これは断然おトク!自動車保険で自転車事故も補償できるプランとは?

自動車保険で子どもの自転車事故を補償 自動車保険の特約

車を持っている人の多くは自動車保険に加入しています。
しかし自転車はどうでしょうか?きっとほとんどの人が自転車保険には加入していないはずです。

たとえば、子どもの自転車による事故。
子どもはある程度の年齢になると自転車に乗るようになります。
ですから、どうしても自転車でのケガなどを気にしないといけません。

また自分はもちろん、家族が自転車に乗るのであれば事故への備えはしっかりしておく必要があります。

自動車保険はプランを工夫するだけで、自転車の事故をも補償することができます。
今回は自転車事故を補償してくれる自動車保険について解説します。

なぜ、自動車保険で自転車事故が補償されるの?

自動車保険といえば、車の事故を補償するための保険です。
ですから「自動車保険なのに、なぜ自転車の事故も補償されるの?」と思われるかもしれません。

自動車保険で自転車の事故を補償するにはどうすればいいのでしょうか?
じつは、自動車事故を車以外の事故でも適用させるには「特約」が必要です。
つまり自動車保険だけでは自転車事故は補償されないということです。

いま加入している保険、あるいは新たに加入する保険で自転車を補償したければ特約をチェックしてください。

特約と聞くと面倒な印象があるかもしれませんが、決してむずかしくはありません。

自転車事故が補償される特約とは?

自分や家族の自転車事故による賠償金を負担してくれるのが「個人賠償責任特約」という特約です。

個人賠償責任特約とは、いったいどんな特約なのでしょうか?
この個人賠償責任特約をわかりやすくいうと「他人をケガさせてしまった、他人のモノを壊してしまったときの保険」です。

たとえば、子どもが自転車に乗っていて歩行者と衝突し、相手にケガをさせてしまった場合などに使えます。

1つ注意が必要なのは、あくまでも「他人の損害を補償するもの」であること。
つまり、子どもや家族が負ったケガや、自分たちのモノの損壊は補償されません。

自分や家族の自転車でのケガを補償するには、別の補償・特約でカバーする必要があります。

自分や家族のケガは別の保険と特約で備えよう

さて、それでは家族の自転車でのケガを自動車保険で補償する方法を見ていきましょう。

さきほど説明したとおり、子どもが自転車に乗っていて、他人をケガさせてしまったときには、個人賠償責任特約で補償されます。

一方、自転車による子どものケガは以下の2つの保険と特約で備える方法を検討しましょう。

  • ・人身傷害補償保険
  • ・自転車傷害特約

人身傷害補償保険ってなに?

人身傷害補償保険はクルマの事故に使える保険ですが、じつはクルマ以外の事故でも補償を受けることができます。

自転車の運転でケガをしてしまった場合や、子どもが知り合いのクルマに乗っているときに事故で負ったケガも補償されます。

本来は自動車保険にセットする保険ですが、自転車事故まで広くカバーしてくれることに注目です。

自転車傷害特約ってなに?

自転車傷害特約は「自転車事故でケガをして入院したとき、自転車事故で死亡したとき」に補償が受けられます。
注意が必要なのが、自転車傷害特約がカバーする範囲です。

この特約は「入院にならないと使えない」というデメリットがあります。

つまり、単純にケガをしただけの通院費・治療費としては使えないので注意しましょう。

特約ですので、自分でオプションとして自動車保険本体に付ける必要があります。

個人賠償責任特約のメリットとは?

つづいて、個人賠償責任特約の特徴について少しくわしく確認しておきましょう。

個人賠償責任特約は、さきほど説明したとおり「自転車事故において、事故の相手の損害を補償するための特約」です。
繰り返しになりますが、自分や家族の損害は補償されないので注意して下さい。

さて、自転車事故に備える個人賠償責任特約について知っておきたいのは以下のポイントです。

ここでは「おとなの自動車保険」の個人賠償責任特約を例にあげて紹介します。

  • ・対人賠償無制限
  • ・対物賠償無制限
  • ・無保険車傷害無制限
  • ・個人賠償無制限

個人賠償責任特約おとなの自動車保険

出典:おとなの自動車保険公式サイト

自動車保険本体にはもともと対人賠償や対物賠償がセットになっています。

個人賠償責任特約では、自転車事故による損害賠償でも金額無制限で補償を受けることが可能。
自分や家族が自転車事故で万が一、相手を死亡させた場合などのケースでは大変助かると言えるでしょう。

これらの補償が無制限で受けられるのが個人賠償責任特約の最大のメリットです。
また「示談代行サービス」が付いているので、示談交渉も保険会社に依頼することができます。

補償される範囲はどこまで?

