保険料が安くなる!家族限定特約の範囲とは?

運転者家族限定特約の範囲と解除

運転者家族限定特約。これは保険料を安くしたい人にとって欠かせない特約です。

自動車保険にはさまざまな仕組みがあります。
きちんと保険に入っていたつもりが事故を起こしたあとに確認してみると、補償の対象外だった…。

そういった事態にならないためには保険で補償してもらえる範囲をしっかりと把握しておく必要があります。

今回は運転者家族限定特約の範囲、そしてそれを解除する方法について解説します。

そもそも運転者家族限定特約とは?

そもそも運転者家族限定特約とはなにかを改めて確認しましょう。長い名称で一見わかりづらいですが、その意味はシンプルです。

運転者家族限定特約とは、「自動車保険で補償される範囲を家族だけに限定すること」をいいます。

補償されるのは自分の家族だけ

この特約を付けていると、家族以外の第三者、つまり他人が車を運転して事故を起こしても、保険金は支払われません。ですから、家族だけしか補償されないということです。

たとえば、車を友達に貸しているときに起きた事故などは、運転者家族限定特約が付いている場合は補償されません。

補償範囲をせまくすると、保険料が安くなる

家族限定特約は、補償の範囲が狭くなるので、その分だけ保険料が安くなっています

誰でも運転できる車のほうが事故のリスクが高くなりますよね。補償範囲が家族だけになると、運転する機会が減るため事故を起こす可能性が低くなります。

保険会社は、事故が起きる可能性が低い人に対しては保険料を安くしてくれるわけですね。

要注意!家族でも補償の対象外になることがある

運転者家族限定特約は、文字だけを見ると「家族全員」という印象を受けます。

しかし、実際には家族とひとくちに言っても、家族限定特約には細かい決まりがあります。

「家族ならみんな補償してもらえるから安心!」

と思って、事故を起こしてみたら補償が受けられなかった。そんなことが起こる可能性もあるのですね。

たとえば、補償が受けられないケースとして、こんな例があります。

  • ・実家の車を運転して起きた事故
  • ・同居していない家族による事故

実家の両親の車を息子が運転して事故を起こしてしまった!

夏休みに実家の両親のもとへ、妻と一緒に電車で帰省した夫のAさん。
家に着くと、母親から「食材が足りないから車で買い物をしてきて欲しい」との依頼。

父親は外出していたので、夫であるAさんは父親の車でスーパーに向かいます。

その道の途中、交差点で右折した時に対向車と激突…。Aさんの運転する車と、相手の車がそれぞれ大きく凹んでしまいました。

すぐに警察を呼び、父親に連絡をして自動車保険について確認すると「家族限定特約に加入している」と言っています。

「そうか、それなら自分が事故を起こしても大丈夫だな」

Aさんはすぐに保険会社に電話で相談。保険で修理費用を負担しようと考えました。

さて、このケースでは補償の対象になるのでしょうか?

家族であっても同居でなければ補償対象外

さて上記のケースですが、車を修理するための保険金は支払われるのでしょうか?

結論から言うと、今回のケースは補償の対象外となり、保険金は支払われません。どうして支払われないのでしょうか?

その理由はAさんが家族限定特約がカバーする補償の範囲に入っていないからです。

家族限定特約がカバーする「家族」とは以下のことをいいます。

  • 1. 記名被保険者(メインで運転する人)
  • 2. 記名被保険者の妻(夫)
  • 3. 「1」「2」と一緒に住む親族
  • 4. 「1」「2」と別居の未婚の子ども(婚姻歴もない)

さきほどのケースではこれらの条件を満たしていません(Aさんは別居の子ですが、結婚しています)。

「家族だから補償されると思っていたのに…」

このように【家族限定特約】という言葉を文字通り解釈してしまうと、思わぬ落とし穴があるのです。

ザックリ言えば「別居している未婚の家族のみが補償される」と考えるとわかりやすいかもしれません。

しばらく自動車保険の見直しをしていないのであれば、保険が補償してくれる範囲を確認する必要があります

特に、子どもが一人暮らしをはじめたり、結婚をしたときは要注意です。

家族限定特約で補償できない範囲まで補償してくれる保険プランを検討しましょう。

どんな基準で家族限定特約を選べばいい?

