人身傷害保険って必要?加入しないとどうなる?

人身傷害保険は必要? 人身傷害保険

車の事故で特に恐いのが、乗っている人のケガや死亡です。

どんなに安全運転をしていても、事故はいつ起こるかわかりません。その「まさか」に備えるのが自動車保険です。

対人賠償保険や対物賠償保険は大切ですが、自分たちの補償をしてくれるのが人身傷害保険です。

人身傷害保険って本当に必要なの?加入しないとどうなっちゃうの?今日はそんな疑問にわかりやすく応えたいと思います。

そもそも人身傷害保険ってなに?

人身傷害保険に必要性を知るには、まずその意味や仕組みについて知る必要があります。

人身傷害保険とは、わかりやすくいえば「自分の車に乗っている人を補償するための保険」です。

自分の車に乗っている人が事故でケガをしたり障害を負ったり、最悪の場合死亡したときでも、人身傷害保険に入っていれば補償を受けられます。

具体的には以下のとおりです。

  • ・ケガの治療費
  • ・休業による損害
  • ・精神的損害
  • ・事故がなければ将来得られた利益

このように、人身傷害保険はケガの治療費だけでなく、そのケガによって収入が得られなくなった分の損害、さらには将来的な利益まで広く補償することができます。

かなり補償範囲が広いため、自分たちのケガなどを補償するためには人身傷害保険が必要だということです。

人身傷害保険がわかりづいい理由

自動車保険は仕組みが理解しづらいと言われるのは、「誰が、いくらまで補償してもらえるのか?」というのがわかりにくいからです。

つまり、補償される人や補償される金額について知ることができれば、人身傷害保険については理解できたも同然なのです。

そこで、まずは以下の2つについて解説したいと思います。

  • ・人身傷害保険の範囲
  • ・人身傷害保険の金額

人身傷害保険で補償される範囲は?

まずは補償範囲についてです。人身傷害保険で補償されるのは、以下の範囲となります。

  • ・自分(被保険者)
  • ・同じ車に乗っている人

非常にシンプルでわかりやすいと思います。車に同乗している人は、すべて補償されます。

注意したいのは、事故の相手や歩行者は人身傷害保険では補償されないということです。事故の相手を補償するのは対人賠償保険や対物賠償保険です。

人身傷害保険に入っていないと、ケガや死亡時の補償は受けられずません。いくら貯金がたくさんある人でも、自分や家族が万が一のことになったらお金が足りないことも考えられます。

ですから、最低金額でもいいので人身傷害保険には加入しておいたほうがいいでしょう。特に子どもがいる家庭では必須と考えるべきです。

ただし、生命保険と人身傷害保険が重複する部分はあります。死亡・後遺障害は生命保険など他の保険で対応し、自動車事故によるケガは人身傷害保険で対応するという使い分けをして、自動車保険の保険料を安く抑えるという選択肢もあります。

人身傷害保険で支払われる金額は?

次は補償金額です。人身傷害保険で支払われる保険金額は保険会社によって異なります。

基本的には各家庭や個人によって必要となる補償がちがうはずなので、自分にあった保険金額を自分で決める仕組みとなっています。

たとえばソニー損保では人身傷害保険の保険金額を以下のように決めることができます。

  • ・3000万~2億円までの間が1000万円刻み
  • ・それ以上は無制限

保険金額というのは、あくまでも「支払われる最高額」のことです。保険金額を1億円に設定しても、事故で受けた損害額が5,000万円だったら5,000万円までしか支払われれません。

反対に保険金額を5,000万円に設定していて、事故で1億円の損害を受けても5,000万円しか支払われません。

人身傷害保険は、実際に受けた損害額を上限に保険金が支払われるということです。

どのくらいの保険金額が必要?目安はいくら?

保険会社によって選べる保険金額がちがいますが、基本的な仕組みは一緒です。

大切なことは、あなたや家族の年齢、そして収入はどれくらいなのか?ということです。それによって選ぶべき保険金額は決まってきます。

おとなの自動車保険公式サイトには、損害額の目安が掲載されています。

損害額の目安

扶養家族の有無、年齢によって実際に受ける損害額がちがうことがわかります。このような例を参考にして、保険金額を決める必要があるでしょう。

ムダに高ければいいというわけではありません。なぜなら、保険金額が大きいとそのぶん支払う保険料が高くなるからです。

ちなみに、ソニー損保は5,000万円、おとなの自動車保険は3,000万円を保険金額に設定する人が多いようです。

人身傷害保険が必要と言われる最大の理由は?

