好意同乗だと自動車保険(損害賠償)は減額になるの?

好意同乗による減額 損害賠償

好意同乗という言葉はふだんあまり使われることがありません。
わかりやすく言えば、知り合いに乗せてもらうことを指します。

車は便利な乗り物ですが、時として人生を狂わせることもあります。
特に事故を起こして損害賠償問題になると、解決するまでの精神的・金銭的負担は大きいものです。

今回は好意同乗の場合の損害額について、減額になるのかについてチェック。
また、自動車保険はどのように利用することができるのかについて、わかりやすく解説します。

そもそも好意同乗の意味とは?

「好意同乗」とは、いわゆる同乗のこと、家族や友人に車に無料で乗せてもらうことをいいます。
ですから、タクシーやバスはに乗ることは好意同乗とは言いません。

問題になるのは、自分が好意同乗で車に乗せてもらっている時に、運転者が単独で事故を起こしたときです。
もしその事故で自分がケガを負ってしまった場合、運転者に治療費などの損害賠償を請求できるのでしょうか?

基本的には自動車保険でカバーしてもらう

運転者が人身傷害保険や搭乗者傷害保険にきちんと加入していれば、好意同乗した自分自身に対して保険金を支払ってもらうことができます。

人身傷害保険や搭乗者傷害保険について、くわしくは「人身傷害保険と搭乗者傷害保険のちがいとは?」をご覧ください。

ですから、運転者に損害賠償を請求するのではなく、乗っている車が加入している自動車保険によって損害を補償してもらうのが一般的です。

ただし、保険に加入していたとしても、保険会社が「好意同乗した人に損害賠償金は支払わない」と言ってくることがあります。
この場合には、保険会社を相手方とする損害賠償請求を起こすことも視野に入れなければいけません。

損害保険会社としては少しでも保険金を払いたくないと考えています。
ですから、好意同乗車への保険金支払いを渋る可能性があるわけです。

問題は自動車保険に未加入の場合

好意同乗で問題となるのは、乗った車が自動車保険に加入していなかったときです。
あるいは保険会社が好意同乗者に保険金を支払わないときにも問題となります。

この場合、ケガをした人は運転者(あるいは保険会社)に対して金銭的な支払いを求めるか、それに応じなければ損害賠償請求を起こすことになります。

自動車保険の任意保険は加入が自由ですから、運転する人が加入していなくても問題はありません。
しかし、過失によってケガを負わせてしまったわけですから、損害賠償義務はあると考えるべきでしょう。

よって、好意同乗をした人が運転者に賠償金を請求するのは当然の流れともいえます。

好意同乗は賠償額が減額されることがある

好意同乗した人は、裁判などを起こして損害賠償を請求しなければいけない可能性があります。
しかし、じつは好意同乗というだけで、つまり車に乗せてもらっていただけなのに、損害賠償額が減額されることがあります。

乗っていた人としては「なんで乗せてもらっていたのに減額になるの?」と思うでしょう。

なぜそのような、一見すると理不尽なことが起きるのでしょうか?
その理由は昔の裁判の判例によるものが多いと言われています。

裁判の判決というのは、昔に起きた似たような事例をもとに判決が下されることが多くあります。
いわゆる判例主義というものです。

夜中のドライブで事故にあってしまった

過去には、好意同乗による損害賠償額の減額が行われた判例があります。
要するに、好意同乗した人が満足の行く賠償金を受け取れなかったということです。

その1つの事例として、以下のようなケースがあります。

東京地裁昭和44年9月17日判決では、被害者の女性は、夜間の長距離ドライブを行う車両に自ら進んで同乗したことに危険の素因があり、無償で乗せてもらっていたのだから倫理的な素因もあるとして、30パーセントの減額がなされました(弁護士法人クラフトマン公式サイトより引用)

つまり、夜中のドライブにノリノリで乗せてもらった好意同乗者に倫理的な問題がある、という理由です。

もちろん、運転中にいたずらをするような行為があれば話は別ですが、単純に乗せてもらっただけなのに、裁判では減額の判決が実際に出ているのです。

最近の裁判では変化も見られる

もし自分が好意同乗で事故にあい、損害賠償額を減額されたら到底納得がいかないでしょう。
一般的な考え方からしても、かけ離れていると言わざるを得ません。

そのため、最近の損害賠償請求では裁判側も理解を示し、徐々に好意同乗による減額がなくなってきているようです。

とはいえ、減額されるケースが完全になくなったわけではありません。
減額される場合にはいくつかの条件があるようですが、いくつか例を挙げてみましょう。

  • ・乗車定員を超える好意同乗があった
  • ・運転者が飲酒運転であることを知っていた
  • ・運転者が夜中で睡魔に襲われているのに、運転を代わろうとしない

運転者だけを責めることができない場合には、好意同乗した人に対して減額が行われる可能性があるということです。

このように、たまたま乗せてもらっただけなのに、損害賠償が十分に受け取れないケースは実際に発生します。

こういった事態に巻き込まれないためにも、自分はもちろん、周囲の人も含めて自動車保険の加入は必須といえるでしょう。

好意同乗は自分が被害者になることもあれば、相手に損害を与えてしまうことがあります。
もし任意保険に加入していないのであれば、早いうちに加入することをオススメします。

まずは気軽に見積もりをとって自動車保険をくらべてみましょう。

1番安い保険料を無料で調べてみる

わたしの保険料が3万円以上も安くなった理由

私が一括見積りを活用したところ、補償内容はそのままで保険料が78,200円⇒46,600円になり31,600円も自動車保険を節約することができました。

保険見積りの参加保険会社

「とりあえずいまの保険を安くしたい」という方にもオススメです。自動車保険は新しい商品がたくさん出てくるので、毎年見直すことで保険料がかなりお得になることがあります。

「保険スクエアbang!」は最短5分のカンタン入力で複数の保険会社から無料で見積りを出してもらうことができます。あなたにピッタリの保険がきっと見つかりますよ。

車が30万円以上も高く売れた理由とは?

私が乗っていた日産「セレナ」は一括査定を活用したおかげで、最も高い査定と最も低い査定の差額が38万円にもなり、より高く買い取ってもらうことができました。

かんたん車査定ガイド加盟買取店

「とりあえず概算価格だけを知りたい」というときにも便利です。自分の車の相場価格を知っているのといないのでは、下取りや買取のときの見積り額に大きな差が生まれます。タダで手に入る武器を使わない手はないですよね。

かんたん車査定ガイドはわずか1分のかんたん入力で申し込みが完了します。最大10社からまとめて査定してもらえるので愛車の最高額がすぐにわかりますよ。

損害賠償自動車保険の基礎知識
シェアする
安くてお得な自動車保険ナビ