搭乗者傷害保険って本当に必要?知っておきたいメリット

搭乗者傷害保険の必要性

搭乗者傷害保険はどんなときに必要なのでしょうか?

搭乗者傷害保険は、車に乗っている人が事故で死傷したときに補償が受けられる保険です。
事故を起こしたときには心強い保険ですが、加入率は決して高くありません。

搭乗者傷害保険の必要性はどんなところにあるのでしょうか?

そもそも搭乗者傷害保険とは?

まずは搭乗者傷害保険についておさらいしておきましょう。

結論から言うと、搭乗者保険は車に乗っている人の怪我などを補償するための保険です。

搭乗者傷害保険を説明するときに、よく比較されるのが人身傷害保険です。

保険金の範囲であれば、損害がすべてカバーされる

人身傷害保険は自動車保険に入っている車で事故を起こした場合に補償が受けられる保険です。
補償が受けられるのは「保険金の範囲内」であれば、損害額の全額を支払ってもらえます。

人身傷害は相手がいてもいなくても、事故によってケガをしたときに保険金が支払われます。
つまり、自分単独で起こした事故によるケガでも補償してもらえるということです。

搭乗者傷害保険も同じで、事故を起こしたときのケガの治療費を受け取ることができます。

ムダに見える搭乗者傷害保険

ここでお気づきの方もいるかもしれませんが、じつは人身傷害保険と搭乗者傷害保険は補償内容が重複しています。
つまり、同じような保険に2つも加入している状態なのです。

「ムダに保険料を支払っているだけでは?」

そう感じるのもムリはありません。これだけを見ると保険料の支払い損に思えます。

しかし、じつは搭乗者傷害保険には人身傷害保険にはないメリットがあります。

搭乗者傷害保険のメリットは治療費がすぐに受け取れること

搭乗者傷害保険はすぐに保険金が受け取れる

搭乗者傷害保険のメリットを見ていきましょう。

搭乗者傷害保険のメリットはズバリ、怪我をしたときにすぐ保険金(治療費)が受け取れることにあります。

ということは、人身傷害保険とのちがいは、保険金を受け取れるタイミングにある、ということですね。

交通事故で厄介な「過失割合」

ポイントとなるのが「過失割合」です。

事故を起こしたときには、相手方と自分で過失割合を決めます。
よく「10対0」「4対6」なとどいう表現を耳にすることがあるかと思いますが、相手と自分で責任を割合で決めるわけです。

相手にすべての責任があれば、損害分の保険金(治療費)をすべて支払ってもらえます。

過失割合はすんなり決まることもありますが、中にはもめてしまって解決までに1年〜2年ほど時間がかかることも少なくありません。

示談が成立しないと、基本的には治療費などの保険金が受け取れません。その場合には自腹で治療費などを立て替えないといけなくなります。

しかし、搭乗者傷害保険は相手との過失割合に関係なく、ケガをしたときにスグ保険金が支払われます
つまり、治療費を自腹で立て替える必要がないので、一時的な負担が減るということですね。

搭乗者傷害保険で治療費がすぐ受け取れる理由とは?

なぜ、搭乗者傷害保険はすぐに治療費が支払われるのでしょうか?

その理由は、搭乗者傷害保険は「ケガの部位と症状がわかった時点で保険金を受け取れる」という仕組みだからです。

一方の人身傷害保険は、損害額が確定しないと治療費を受け取ることができません。それがさきほど説明した「過失割合」に関係してくるわけですね。

搭乗者傷害保険に入っていると保険金がスグに受け取れるので、安心して治療を受けることができます。

搭乗者傷害保険は受け取れる保険金が少ない?

受け取れる保険金が少ない?

搭乗者傷害保険と人身傷害保険のちがいは、保険金の支払われ方にもあります。

さきほど説明したように、人身傷害保険は損害額の全額を契約の範囲内で受け取ることができます。

一方の搭乗者傷害保険の保険金は「定額」です。たとえば「死亡したら5,000万円」「入院で1日あたり10,000円」なとどいった具合です。

ただし、ケガの症状や部位に応じて支払われるタイプの搭乗者傷害保険もあります。とはいえ、人身傷害保険にくらべると受け取れる金額は少なくなります。

人身傷害保険と搭乗者傷害保険は、確かに重複します。

しかし、2つを組み合わせておくことで、万が一の補償が手厚くなるメリットがあるのです。

結局のところ、搭乗者傷害保険は人身傷害保険にプラスして手厚い保険金を受けとるために存在するとも言えます。

搭乗者傷害保険が必要なのはどんな人?

搭乗者傷害保険が必要な人

ここまで搭乗者傷害保険と人身傷害保険のちがいについてふれてきました。

こうして見ると、搭乗者傷害保険は人身傷害保険と重複する部分が非常に多いことがわかります。

ですから、場合によっては搭乗者傷害保険なんて必要ないのでは?と考える方もいるかと思います。

手厚い保険金をすぐ受けとるために必要な搭乗者傷害保険

考え方としては、搭乗者傷害保険は人身傷害保険の上乗せとして組み合わせるイメージになります。

ですから、ケガなどの治療費は基本的に人身傷害保険を使うのがスタンダードです。そこに搭乗者傷害保険を合わせることで、補償がより手厚く、スピーディになるというわけですね。

事故が起きてみないとわからないものですが、ケガをしたときにスグ治療費を受け取れるようにしたい人は搭乗者傷害保険が必要になります。

また、ケガの治療費や死亡時の保険金を手厚くしたい人にも搭乗者傷害保険はオススメです。

搭乗者傷害者を保険を安くセットするには?

ただ、繰り返しにはなりますが、補償が重複するので保険料が割高になります。
補償が充実するので、こればかりは仕方ありません。

しかし、じつは選ぶ保険会社によっては割安で搭乗者傷害保険をセットできます。
同じ補償内容なのに、じつは保険会社によって保険料はかなりちがうので、高い保険を選んでしまうのは損でしかありません。

まずは複数の自動車保険をくらべて、少しでも保険料が安いプランを選びたいところです。
そのためには、一括見積りで比較してから決めることをおすすめします。

まずはあなたに合った保険プランを、一括見積りでチェックしてみるといいかもしれません。

1番安い保険料を無料で調べてみる

3万円以上安くなる!車の保険を見直そう

私が一括見積りを活用したところ、補償内容はそのままで保険料が78,200円⇒46,600円になり31,600円も自動車保険を節約することができました。

保険見積りの参加保険会社

「とりあえずいまの保険を安くしたい」という方にもオススメです。自動車保険は新しい商品がたくさん出てくるので、毎年見直すことで保険料がかなりお得になることがあります。

「保険スクエアbang!」は最短5分のカンタン入力で複数の保険会社から無料で見積りを出してもらうことができます。あなたにピッタリの保険がきっと見つかりますよ。

車が30万円以上も高く売れた理由とは?

私が乗っていた日産「セレナ」は一括査定を活用したおかげで、最も高い査定と最も低い査定の差額が38万円にもなり、より高く買い取ってもらうことができました。

かんたん車査定ガイド加盟買取店

「とりあえず概算価格だけを知りたい」というときにも便利です。自分の車の相場価格を知っているのといないのでは、下取りや買取のときの見積り額に大きな差が生まれます。タダで手に入る武器を使わない手はないですよね。

かんたん車査定ガイドはわずか1分のかんたん入力で申し込みが完了します。最大10社からまとめて査定してもらえるので愛車の最高額がすぐにわかりますよ。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加