自動車保険の通勤とレジャーの差額のちがいはいくら?

自動車保険の使用目的の差額 自動車保険の見直し

保険会社によっても異なりますが、自動車保険には使用目的があります。

保険加入者がどのような時に車を使用するかによって、保険料の負担を変えているのです。

自動車保険の使用目的の多くは「日常・レジャー」「通勤」「業務」に分かれています。

この3つの使用目的は保険料にどれくらいの差額があるのでしょうか?

自動車保険の「通勤」と「レジャー」のちがいについて、わかりすく解説します。

あなたはふだん、どんな目的で車を使いますか?

自動車保険は、どのような目的で車を使用するかによって保険料がちがってきます。
走行距離が多くなれば、それだけ交通事故に遭うリスクが大きくなるからです。

仕事で毎日使うのか、あるいは休日しか使わないのか。それによって走行距離も大きく変わってきますよね。

使用目的は冒頭で述べたとおり、「日常・レジャー」「通勤」「業務」の3つに分けられます。

たとえば、ソニー損保は「主に家庭用」「主に業務用」の2つに分けられています(「自動車保険は「主に家庭用」だと安くなる」)。

注意したいのは、使用目的は保険会社によって分け方がちがうということです。

ソニー損保は「主に家庭用」「主に業務用」の2つに分けていますが、他の保険会社は「日常・レジャー」「通勤」「業務」の3つに分けていることがほとんどです。

つまり、あなたの車の使用目的にあてはまる項目がない自動車保険は選べないことになります。たとえば、ソニー損保では「業務用」に車を使うことはできません。

「日常・レジャー」の保険料は最も安い

「日常・レジャー」は休日のドライブや買い物だけに車を使用します。

そのため、車を運転する機会は3つの中で最も少なく、事故に遭うリスクも少ないと考えられるため保険料は最も安くなります。

保険料を安くしたければ、車を使い機械を減らして条件を「日常・レジャー」にしておくと良いでしょう。

ちなみに保険会社によって「日常・レジャー」の名称は異なります。

「通勤用・通学用には条件がある

2番目に保険料が高くなるのは「通勤」を目的に車を使用する場合です。

平日はほぼ毎日運転することを考えると、「日常・レジャー」に比べて事故に遭うリスクが高くなります。
通勤する距離にもよりますが、毎日車に乗れば走行距離は多くなることが予想されますね。

自動車保険は、通勤用という目的を以下のように定めていることがほとんどです。

  • 年間と通じて月15日以上運転する
  • 週5日以上にわたって通勤で車を運転する

もしいずれかの条件にあてはまるのであれば、「通勤用」で申し込みをするしかありません。虚偽の申告をして事故を起こしても、保険が使えずに補償が受けられません。ですから、使用目的は正直に申告するようにしてください。

せっかく自動車保険料を払っても補償が受けられないのでは意味がありませんから、注意しましょう。

「業務用」は最も保険料が高くなる

3つの中で最も保険料が高くなるのは「業務で使用する」場合です。

業務はレジャーや通勤にくらべて、車を運転する機会が最も多くなるので、事故に遭うリスクも1番高くなります。

「年間を通して週5日以上、または月に15日以上、車を業務に使用する」という規定がされていることが多いです。

通勤用と業務用のちがいは、通勤か業務ということです。業務用は、車なしでは仕事ができない場合などに適用されます。

基本的に事業主に適用されることになるため、個人で自動車保険を使う場合に業務用を気にする必要はありません。

使用目的は嘘をついてはいけません

これら3つの使用目的を見て、こんな事を思うかもしれません。

「1番安いレジャー用で申請して、仕事にも使っちゃおう」

こうすれば確かに保険料は安く済みます。

しかし、レジャー用で保険を申し込んでいる車で、もし業務中に事故を起こしたらどうなるでしょうか?ずばり、補償を受けられない可能性があります。

レジャー用で申請したのに、事故を起こした状況が明らかに通勤時だったりすると、保険金の対象外となってしまいます。

つまり、使用目的を誤ったり偽ったりして申告すると、いざという時に痛い思いをします。正確な申告をするように注意しましょう。

気になるちがい!「レジャー」と「通勤」の差額は?

自家用車を「業務」に使用するのは一部の人に限られますので、実質的には「レジャー」と「通勤」の二択になります。

さらに細かく言えば「都心」に住んでいれば電車通勤が多いかと思いますので、「レジャー」を選ぶ人の割合が多くなるでしょう。

実際に、「レジャー」と「通勤」では保険料にどれくらいの差額が発生するのでしょうか?

All Aboutの記事には詳細な見積りデータが掲載されています。

  • ニッサン ティアナ(H17年6月)
  • ・次年度14等級
  • ・対人対物無制限
  • ・搭乗者傷害1000万円
  • ・無保険車2億円
  • ・損事故1500万円
  • ・人身傷害5000万円
  • ・記名被保険者39歳 男性

これらの条件をもとに、使用目的ごとに算出した保険料が以下のとおりです。

  • 「日常・レジャー」 42,810円
  • 「通勤通学」 47,880円
  • 「業務」 49,900円

実際には休日しか車を運転しない(日常・レジャー)のに、いまの自動車保険が「通勤通学」になっている場合には【47,880円ー42,810円=5,070円】ほど保険料を多く支払っていることになります。

自分のライフスタイルに合わせて自動車保険を見直さないと、ムダな保険料で損をしている可能性もあることを示しています。

つまり、あなたがレジャー用でしか車を使わないのに通勤用で契約している場合は、保険料をムダに払っているかもしれません。

自動車保険の見直しで保険料は大幅に安くなる

もし、いまあなたの自動車保険を「通勤通学」や「業務」で申請しているならば「日常・レジャー」で申し込めないか検討しましょう。

「通勤通学」から「日常・レジャー」への見直しは、一括見積りを合わせて活用すると、効率的に保険料の節約することができます。

同じ「日常・レジャー」であっても、保険会社によってプランや補償内容にちがいがあります。さらに、保険料もかなりちがうため、大幅に保険料を安くできる可能性があります。

まずは複数の保険会社から見積もりをとってもらうところから始めましょう。

インターネットの無料一括見積もりなら、あなたの条件にピッタリ合った保険がきっと見つかりますよ。まとめて見積もりが取れるので大変便利です。

1番安い保険料を無料で調べてみる

わたしの保険料が3万円以上も安くなった理由

私が一括見積りを活用したところ、補償内容はそのままで保険料が78,200円⇒46,600円になり31,600円も自動車保険を節約することができました。

保険見積りの参加保険会社

「とりあえずいまの保険を安くしたい」という方にもオススメです。自動車保険は新しい商品がたくさん出てくるので、毎年見直すことで保険料がかなりお得になることがあります。

「保険スクエアbang!」は最短5分のカンタン入力で複数の保険会社から無料で見積りを出してもらうことができます。あなたにピッタリの保険がきっと見つかりますよ。

車が30万円以上も高く売れた理由とは?

私が乗っていた日産「セレナ」は一括査定を活用したおかげで、最も高い査定と最も低い査定の差額が38万円にもなり、より高く買い取ってもらうことができました。

かんたん車査定ガイド加盟買取店

「とりあえず概算価格だけを知りたい」というときにも便利です。自分の車の相場価格を知っているのといないのでは、下取りや買取のときの見積り額に大きな差が生まれます。タダで手に入る武器を使わない手はないですよね。

かんたん車査定ガイドはわずか1分のかんたん入力で申し込みが完了します。最大10社からまとめて査定してもらえるので愛車の最高額がすぐにわかりますよ。

自動車保険の見直し
シェアする
安くてお得な自動車保険ナビ