ダイレクト自動車保険は地方でも事故対応してくれる?

ダイレクト型自動車保険の地方の事故対応

ダイレクト自動車保険は地方でも対応をしっかりとしてくれるのでしょうか?

自動車保険は保険会社によってさまざまな特徴があります。
いま人気なのがネットで契約ができるダイレクト型自動車保険です。

人件費やムダなコストをカットすることで、代理店型の保険よりも安いのが特徴です。
どんな人にとっても有り難いダイレクト型ですが、地方に住んでいる人にとって気になるのが事故対応です。

地方在住でもしっかりと事故の処理を行なってくれる自動車保険をチェックしていきましょう。

ダイレクト型は地方でも対応してくれる?

結論からいうと、ダイレクト型自動車保険は地方であっても満足のいく対応をしてくれます。

都心を中心に車を使う人にとって事故対応は心配ないかもしれません。
しかし、地方や遠方に出かけることが多い人、あるいは地方にお住まいの人にとってダイレクト型自動車保険の事故対応力は気になるところですよね。

契約や補償内容はいいとして、やはり事故が起きたときにしっかりと対応してくれる保険会社を選びたいところです。

ダイレクト型自動車保険は事故対応で選ぼう!」でも解説していますが、事故対応の充実度を知るときに参考にしたいのが保険会社の「拠点数」です。

拠点数とは要するに、保険会社がどれくらい多くの場所でスタンバイしているかということ。

拠点数が多ければ、そのぶんだけ事故対応も早くなるのでは?そう考えるのは当然です。
地方での対応がしっかりしていれば、どこで事故を起こしても満足の行く事故処理をしてもらえます。

代理店型とダイレクト型の拠点数のちがい

代理店型とダイレクト型の自動車保険、それぞれの損害拠点数を比較してみましょう。

  • ・損保ジャパン日本興亜
  • ⇒332拠点
  • ・アクサダイレクト
  • ⇒200拠点

保険会社の規模によって拠点数は変わってきますが、大手の損保ジャパンとアクサダイレクトを比較すると約130拠点の差があります。

一見すると、「やっぱりダイレクト型は事故対応に不安がありそう」と思うかもしれません。

重要なのは「1人あたりの拠点数」

しかし、事故対応は拠点数だけで決まるわけではありません。
加入者数が多ければ拠点数も多くなるのが基本です。つまり、1人あたりの拠点数で考えることが大切です。

  • ・地方だと事故対応が遅いのではないか?
  • ・ダイレクト型は事故の相手との交渉はしてくれないのではないか?

こうした疑問をお持ちの方は多いかもしれません。
ダイレクト型自動車保険は保険料が安いので、なおさらそうした不安が起こりがちです。

ダイレクト型と代理店型で大きな差はなし

しかし、ハッキリ言ってダイレクト型自動車保険の事故対応は代理店型と変わらない水準です。
ですから、「地方だからダイレクト型保険は避ける」という考え方を持つ必要はまったくありません。

拠点数は大切ですが「ダイレクト型だから事故対応はイマイチ」ということにはなりません。

さきほども説明したとおり、あくまでも1人あたりの拠点数で見るようにしましょう。

事故対応がいい加減な会社は経営が続かない

その自動車保険が優れているかを知る方法として最もわかりやすいのが口コミや評判です。
そして、その良し悪しを一番実感しやすいのが事故を起こした後です。

事故が起きた後の事故対応がいい加減だったりすると、すぐに悪い評判が立ちます。

そうするとネット上では評価が下がり、加入者は減っていく一方です。

ということは、きちんとした事故対応をしている会社はそれだけ人気が集まります。

言い換えれば、地方まで事故対応サービスが行き届いてない自動車保険は見向きもされないということです。

日本全国までサービスが行き届いている会社でないと、いまの時代の自動車保険業界では生き残れません。

自称「ナンバー1」に要注意

ただし、保険会社が公表している「顧客満足度ナンバー1」といった宣伝文句には注意が必要です。

というのも、その満足度が何の項目でナンバー1なのかわからないからです。
顧客満足度調査というのは、保険料・事故対応・電話対応・保険プランなどさまざまな項目で調査されます。

なかには保険料が安いことだけが評価されて顧客満足度ナンバー1と表示されていることもあるのです。
こうした見せ方は保険会社がいくらでも自由に操作できます。大事なのはあくまでも「客観性」です。

もし、地方での事故対応まで考えるのであれば、顧客満足度調査を鵜呑みにするのは避けたいところですね。

事故対応で選ぶならソニー損保かアクサダイレクト

ダイレクト型自動車保険は地方であっても十分な事故対応をしてくれます。
とはいえ、やはり保険会社によって事故対応やロードサービスに差はあります。

ほとんど自動車保険が示談対応やロードサービスが標準的に組み込まれています。
細かいところでいえば、ロードサービスの質や保険料にわずかな差があるといったところでしょうか。

CMでもご存知の方が多いかと思いますが、事故対応の満足度が高いのがソニー損保アクサダイレクトです。

両社とも事故対応満足度が高く、そのノウハウは非常にすぐれています。

もし地方でも満足の行く自動車保険をさがしているのであれば、ぜひこれら2社の自動車保険を検討してみてください。

より多くの保険会社を比較するのであれば、無料の一括見積りサービスが便利です。

さきほどのソニー損保やアクサダイレクトをはじめ、大手の保険会社が参加しています。
自分に合った保険を効率的に見つけるためにも、ぜひ一度活用してみてはいかがでしょうか。

1番安い保険料を無料で調べてみる

3万円以上安くなる!車の保険を見直そう

私が一括見積りを活用したところ、補償内容はそのままで保険料が78,200円⇒46,600円になり31,600円も自動車保険を節約することができました。

保険見積りの参加保険会社

「とりあえずいまの保険を安くしたい」という方にもオススメです。自動車保険は新しい商品がたくさん出てくるので、毎年見直すことで保険料がかなりお得になることがあります。

「保険スクエアbang!」は最短5分のカンタン入力で複数の保険会社から無料で見積りを出してもらうことができます。あなたにピッタリの保険がきっと見つかりますよ。

車が30万円以上も高く売れた理由とは?

私が乗っていた日産「セレナ」は一括査定を活用したおかげで、最も高い査定と最も低い査定の差額が38万円にもなり、より高く買い取ってもらうことができました。

かんたん車査定ガイド加盟買取店

「とりあえず概算価格だけを知りたい」というときにも便利です。自分の車の相場価格を知っているのといないのでは、下取りや買取のときの見積り額に大きな差が生まれます。タダで手に入る武器を使わない手はないですよね。

かんたん車査定ガイドはわずか1分のかんたん入力で申し込みが完了します。最大10社からまとめて査定してもらえるので愛車の最高額がすぐにわかりますよ。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加