家族限定特約は、補償の範囲が限定されるのでその分だけ保険料が安くなっています。

こうした割引を上手く生かすためにも、その車を「誰が運転するのか?」を明確にしておく必要があります。

  • ・家族以外の第三者が「絶対に運転しない」
  • ⇒家族限定特約
  • ・家族以外の第三者が「運転する可能性がある」
  • ⇒家族限定特約は解除する

車の運転とはいっても、わずか2〜3メートル動かす場合でも油断はできません。
ちょっとした移動であっても、家族以外の第三者の運転であれば保険金は支払われないからです。

ほんの少しでも「家族以外の第三者」が運転する可能性があるのであれば、家族限定特約は解除した方がいいでしょう。

ちなみに家族限定特約をハズして、補償の範囲を広げると保険料が上がります

保険会社によって保険料は異なりますが、たとえば「運転者限定あり・なし」では保険料の差額が1万円を超えることもあります。

つまり、家族限定を解除すると1万円も保険料が上がってしまうということです。

事故への備えですから、仕方ないともいえます。でも、補償範囲を広げて保険料を安く抑えられたらベストですよね。

家族限定を解除しても保険料が高くならない保険は?

家族限定を解除して1万円も保険料が上がってしまうのは、ちょっと避けたいですよね。

どうすれば、家族限定を解除しても保険料を安く抑えることができるのでしょうか?

その方法とはズバリ、インターネットの無料一括見積りで自動車保険をくらべることです。

さきほど説明したとおり、家族限定のある・なしの保険料の差は、保険会社によってちがいます。

つまり、あなたがすべきことは「家族限定を解除しても保険料が上がらない自動車保険」を見つけることです。

もし、家族限定特約を無しにしようと考えているのであれば、保険料が上がるのは避けられません。ですが、自動車保険を比べればその値上がり率を最小限に抑えることができます。

自動車保険は、実際に起きたときに補償が受けられないと加入している意味がありません。ですから、少しくらい保険料が高くてもしっかり選ぶべきです。

できるだけ多くの保険会社に見積りを出してもらい、少しでも保険料を安くできるプランを見つけたいところですね。

まずはインターネットの無料一括比較を使って、自動車保険を比べてみましょう。

1番安い保険料を無料で調べてみる

3万円以上安くなる!車の保険を見直そう

私が一括見積りを活用したところ、補償内容はそのままで保険料が78,200円⇒46,600円になり31,600円も自動車保険を節約することができました。

保険見積りの参加保険会社

「とりあえずいまの保険を安くしたい」という方にもオススメです。自動車保険は新しい商品がたくさん出てくるので、毎年見直すことで保険料がかなりお得になることがあります。

「保険スクエアbang!」は最短5分のカンタン入力で複数の保険会社から無料で見積りを出してもらうことができます。あなたにピッタリの保険がきっと見つかりますよ。

車が30万円以上も高く売れた理由とは?

私が乗っていた日産「セレナ」は一括査定を活用したおかげで、最も高い査定と最も低い査定の差額が38万円にもなり、より高く買い取ってもらうことができました。

かんたん車査定ガイド加盟買取店

「とりあえず概算価格だけを知りたい」というときにも便利です。自分の車の相場価格を知っているのといないのでは、下取りや買取のときの見積り額に大きな差が生まれます。タダで手に入る武器を使わない手はないですよね。

かんたん車査定ガイドはわずか1分のかんたん入力で申し込みが完了します。最大10社からまとめて査定してもらえるので愛車の最高額がすぐにわかりますよ。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加