車の保険、名義はどうする?車検証と自動車保険の契約者について

車検証の名義と車の保険がちがう

自動車保険の契約にはさまざまな手続きが必要です。
そのなかでも重要なのが「車検証の名義」と「自動車保険の契約者」です。

この2つの名義は、それぞれ違っても平気なのでしょうか?
また、夫婦で1つの車に乗る場合、名義はどのように決めればいいのでしょうか?

自動車保険を契約するときに知っておきたい名義の基本について解説します。

あなたの車の車検証、名義は誰ですか?

車検証の名義には「所有者」という項目があります。
「車の名義」を聞かれたときには、この「所有者」を名義とするのが基本です。

ですから、自分が乗っている車の所有者は「あなた自身=本人」になるはずです。
そのため自動車保険の契約のときにも特に気にすることなく手続きができます。

しかし、なかにはディーラーやローン会社が「所有者」となっていることも。
ローンなどを組んで車を購入すると、所有者は自分ではないことがあるのです。

この場合、車の所有者は自分ではない他の人(ディーラーやローン会社)になります。

所有者と保険の契約者はちがっても大丈夫

では、車検証の所有者と保険の契約者は違ってはダメなのでしょうか?

心配は不要です。
結論から言うと、車検証の名義(所有者)と自動車保険の契約者はちがっても問題ありません。

むしろ、それで契約をできないと、ローンを組んだ人が保険に入ることができないですよね。
(ローン会社が所有者になっていることがあるから)

ですから、家族が保険を契約するときにも特に気にする必要はありません。

たとえば夫名義の車を、妻が運転するので保険名義も妻にしたい。といった場合。
夫名義の車であっても、妻名義に自動車保険にすることが可能です。

その場合には、自動車保険を申し込むときに名義を妻の名前にすれば問題ありません。

子どもの車の自動車保険でカバーするにはどうすればいい?

では、別のケースでも名義について考えてみましょう。

たとえば親が子どもに買ってあげた車があるとしましょう。
この車の自動車保険を子どもにも適用するには「子どもを記名被保険者」として契約する必要があります。

この場合には親が保険料を払い(契約者)、子どもを記名被保険者にすることも可能です。

自動車保険は補償される範囲を記名被保険者を起点にして考えるからです。

親が保険料を払い、子どもを記名被保険者とした場合には子どもを起点として補償の範囲を考えます。

親が名義の車を子どもが運転しても保険の対象にするには、保険だけを子ども名義にすればいいということです。

運転者を限定する特約がある場合は?

ほかに、運転者家族限定特約を付けている場合には「子どもと同居している家族」が対象になります。
親が子どもと住んでいれば親子ともに補償の対象となります。

ただし、子どもが結婚して別居している場合には「子どもの家族」しか補償の対象になりません。
子どもが名義の保険が夫婦限定特約を結んでいる場合も同じで、子ども夫婦は補償されますが、両親は補償されません。

ですから、保険の契約者と被保険者がちがう場合には、補償の範囲に注意しておかないと、万が一のときに補償が受けられない可能性があります。十分に注意しましょう。

車検証の名義と保険の名義「まとめ」

あらためて確認しておきましょう。

まず、理解しておきたいのは「車検証の名義と保険の名義は違っても大丈夫」ということです。
そして、子どもを補償するには家族限定特約に入るのがおすすめです。

また、夫婦で1つの車を運転する場合には、車検証と自動車保険の名義を夫にして「夫婦限定特約」に加入すれば問題ありません。
もちろん、妻を名義にして契約することも可能です。

名義については特段気にする必要はありません。
まずは気軽に見積もりをとって自動車保険を比べてみましょう。

1番安い保険料を無料で調べてみる

3万円以上安くなる!車の保険を見直そう

私が一括見積りを活用したところ、補償内容はそのままで保険料が78,200円⇒46,600円になり31,600円も自動車保険を節約することができました。

保険見積りの参加保険会社

「とりあえずいまの保険を安くしたい」という方にもオススメです。自動車保険は新しい商品がたくさん出てくるので、毎年見直すことで保険料がかなりお得になることがあります。

「保険スクエアbang!」は最短5分のカンタン入力で複数の保険会社から無料で見積りを出してもらうことができます。あなたにピッタリの保険がきっと見つかりますよ。

車が30万円以上も高く売れた理由とは?

私が乗っていた日産「セレナ」は一括査定を活用したおかげで、最も高い査定と最も低い査定の差額が38万円にもなり、より高く買い取ってもらうことができました。

かんたん車査定ガイド加盟買取店

「とりあえず概算価格だけを知りたい」というときにも便利です。自分の車の相場価格を知っているのといないのでは、下取りや買取のときの見積り額に大きな差が生まれます。タダで手に入る武器を使わない手はないですよね。

かんたん車査定ガイドはわずか1分のかんたん入力で申し込みが完了します。最大10社からまとめて査定してもらえるので愛車の最高額がすぐにわかりますよ。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加