必要性ってある?弁護士費用特約の3つのメリット

弁護士費用特約をつけるメリット

自動車保険のなかでも特に悩むのが「弁護士特約の必要性」についてです。

自動車保険には多くの特約があります。
そのなかでも大きな事故にあった場合や、交渉が上手くいかないときに頼りになるのが「弁護士費用特約」です。

いざというときにならないと必要性を感じにくい特約ですが、弁護士費用特約はつけるべきなのでしょうか?
今回は弁護士費用特約の必要性と、メリットについてご紹介します。

そもそも弁護士費用特約ってなに?

まずは弁護士特約がどのような意味を持っているのか理解しておきましょう。

事故を起こすと、相手の人と示談交渉が必要になることがありますよね。
こういった交渉は基本的に保険会社が行ってくれますが、なかには自分で交渉をしなければならないケースも発生します。

そのときに頼りになるのが弁護士費用特約です。

たとえば事故の被害者になったときに相手への損害賠償を請求するには、さまざまな手続きが必要になります。

弁護士に相談するには費用を支払わなければなりませんが、この費用を負担してくれるのが弁護士費用特約。

弁護士への依頼費用は高額になることが多いので、この特約を付けておくことで負担をなくすことが可能です。

交通事故の交渉に弁護士費用をかけたくないという人にとっては、必要性の高い特約と言えるでしょう。

弁護士費用特約はどんなとき使える?

弁護士費用特約を使うタイミングは基本的に交通事故の被害者になったときです。

たとえば、以下のようなケースが起こったときは弁護士費用特約が役に立ちます。

  • ・運転している車に後ろから突っ込まれてケガをした
  • ・街を歩いているときに車にはねれらた
  • ・歩行者と自転車で事故を起こした

弁護士費用特約は車を運転しているときだけでなく、自分が歩行者として事故に巻き込まれたときにも使える特約です。

保険会社によっては自転車が関係する事故にも使えることがあります。
その一方、車が運転している事故に限定している保険会社もあるので確認が必要です。

同じ名称でありながら、保険会社によって弁護士費用特約のカバーする範囲がちがうということです。

弁護士費用特約のカバーする範囲を保険会社ごとに比べるのであれば、一括見積りを活用しましょう。

弁護士費用特約は被害者になったときのために付けるべき!

弁護士費用特約は事故の被害者になったときに威力を発揮します。

なぜ被害者のときに必要性が高くなるのでしょうか?
その理由は、自分が加入している保険会社は被害者になったときは交渉を行なってくれないからです。

加害者のときは相手との交渉や賠償は基本的に保険会社が行ってくれます。

しかし、「自分:相手=0:10」つまり相手が100%悪い事故の場合、保険会社は相手との交渉を行ってくれません。

自分が被害にあって、相手が無保険だった場合、十分な補償が受けれらないこともあります。
そういった場合には損害賠償請求を行わないといけません。

繰り返しになりますが、こういった損害賠償請求は保険会社にはできないので、弁護士に依頼するしかないのです。

このとき、もし弁護士費用特約に加入していないとどうなるでしょうか?
当然、弁護士にかかるお金は自腹で負担しなければいけません。

自分に過失があっても弁護士費用特約は使える!

被害者になったときに必要性を痛感する弁護士費用特約ですが、じつは加害者になったときでも使うことができます。

たとえば「自分:相手=5:5」つまり過失割合が半々のときであっても使えるということです。

過失割合に応じた保険金が相手から支払われても、納得がいかないことってありますよね。
そんなときは弁護士に依頼してさらなる賠償金を請求できるわけです。

そのときに必要な費用も、弁護士費用特約でまかなうことができます。

弁護士費用特約は家族の保険でも使える?

