人身傷害保険で保険金を受け取っても等級は下がらない?

人身傷害保険と等級の関係 人身傷害保険

事故が起きてケガをすると治療費が必要になります。
ケガや死亡、あるいは後遺障害などが起きたときに使えるのが人身傷害保険です。

人身傷害保険は、同じ車に乗っている人すべてを補償してくれる心強い保険ですが、気になるのは保険金の受け取りです。

はたして、人身傷害保険を使っても等級が下がることはないのでしょうか?

人身傷害保険を使うと等級はどうなる?

結論からいうと、人身傷害保険を使って保険金を受け取っても、等級には影響ありません。

たとえば交通事故で骨折してしまい、治療費が必要になったので人身傷害保険を使うケースなどがあります。このような場合に人身傷害保険を使って治療費を受け取っても、等級はダウンしないということです。

なぜなら、人身傷害保険が必要になる事故は、ノーカウント事故と呼ばれ等級の対象にならないから。

そのため、もし自分や家族、あるいは同乗者がケガをした場合には等級を気にすることなく保険を使うようにしましょう。

そもそも等級ってなに?

自動車保険の等級とは、わかりやすく言えば「保険を使うことなく、安全に運転する人の保険料を安くする」という仕組みです。

反対にいえば「事故をたくさん起こして保険を使う人の保険料は高くする」という仕組みでもあります。

保険会社としては、危険な運転ばかりして事故をたくさん起こして保険をたくさん使う人を良く思いません。なぜなら、保険会社としては負担が増えてしまうからです。

保険をたくさん使う人には、それなりにたくさん保険料を払ってもらわないと、保険が成り立ちませんよね。

ですから、その度合を等級によって表しているわけです。

基本的に自動車保険を使うと翌年の自動車保険料が高くなります。その理由は、等級が下がってしまうからです。

一方、安全運転を続けていて保険を使わない人は、保険の更新ごとに等級が1ランクずつアップします。

等級は高ければ高いほど保険料が安くなります。「なるべく保険は使わないほうが良い」と言われるのは、そのためです。

なぜ人身傷害保険はノーカウント事故なのか?

さきほど説明したとおり、人身傷害保険を使っても保険料は高くなりません。その理由は、人身傷害保険の特徴にあります。

人身傷害保険は、あなたに過失があっても、なくても保険金を受けとることができます。ですから、たとえば相手の車がうしろから突っ込んできてムチウチになってしまったときでも使えるわけです。

もし人身傷害保険を使って等級がダウン(保険料がアップ)してしまったら、どうでしょうか?自分は安全運転をしているのに、納得がいかないですよね。

ですから、人身傷害保険については公平性を保つためにもノーカウント事故となるわけです。

人身傷害保険を使っても等級に影響があるケースとは?

ただし、すべてのケースで人身傷害保険の等級に影響がないわけではありません。

わかりやすくいえば、人身傷害保険を使うことで等級がダウンしてしまうケースがあるということです。

たとえば、あなたの不注意で前の車に追突してしまい、足を骨折したとしましょう。そのとき、自分の治療費は人身傷害保険を使います。

相手のケガや車の補償はどうするのでしょうか?相手の補償は、対人賠償保険と対物賠償保険を使います。

ポイントとなるのは、対人・対物賠償保険を使うと等級がダウンするということです。

つまり、人身傷害保険を単独で使う分には等級に影響がありませんが、他の「カウント事故(等級が下がる事故)」と組み合わさると、等級に影響するということです。

  • 【事故で人身傷害保険だけを使った】
  • 等級に影響なし(翌年度は1等級アップ)
  • 【事故で人身傷害保険と対人・対物賠償を使った】
  • 等級に影響あり(翌年度は3等級ダウン)

意外と多い「ノーカウント事故」

ちなみに、保険会社によって「ノーカウント事故」についての取り決めはちがっていますので、加入している自動車保険のプランを確認する必要があります。

ここでは一例として、セゾンおとなの自動車保険のノーカウント事故をご紹介します。

  • ・車両保険の応急処置費用、運搬費用または引取費用の各費用保険金
  • 人身傷害保険
  • ・人身車外補償特約
  • ・人身家族おもいやり特約
  • ・ファミリーバイク特約(人身)
  • ・ファミリーバイク特約(自損)
  • ・搭乗者傷害特約(死亡・後遺障害・入通院一時金補償型)
  • ・搭乗者傷害特約(入通院一時金補償型)
  • ・弁護士費用特約
  • ・個人賠償責任特約
  • ・無保険車傷害特約
  • ・ロードアシスタンス特約
  • ・事故時代車費用特約
  • ・自転車傷害特約
  • ・車両無過失事故に関する特約により無事故として取扱う事故

人身傷害保険以外にも、ノーカウント事故となる補償や特約はいくつもあります。

「等級が下がるから保険を使わないほうがいいかな?」と迷うことがあったら、このようなノーカウント事故を確認してみるといいでしょう。

人身傷害保険はどんなときに使える保険なの?

人身傷害保険が使える範囲は幅広いのが特徴です。加入者も多いので、これから自動車保険を選ぶ人はセットしておくことをおすすめします。

人身傷害保険のおもな補償範囲は以下のとおりです。

  • ・ケガの治療費
  • ・休業による損害
  • ・精神的損害
  • ・事故がなければ将来得られた利益
  • ・後遺障害、死亡時の賠償金

特に子どもがいる家庭や仕事をバリバリやっている人は、人身傷害保険は必須です。

保険を選ぶときには、人身傷害保険をセットしても保険料が安いプランを選ぶようにしましょう。

1番安い保険料を無料で調べてみる

わたしの保険料が3万円以上も安くなった理由

私が一括見積りを活用したところ、補償内容はそのままで保険料が78,200円⇒46,600円になり31,600円も自動車保険を節約することができました。

保険見積りの参加保険会社

「とりあえずいまの保険を安くしたい」という方にもオススメです。自動車保険は新しい商品がたくさん出てくるので、毎年見直すことで保険料がかなりお得になることがあります。

「保険スクエアbang!」は最短5分のカンタン入力で複数の保険会社から無料で見積りを出してもらうことができます。あなたにピッタリの保険がきっと見つかりますよ。

車が30万円以上も高く売れた理由とは?

私が乗っていた日産「セレナ」は一括査定を活用したおかげで、最も高い査定と最も低い査定の差額が38万円にもなり、より高く買い取ってもらうことができました。

かんたん車査定ガイド加盟買取店

「とりあえず概算価格だけを知りたい」というときにも便利です。自分の車の相場価格を知っているのといないのでは、下取りや買取のときの見積り額に大きな差が生まれます。タダで手に入る武器を使わない手はないですよね。

かんたん車査定ガイドはわずか1分のかんたん入力で申し込みが完了します。最大10社からまとめて査定してもらえるので愛車の最高額がすぐにわかりますよ。

人身傷害保険
シェアする
安くてお得な自動車保険ナビ