の自動車保険を更新する

自動車保険には割引制度として「等級」があります。
無事故を続けると、等級は上がり続けるので保険料が安くなっていきます。

反対に事故が続いて保険を使うことが多いと、更新のたびに3等級ダウンします。
事故が多いと、最悪の場合には1等級にまで下がってしまいます。

1等級の問題は保険料が割高になるだけではありません。
じつは、保険の更新ができない可能性があるのです。

なぜ、1等級の人は自動車保険を更新できないのでしょうか?

等級が上がるメリット・下がるデメリットとは?

自動車保険の「等級」とは、契約する人の事故リスクに合わせて保険料を調整する仕組みです。

わかりやすく言えば、「事故を起こさない人は、保険料を安くしますよ」という制度です。
反対に「たくさん事故を起こす人は、多めに保険料を払ってね」という制度ともいえます。

等級は保険料にどのような影響を与えるのでしょうか?

等級アップでこんなに安くなる

初めて契約する人は「6等級」からスタートし、「無事故」あるいは「保険を使わない」で更新を迎えると、更新時に「1等級アップ」します。

それが続くと、最高で「20等級」になります。20等級の人は保険料が60%以上も安くなります。
毎年1等級ずつしかアップしないので、コツコツ貯めていくイメージですね。

等級ダウンで割増の保険料

等級は事故を起こすなどして「保険を使った」場合、更新時に「3等級ダウン」します。
つまり、初めて契約した人は2回事故を起こすと等級はすぐに「1等級」となります。

いきなり1等級になる人は多くありませんが、確実に存在します。

1等級にはどんな問題があるのでしょうか?

まず挙げられるのが「保険料が割高になる」ことです。
20等級では約60%ほど安くなりましたが、1等級は約60%割高になります。

そして、1等級の最も恐ろしいところは「保険の更新ができない」ことです。
つまり、1等級になった時点で翌年の満期日以降は「無保険状態」になります。

事故を起こしても保険金はもらえません。というより、加入自体が拒否されます。
対人・対物賠償も当然ありませんので、高額賠償になっても自腹で支払うしかないのです。

もし1等級になってしまい自動車保険に加入できなくなってしまったらどうすればいいのでしょうか?
考えられる選択肢は以下の2つです。

  • ・無保険車の状態で運転する
  • ・車を手放す

無保険車の状態で走るのは絶対におすすめできません。
さきほども説明したとおり、万が一人身事故を起こすと億単位の賠償金が発生するからです。

ですから、現実的に考えて車を手放すのが賢明といえるでしょう。
ただでさえ保険料が高い状態でしたから、ムリに乗り続けるよりは手放したほうが経済的にラクになります。

等級をリセットする方法はある?

このように、1等級になると契約者にはかなり不利な状態となります。
なぜなら、契約の更新ができないからです。

しかし、じつはやり方によっては1等級の人でも自動車保険に加入することができます。

1等級の人が等級をリセットする、あるいは自動車保険を利用するには以下の2つの方法があります。

  • ・車をもう1台買って家族の車に乗る
  • ・13ヶ月は無保険で車を使う

家族の保険で車を運転する方法

リセットではありませんが、車をもう1台買って、家族の名義で保険に新しく加入する方法があります。
たとえば、奥さんの名義で自動車保険に加入する方法です。

新しく車を買うと、新しく自動車保険を契約する必要があります。
その新しい自動車保険を奥さんの名義で契約すると、等級は「6等級」からスタートになります。

ですから、その車を旦那さんが運転すれば、6等級の保険に加入するのと同じ状態なのです。

自動車保険は家族限定特約や夫婦限定特約などを付けることができます。
それを利用して、見かけ上は奥さん名義の保険で、実際は旦那さんが車を運転するという形です。

資金的な面で現実的ではないかもしれませんが、無保険で走るよりはリスクを大幅に減らすことができます。

無保険状態で13ヶ月待つ

1等級をリセットするという意味では、これが厳密には正しい方法です。
自動車保険は1等級で更新不可・解約となった場合には、そこから13ヶ月間は自動車保険に加入できません

ですから、そのあいだは無保険状態でいることになります。
13ヶ月経過すると、等級はリセットされ、再び6等級からスタートできます。

1等級で自動車保険の更新ができず、車が使えなくなるという人にとっては難しい方法でもあります。
無保険状態ということは、万が一事故を起こすと大変なことなるからです。

ですから、あくまでも車は運転せず、何とか13ヶ月待つのが現実的と言えます。

結論としては、車をもう1台買い増す or 13ヶ月は車を使わないというのが、更新不可に対応する方法です。

1等級でも更新できる可能性もある?

自動車保険の契約者情報は、損害保険協会によって共有されています。
ですから、A社で1等級になってもB社にはバレない、ということはありません。情報はどの保険会社にも共有されます。

とはいえ、自動車保険をあきらめるのはまだ早いかもしれません。
なぜなら、自動車保険は保険会社によって加入できる条件が異なるからです。

かなり限定的な条件であれば、加入できる自動車保険が見つかる可能性があります。
たとえば「対人・対物賠償は契約できないけど、人身傷害保険だけは可能」といった条件です。

こればかりは見積りを出してもらわないとわかりません。
もちろん補償の範囲は狭くなりますが、無保険状態で車が使えないよりは良いですよね。

こうした保険を見つけるためには、さまざまな保険会社から見積りを出してもらうことが必須。
できるだけ多くの自動車保険をくらべることで、1等級でも更新できる保険が見つかるかもしれません。

まずは複数の自動車保険から見積もりをとってみましょう。
気軽に利用できる一括見積りなどを活用することをオススメします。

1番安い保険料を無料で調べてみる

3万円以上安くなる!車の保険を見直そう

私が一括見積りを活用したところ、補償内容はそのままで保険料が78,200円⇒46,600円になり31,600円も自動車保険を節約することができました。

保険見積りの参加保険会社

「とりあえずいまの保険を安くしたい」という方にもオススメです。自動車保険は新しい商品がたくさん出てくるので、毎年見直すことで保険料がかなりお得になることがあります。

「保険スクエアbang!」は最短5分のカンタン入力で複数の保険会社から無料で見積りを出してもらうことができます。あなたにピッタリの保険がきっと見つかりますよ。

車が30万円以上も高く売れた理由とは?

私が乗っていた日産「セレナ」は一括査定を活用したおかげで、最も高い査定と最も低い査定の差額が38万円にもなり、より高く買い取ってもらうことができました。

かんたん車査定ガイド加盟買取店

「とりあえず概算価格だけを知りたい」というときにも便利です。自分の車の相場価格を知っているのといないのでは、下取りや買取のときの見積り額に大きな差が生まれます。タダで手に入る武器を使わない手はないですよね。

かんたん車査定ガイドはわずか1分のかんたん入力で申し込みが完了します。最大10社からまとめて査定してもらえるので愛車の最高額がすぐにわかりますよ。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加