日産ジュークの自動車保険料の相場はいくら?

日産ジュークの自動車保険料

出典:日産公式サイト

SUVとしての強さと、コンパクトなボディを合わせ持ったジューク(JUKE)は日産デザイン部門渾身の1台。
瞬間的に見るものを惹きつけるデザインは、他社の国産車には見られません。

ヨーロッパでも高い評価を得ているジュークは、相変わらず人気です。

今回はジュークの安全性能と自動車保険の相場について見ていきましょう。
保険料は維持費を考えるうえで非常に重要ですので、しっかりチェックしておきたいですね。

ジュークの安全性能は?

デザインばかりに目がいきがちですが、自動車保険料を知るうえで「安全性能」を見ることが欠かせません。
安全性が高いと、事故やケガが起きる可能性が下がるからです。

ジュークについては目立った安全性能は見られず、まずまずといった印象です。

たとえば道路が滑りやすい場合に、車の安定性を向上させる「ビークルダイナミクスコントロール」といった性能がジュークにはあります。
運転を楽しめる車として売り出している側面もあるので、これは重要な装備ですね。

また、万が一事故で衝突を避けられないときには歩行者を守るボディを採用しています。
ボンネットが衝撃を吸収してくれるので、ケガの重度をやわらげてくれます。

車を運転していると、うしろから追突されることも考えておく必要があります。
ジュークには「アクティブヘッドレスト」が付いています。追突されてもヘッドレストが頭部を守ってくれるので、ムチ打ちなどを防ぎます。

このあたりは他車でも装備されていることが多いので「ジュークならでは」というわけではありません。

ジュークの安全性能

燃費性能はJC08モードで14.2km/Lとなっており、SUVとしては十分な低燃費といえるでしょう。
価格帯は、以下のグレードごとに分かれています。

  • ・15RS 1,737,720円
  • ・15RX 1,966,680円
  • ・15RX パーソナライゼーション 2,036,880円
  • ・15RX Urban Selection 2,215,080円
  • ・15RX Urban Selection パーソナライゼーション 2,285,280円
  • ・16GT 2,338,200円
  • ・16GT パーソナライゼーション 2,408,400円

日産には同クラス車種としてデュアリスがありますが、これはほぼヨーロッパで流行っただけ。
日本ではサッパリ売れませんでした。

ジュークの保険料はどれくらい?

それでは実際の保険料について見ていきましょう。

今回は30歳以上と21歳以上の保険料相場についてご紹介します。
車の保険料は年齢によって変わってくるので、ご自身の年齢と照らし合わせながらご覧ください。

ここでは最も人気が高いジューク15RX パーソナライゼーションのグレードの見積もりを見ていきます。

ジューク・30歳以上補償の保険料相場

  • ・年齢条件:30歳以上
  • ・等級:15
  • ・年間走行距離:5,000km
  • ・免許証:ブルー
  • ・対人賠償:無制限
  • ・対物賠償:無制限
  • ・運転者:家族限定
  • ・車両保険:あり

これらの条件で見積もりをとると、年間保険料は766,00円
15等級と割引率が高いものの、車両保険が付いているためにやや保険料は割高な印象です。

ジュークは普及している車種でして、なおかつ国産車ですので車両保険は「なし」にするのも1つの選択肢です。
ちなみに、車両保険を「なし」にすると年間保険料は36,500円となります。

約半額になるところを見ると、いかに車両保険料の負担額が大きいかが読み取れます。

ジューク・21歳以上補償の保険料相場

  • ・年齢条件:21歳以上
  • ・等級:8
  • ・年間走行距離:3,000km
  • ・免許証:ブルー
  • ・対人賠償:無制限
  • ・対物賠償:無制限
  • ・運転者:本人限定
  • ・車両保険:あり

これらの条件で見積もりをとると、年間保険料は188,900円
若者に人気があるジュークにおいて、21歳以上で本人限定という補償内容は多く見られるパターンです。

ただし、年間で20万円近い負担はなかなか厳しいのではないでしょうか。
「車両保険なし」にすると、年間保険料が90,000円になりますので、加入しない選択が現実的かもしれません。

より安くジュークの自動車保険に入るには?

さて、ここまで2つのケースを参考にジュークの保険料を見てきました。
あなたの条件だと、保険料はいくらになりそうですか?

安さだけを求めるならば、保険料が安いプランに入ればいいだけのことです。
しかし、自動車保険は決して気休めで入るものではなく、実際に事故が起きたときのことを想定すべきでしょう。

そう考えると、ある程度は補償が充実したプランに入ることが必要です。
ですから、なるべく安くて補償が手厚い自動車保険を選ぶのがベスト。

それを見つけるには、やはりインターネットの一括見積りが便利です。
ジュークの正確な保険料見積もりは、実際に一括サイトを使って計算しましょう。

あなたの条件を入力するだけでカンタンに自動車保険が見つかります。
保険料が4万円も安くなった事例もあります。まずは気軽にチェックしてみましょう。

1番安い保険料を無料で調べてみる

3万円以上安くなる!車の保険を見直そう

私が一括見積りを活用したところ、補償内容はそのままで保険料が78,200円⇒46,600円になり31,600円も自動車保険を節約することができました。

保険見積りの参加保険会社

「とりあえずいまの保険を安くしたい」という方にもオススメです。自動車保険は新しい商品がたくさん出てくるので、毎年見直すことで保険料がかなりお得になることがあります。

「保険スクエアbang!」は最短5分のカンタン入力で複数の保険会社から無料で見積りを出してもらうことができます。あなたにピッタリの保険がきっと見つかりますよ。

車が30万円以上も高く売れた理由とは?

私が乗っていた日産「セレナ」は一括査定を活用したおかげで、最も高い査定と最も低い査定の差額が38万円にもなり、より高く買い取ってもらうことができました。

かんたん車査定ガイド加盟買取店

「とりあえず概算価格だけを知りたい」というときにも便利です。自分の車の相場価格を知っているのといないのでは、下取りや買取のときの見積り額に大きな差が生まれます。タダで手に入る武器を使わない手はないですよね。

かんたん車査定ガイドはわずか1分のかんたん入力で申し込みが完了します。最大10社からまとめて査定してもらえるので愛車の最高額がすぐにわかりますよ。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加