人身傷害保険は、その特徴がいくつかあります。なぜそこまで必要性が高いのでしょうか?理由は大きく分けて2つです。

  • ・過失割合に関係なく補償が受けられる
  • ・示談を待たずに保険金が受け取れる
  • ・事故の相手が無保険車でも保険金が受け取れる

過失割合に関係なく補償が受けられる

過失割合とは、事故の原因がどちらにあるのかを示したものです。たとえばあなたが後ろから追突された場合、ほとんどの場合は「0対10」となります。

なかには、交差点の右折などの事故でどちらに非があるのかわかりづらいケースもあり、「6対4」「5対4」ということもあります。

つまり、過失割合によって、損害賠償の金額を誰がどれくらい負担するのか決まってくるのです。

あなたに過失割合があってもなくても、人身傷害保険は実際に受けた損害分の補償を受けることができます。

たとえ、前方不注意で前の車に追突した「10対0」であなたに責任がある事故でムチウチになっても、人身傷害保険は損害分を全額払ってくれます。

示談を待たずに保険金が受け取れる

問題なのは、過失割合が決定するまでに時間がかかるということです。事故の原因を検証して、保険会社同士が話し合って…という手続きがあるため、どうしても解決までに時間がかかります。

そのぶん、過失割合が決まらないことには相手から受けられる補償(賠償金)も決まりません。つまり、事故の損害がなかなか補償されない状態となってしまいます。

そこで必要になるのが人身傷害保険です。人身傷害保険は、過失割合に関係なく保険金が支払われるので、あなたの損害額(ケガや休業補償など)が決まり次第、すぐに保険金を受けとることができます

事故の相手が無保険車でも保険金が受け取れる

事故の相手が無保険車(自動車保険に加入していない)だと、大変です。

仮にあなたが大怪我を負ったとしても、相手から賠償金が支払われないことがあるからです。

しかし、そんなときでも人身傷害保険があれば補償金を受けとることができます。

人身傷害保険を選ぶときの注意点とは?

人身傷害保険は必要な補償であることがおわかりいただけたでしょうか。

選ぶときのポイントは以下の3点です。

  • ・自分に必要な保険金額を決める
  • ・生命保険との重複に気をつける
  • ・自動車保険の保険会社を比較する

自分に必要な保険金額を決める

さきほど説明したように、人身傷害保険の保険金額を高く設定すると、そのぶん支払う保険料が高くなります。

ですから、ムダな保険金額は設定せずに、必要最小限の保険金額を選びましょう。

基本的には3,000〜5,000万円で問題ありませんが、万が一に備えたい人や、収入が多い人はもう少し多くてもいいでしょう。

生命保険との重複に気をつける

生命保険に加入している人は、人身傷害保険と補償が重なることがあります。

もしこれから自動車保険を選ぶのであれば、あらかじめ生命保険のプラン内容もチェックしておきましょう。

もし重複して保険料にムダがありそうなら、人身傷害保険の保険金額を下げるなどして、保険料を抑えるようにするべきです。

自動車保険の保険会社を比較する

保険料を安くしたい人は、人身傷害保険を選ぶときにも保険会社をくらべる必要があります。

なぜなら、同じ3,000万円の補償でも、保険会社ごとに保険料がちがうからです。

なるべく安い保険料で人身傷害保険を充実させるためにも、必ず保険会社を比較するようにしてください。

1番安い保険料を無料で調べてみる

わたしの保険料が3万円以上も安くなった理由

私が一括見積りを活用したところ、補償内容はそのままで保険料が78,200円⇒46,600円になり31,600円も自動車保険を節約することができました。

保険見積りの参加保険会社

「とりあえずいまの保険を安くしたい」という方にもオススメです。自動車保険は新しい商品がたくさん出てくるので、毎年見直すことで保険料がかなりお得になることがあります。

「保険スクエアbang!」は最短5分のカンタン入力で複数の保険会社から無料で見積りを出してもらうことができます。あなたにピッタリの保険がきっと見つかりますよ。

車が30万円以上も高く売れた理由とは?

私が乗っていた日産「セレナ」は一括査定を活用したおかげで、最も高い査定と最も低い査定の差額が38万円にもなり、より高く買い取ってもらうことができました。

かんたん車査定ガイド加盟買取店

「とりあえず概算価格だけを知りたい」というときにも便利です。自分の車の相場価格を知っているのといないのでは、下取りや買取のときの見積り額に大きな差が生まれます。タダで手に入る武器を使わない手はないですよね。

かんたん車査定ガイドはわずか1分のかんたん入力で申し込みが完了します。最大10社からまとめて査定してもらえるので愛車の最高額がすぐにわかりますよ。

人身傷害保険
シェアする
安くてお得な自動車保険ナビ