相手の保険は関係なし!人身傷害保険はスグに保険金が受け取れる

人身傷害保険は相手の保険は関係なし 人身傷害保険

自動車保険の魅力は、自分では到底払えないようなお金も補償してもらえることです。

特にケガや死亡で多額のお金が必要になったときも、人身傷害保険があれば安心ですね。

ただ気になるのは、事故の後どれくらいのタイイングで保険金が受け取れるか?ということです。

ケガをしているのに相手の保険会社と交渉を待たなければいけないのでしょうか?

人身傷害保険があれば相手の保険は関係なし

まず、人身傷害保険に入ってれば、事故の相手がどうであれ、自分のケガや死亡を補償することができます。

つまり、示談交渉を待つ必要がなく、実際に必要な損害額が人身傷害保険の保険金から支払われます。

ですから、自分でケガの治療費を立て替える必要はなく、「保険金が支払われないから治療が受けられない」ということがほとんどありません。

事故でケガをしたときに使える保険を知っておこう

たとえば事故で相手からケガを負わされた場合で考えてみましょう。

まず、相手の対人賠償保険を使うことができます。そして、自分が加入している人身傷害保険を使うことができます。

  • 相手に過失がある事故でケガをしてしまった…
  • 1. 相手の対人賠償保険で補償してもらう
  • 2. 自分の人身傷害保険で補償する

自分や同乗者がケガをした場合、以上の2つの補償を合わせて使うことになります。

もし相手が無保険車だった場合、自賠責保険から支払われることになります。ただし、自賠責保険の対人賠償はケガの場合だと120万円と上限が決まっているため、十分ではない可能性があります。

その場合、あなたが加入している人身傷害保険でカバーすることになるでしょう。

人身賠償保険がなかったらどうなってしまう?

ポイントとなるのは、さきほど少し触れた「示談交渉」です。

示談交渉とは、お互いの過失割合(どちらに、どのくらいの責任があるか)を決めること。これによって、相手にいくら損害賠償金を払えばいいのかを決定します。

じつは示談交渉はなかなか終わりません。お互いが譲らないことも多く、さらに事故の状況を分析する必要があるからです。

示談交渉が終わらないと、賠償金は支払われません。ですから、あなたがケガで苦しんでいるときにも治療費は支払われないということです。

10万円程度であればまだ立て替えられるでしょうが、100万円や200万円もの治療費が掛かると大変です。

人身傷害保険に加入していないと相手の保険に頼らざるを得なくなり、事故後になかなか補償金が受け取れないので苦しい状態になります。

ですから、相手の保険とは関係なく保険金が受け取れる人身傷害保険に加入しておくべきなのです。

人身傷害保険の最大のメリットは、過失割合に関係なく保険金が受け取れることです。そして、示談交渉に時間がかかったり、相手が無保険だったとしても
安心です。

ただし、総損害額を確定するまでに多少の日数がかかります。

そのため、医師の診断に基づいた入院および通院の日数が5日以上経過した時点で保険金が受け取れる搭乗者傷害保険のほうが支払いまでは早いです。

人身傷害保険を使っても等級は下がらない

自分に責任がある事故ならともかく、相手が100%悪い事故で自分の保険を使うのは納得がいかないですよね。

なぜなら、自動車保険を使うと等級が3つダウンして翌年以降の保険料が高くなってしまうからです。

そういったことがないように、自動車保険には「ノーカウント事故」という仕組みがあります。ノーカウント事故とは、「保険を使っても等級は下がりませんよ」という仕組みのこと。

人身傷害保険はノーカウント事故に含まれているため、使ったとしても等級が下がる心配がありません。これならケガをしたときも心置きなく保険を使って治療費を受けとることができます。

人身傷害保険で保険金を受け取っても等級は下がらない?

人身傷害保険をセットすると保険料はどれくらい高くなる?

もしこれから自動車保険を選ぼうと思っているなら、ぜひ人身傷害保険はセットするようにしてください。

とはいえ、気になるのは保険料ですよね。補償が充実する分、保険料がアップするのは避けられません。

人身傷害保険をセットすると、保険料はどれくらい変わるのでしょうか?

保険に加入する人の年齢などの条件によって異なりますが、3,000円〜1万円程度の保険料がアップとなることが多いです。

ただし、自動車保険のなかには人身傷害保険を自動セット(なしにできない)タイプもあります。そのため、人身傷害保険のあり・なしで比較ができないこともあるので注意しましょう。

とはいえ、人身賠償保険はさきほど説明したとおり加入したほうが良い補償です。

保険料が高くなるのがイヤな人は、保険会社を比較して保険料がお得な自動車保険を選ぶといいでしょう。

無料の一括見積を使えば、人身傷害保険が付いたプランをカンタンに比較できるのでおすすめです。

1番安い保険料を無料で調べてみる

わたしの保険料が3万円以上も安くなった理由

私が一括見積りを活用したところ、補償内容はそのままで保険料が78,200円⇒46,600円になり31,600円も自動車保険を節約することができました。

保険見積りの参加保険会社

「とりあえずいまの保険を安くしたい」という方にもオススメです。自動車保険は新しい商品がたくさん出てくるので、毎年見直すことで保険料がかなりお得になることがあります。

「保険スクエアbang!」は最短5分のカンタン入力で複数の保険会社から無料で見積りを出してもらうことができます。あなたにピッタリの保険がきっと見つかりますよ。

車が30万円以上も高く売れた理由とは?

私が乗っていた日産「セレナ」は一括査定を活用したおかげで、最も高い査定と最も低い査定の差額が38万円にもなり、より高く買い取ってもらうことができました。

かんたん車査定ガイド加盟買取店

「とりあえず概算価格だけを知りたい」というときにも便利です。自分の車の相場価格を知っているのといないのでは、下取りや買取のときの見積り額に大きな差が生まれます。タダで手に入る武器を使わない手はないですよね。

かんたん車査定ガイドはわずか1分のかんたん入力で申し込みが完了します。最大10社からまとめて査定してもらえるので愛車の最高額がすぐにわかりますよ。

人身傷害保険
シェアする
安くてお得な自動車保険ナビ