  • ・本人
  • ・配偶者
  • ・同居の親族
  • ・別居の未婚の子

基本的には家族が補償される、と考えておいて問題ありません。
「別居の未婚の子」は実家を離れて一人暮らしをしている大学生などが当てはまります。

どんなときに補償される?具体的な事例

個人賠償責任特約で実際に補償される範囲を具体的に見ていきましょう。

  • ・自転車で転倒し、駐車中の他人の車にキズをつけてしまった
  • ・子どもが自転車で他人にぶつかりケガをさせてしまった
  • ・自分の部屋が水漏れをし、階下の部屋に損害を与えてしまった
  • ・子どもがデパートでソフトクリームを商品にこぼしてしまった
  • ・飼い犬が散歩中、他人に噛み付きケガをさせてしまった

あくまでも一例ですが、ザッとあげただけでもこれだけの範囲に適用できます。
子どもが他人をケガさせてしまうことは少なからず発生しますので、備えておくと安心です。

個人賠償責任特約をつけると保険料はどれくらい上がる?

個人賠償責任特約は自動車保険だけでなく、火災保険などに付帯することもできます。

保険会社によりますが自動車保険に付帯するときは、毎月数百円〜数千円程度で付帯することが可能です。
毎月わずかな負担で対人・対物補償が無制限で受けられるわけですから、かなりお得な補償といえます。

見積もりを取るときには特約をセットにすることを忘れないようにしましょう。

子どもの自転車事故を補償するために必要なこと、まとめ

ここまで説明が続きましたので、あらためて特約についておさらいしておきましょう。
自分や家族の自転車事故が起きた場合には、以下の特約でそれぞれ補償を受けることができます。

  • ●個人賠償責任特約
  • 自転車事故で他人のケガ(相手)を補償する
  • ●自転車事故特約
  • 自転車事故で自身のケガ(自分たち)を補償する

自転車に乗る家庭であれば、これら2つの特約は確実に付けておいたほうがいいでしょう。
個人賠償責任特約だけではケガの補償はできないので、自転車事故特約への加入も検討しましょう。

2013年には小学5年生の女の子が歩行者の女性とぶつかり後遺障害を負わせた結果、神戸地裁から9,521万円の賠償金支払い命令が出ています。
これだけの賠償金を負担するには、個人賠償責任特約で備えるしかありません。

ただし、これらの特約は保険会社によっては扱っていないことがあります。
加入したい場合には、複数の保険会社からまとめて見積もりがとって比較をすると効率的です。

まずは気軽に見積もりをとって保険料をチェックしてみましょう。

1番安い保険料を無料で調べてみる

わたしの保険料が3万円以上も安くなった理由

私が一括見積りを活用したところ、補償内容はそのままで保険料が78,200円⇒46,600円になり31,600円も自動車保険を節約することができました。

保険見積りの参加保険会社

「とりあえずいまの保険を安くしたい」という方にもオススメです。自動車保険は新しい商品がたくさん出てくるので、毎年見直すことで保険料がかなりお得になることがあります。

「保険スクエアbang!」は最短5分のカンタン入力で複数の保険会社から無料で見積りを出してもらうことができます。あなたにピッタリの保険がきっと見つかりますよ。

車が30万円以上も高く売れた理由とは?

私が乗っていた日産「セレナ」は一括査定を活用したおかげで、最も高い査定と最も低い査定の差額が38万円にもなり、より高く買い取ってもらうことができました。

かんたん車査定ガイド加盟買取店

「とりあえず概算価格だけを知りたい」というときにも便利です。自分の車の相場価格を知っているのといないのでは、下取りや買取のときの見積り額に大きな差が生まれます。タダで手に入る武器を使わない手はないですよね。

かんたん車査定ガイドはわずか1分のかんたん入力で申し込みが完了します。最大10社からまとめて査定してもらえるので愛車の最高額がすぐにわかりますよ。

自動車保険の特約
シェアする
安くてお得な自動車保険ナビ