弁護士費用特約は自分が記名被保険者であれば使えるのは当然です。
しかし、じつはそれ以外の場合でも弁護士費用特約を使うことができます。

たとえば自分は弁護士費用特約を付けていないけど、家族の自動車保険に弁護士費用特約をつけている場合です。

弁護士費用特約が適用される人の範囲は以下のとおりです。

  • ・記名被保険者
  • ・記名被保険者の配偶者(妻)
  • ・記名被保険者と配偶者の同居の親族
  • ・記名被保険者と背部右車の別居の未婚の子

これら4つのいずれかの人が弁護士費用特約を付けていれば、適用される範囲内の人であれば特約を使うことができます。
これは大きなメリットで、家族が事故に巻き込まれたときにも使えることになります。

ただし、保険会社によっては適用される人の範囲を限定していることもあるので、事前に確認が必要です。

また「保険を使うと等級が下がるもの」と一般的には考えられていますが、弁護士費用特約は使っても等級は下がりません

ですから「人の保険を使って等級が下がるのは迷惑がかかる…」といった発想は不必要です。
使えるのであれば使うべきなんですね。

弁護士費用特約でいくら補償されるの?

弁護士費用特約が補償してくれる費用について説明していきましょう。
弁護士費用特約の上限は300万円となっています。

保険会社によって異なることもありますが、ほとんどが弁護士費用の実費として300万円を上限に支払いを行っています。

はたして300万円で費用は足りるの?

ベリーベスト法律事務所の試算によれば、よほどの高額賠償にならない限りは300万円の弁護士費用で足りるようです。

弁護士報酬の計算方法については割愛しますが、およそ1671万円までの賠償額であれば300万円の費用でまかなえます。
1671万円を超える損害賠償請求の場合には、300万円を超えた金額が自己負担となります。

弁護士費用特約を付けると保険料はどれくらい上がる?

気になるのが保険料ですが、弁護士費用特約を付けると年間の保険料が1,000〜3,000円ほど高くなります。
なかなか使う機会がない弁護士費用特約ですが、いざ事故を起こしたときに頼りになる特約です。

弁護士費用特約は必要性が高く、メリットが大きい!

ここまで説明したように、弁護士費用特約は適用範囲が広い特約です。
ですから、自分では使わなくても家族が事故を起こしたときにも使える便利な特約といえます。

弁護士費用を自己負担で支払うことを考えると保険料も年間で数千円高くなるとはいえ、十分に加入する価値があります。

デメリットとしては、なかなか使う機会がないということがありますが、それでも加入がオススメです。

自分は悪くないのに、相手が保険金をまったく支払ってくれない。こんなに悔しいことはありません。
泣き寝入りをしないためにも、弁護士費用特約はつけるべき特約といえるでしょう。

保険会社によって弁護士費用特約の充実度が異なりますので、さまざまな自動車保険を比べてみることをオススメします。

まずは気軽に見積もりをとってみましょう。

1番安い保険料を無料で調べてみる

3万円以上安くなる!車の保険を見直そう

私が一括見積りを活用したところ、補償内容はそのままで保険料が78,200円⇒46,600円になり31,600円も自動車保険を節約することができました。

保険見積りの参加保険会社

「とりあえずいまの保険を安くしたい」という方にもオススメです。自動車保険は新しい商品がたくさん出てくるので、毎年見直すことで保険料がかなりお得になることがあります。

「保険スクエアbang!」は最短5分のカンタン入力で複数の保険会社から無料で見積りを出してもらうことができます。あなたにピッタリの保険がきっと見つかりますよ。

車が30万円以上も高く売れた理由とは?

私が乗っていた日産「セレナ」は一括査定を活用したおかげで、最も高い査定と最も低い査定の差額が38万円にもなり、より高く買い取ってもらうことができました。

かんたん車査定ガイド加盟買取店

「とりあえず概算価格だけを知りたい」というときにも便利です。自分の車の相場価格を知っているのといないのでは、下取りや買取のときの見積り額に大きな差が生まれます。タダで手に入る武器を使わない手はないですよね。

かんたん車査定ガイドはわずか1分のかんたん入力で申し込みが完了します。最大10社からまとめて査定してもらえるので愛車の最高額がすぐにわかりますよ。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加