ランドローバー・ディスカバリーの自動車保険料はいくら?

ディスカバリーの保険料

出典:ランドローバー公式サイト

イギリスのみならず、世界的にも高い支持を受ける4WDがランドローバー「ディスカバリー」です。
本格的なSUVでありながら、その内装は高級感が漂います。

今回はランドローバー・ディスカバリーについて、安全性能と自動車保険の相場を合わせてチェックしていきましょう。

保険料を少しでも安くしたい人は、参考にしてみてください。

ディスカバリーの安全性能は?

自動車保険の保険料は何を基準に決められているのでしょうか?
年齢や補償内容はもちろんですが、じつは車種(あるいは安全装備)によっても上下します。

結論から言うと、ディスカバリーは安全性は高いのですが、保険料は安いとはいえません。
なぜなら車体サイズが大きいために、事故に遭遇するリスクが高いと判断されるからです。

しかし、安全装備の充実度は非常に大きなメリットとなります。

走破性の高さにも定評のあるディスカバリーは、ドアミラーに付いたセンサーが水深をチェックしてくれます。
水深が深すぎるときにはドライバーに警告を発します。

また、運転者の後方の死角にいる車をセンサーで感知。
接触する危険があるときには、ドアミラーで警告を表示してくれます。
センサーは、車をぶつけてしまう可能性を低くしてくれるため、車両保険を使う確率が減るでしょう。

それ以外にも前の車や障害物をチェックしてくれる「フロント・パークディスタンス・コントロール」も装備しています。

ディスカバリーは大きな車ですから運転に習熟している人が多いでしょうが、車庫入れなどは簡単とは言えません。

車の前後の障害物は車をキズつける大きな要因ですから、十分に注意したいですね。

ディスカバリーの安全性能

出典:ランドローバー公式サイト

燃費はJC08モードで7.4km/Lと燃費性能は良くありません。
高級志向のオフロード車として割り切る必要があるでしょう。

ディスカバリーの価格帯はグレードによって分かれます。

  • ・SE 695万円
  • ・HSE 819万円

ディスカバリーの保険料相場はどれくらい?

それではディスカバリーの自動車保険相場について見ていきましょう。

保険料は年齢条件(つまり何歳の人が加入するか)によって、大きく変動します。
そのため年齢条件ごとに保険料をチェックするのが有効です。

今回は年齢条件を30歳以上補償、26歳以上補償に設定。
グレードはディスカバリー「SE」で比較してみます。

ご自身の年齢と車のグレードを照らし合わせながらチェックしてみてください。

ディスカバリー・30歳以上補償の保険料相場

  • ・年齢条件:30歳以上
  • ・等級:20
  • ・年間走行距離:5,000km
  • ・免許証:ゴールド
  • ・対人賠償:無制限
  • ・対物賠償:無制限
  • ・運転者:夫婦限定
  • ・車両保険:あり

これらの条件で見積もりをとると、年間保険料は714,00円となります。
車両料率クラス「5」で計算しているので保険料がやや低くなっていますが、実際にはもう少し高くなると考えられます。

ディスカバリーに限らずSUV全般に言えることですが、車の事故率や修理代が高い傾向にあります。

対人・対物無制限は必須ですから、車両保険をエコノミープランなどにして節約しましょう。

車両保険をなしにすると保険料は約半額になりますので、どうしても節約したい人は検討してみてください。

ディスカバリー・26歳以上補償の保険料相場

  • ・年齢条件:26歳以上
  • ・等級:7
  • ・年間走行距離:3,000km
  • ・免許証:ブルー
  • ・対人賠償:無制限
  • ・対物賠償:無制限
  • ・運転者:本人限定
  • ・車両保険:あり

これらの条件で見積もりをとると、年間保険料は129,100円となります。
等級が低いので、保険料は割高です。

ディスカバリーに乗るのであれば車両保険は欠かせないので、運転者を「本人限定」にして保険料を節約しています。

ディスカバリーは値下がりしにくい魅力がある

ランドローバー・ディスカバリーの魅力は購入してからも値下がりがしにくいことです。
とはいえ、新車の購入価格や維持費はどうしても高くなります。

ですから、車の保険料はできるだけ安いプランに加入しましょう。

保険料を安く抑えるためにできることは、あなたに合った保険会社を選ぶことです。
同じ車種、同じ条件であっても保険会社によって保険料の見積額がちがうことは意外に知られていません。

ディスカバリーの充実した自動車保険を見つけるのであれば、インターネットの一括見積りがベスト。
正確な自動車保険の見積もりは、複数の保険会社からとることをオススメします。

1番安い保険料を無料で調べてみる

3万円以上安くなる!車の保険を見直そう

私が一括見積りを活用したところ、補償内容はそのままで保険料が78,200円⇒46,600円になり31,600円も自動車保険を節約することができました。

保険見積りの参加保険会社

「とりあえずいまの保険を安くしたい」という方にもオススメです。自動車保険は新しい商品がたくさん出てくるので、毎年見直すことで保険料がかなりお得になることがあります。

「保険スクエアbang!」は最短5分のカンタン入力で複数の保険会社から無料で見積りを出してもらうことができます。あなたにピッタリの保険がきっと見つかりますよ。

車が30万円以上も高く売れた理由とは?

私が乗っていた日産「セレナ」は一括査定を活用したおかげで、最も高い査定と最も低い査定の差額が38万円にもなり、より高く買い取ってもらうことができました。

かんたん車査定ガイド加盟買取店

「とりあえず概算価格だけを知りたい」というときにも便利です。自分の車の相場価格を知っているのといないのでは、下取りや買取のときの見積り額に大きな差が生まれます。タダで手に入る武器を使わない手はないですよね。

かんたん車査定ガイドはわずか1分のかんたん入力で申し込みが完了します。最大10社からまとめて査定してもらえるので愛車の最高額がすぐにわかりますよ。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加