子どもが離婚をしても親の自動車保険で補償される?

子どもの離婚と自動車保険

自動車保険は家族が運転していても補償されるのが基本です。
離婚をすると、自動車保険はどのような範囲まで適用されるのでしょうか?

とくに気になるのが離婚によって自動車保険は子どもまでカバーされるのかです。
今回は離婚による自動車保険の適用範囲について解説します。

自動車保険の「家族」の範囲とは?

離婚による子どもの補償について確認するまえに、自動車保険が決める「家族の範囲」について見ておきましょう。

自動車保険に「運転者家族限定特約」を付けている場合に補償されるのは、以下の範囲までです。

  • 1.記名被保険者
  • 2.記名被保険者の配偶者
  • 3. 1と2の同居の親族
  • 4. 1と2の別居の未婚の子

記名被保険者とは「主に車を使用する人」として、契約するときに決めた人です。
一般的な家庭であれば、父親が被保険者となるでしょう。

ですから、わかりやすくいえば運転者家族限定特約は「父、母、子ども」が補償されます。
4の別居の未婚の子は、実家を離れて一人暮らしをしている学生などが当てはまります。

離婚しても子どもが補償されるケース

運転者家族限定特約は、わかりやすくいえば「家族」が補償の範囲になります。

もし子どもが離婚をした場合、同じ家に住んでいれば補償の対象になります。
子どもが離婚をしたあと、そのまま別の家に住んでいる場合には補償の対象外となります。

つまり「離婚をしても同じ家に住んでいる子ども」であれば、両親の保険を適用することができます。

ソニー損保のウェブサイトには以下のようなクイズが掲載されてるので、ご紹介します。

さて、突然ですが、ここでクイズです。
以下の①~⑤のお子さんは「運転者家族限定特約」(*1)における「家族」に該当するでしょうか?
① 婚姻歴はないが、別の家で一人暮らしをしているお子さん
② 結婚して、同じ家に住んでいるお子さん
③ 結婚して、別の家に住んでいるお子さん
④ 離婚して、同じ家に住んでいるお子さん
⑤ 離婚したが、家には戻らず、別の家に住んでいるお子さん
正解は、①②④は「運転者家族限定特約」における「家族」に該当しますが、③⑤は「家族」には該当しません。

子どもが補償されるかは、婚姻歴+同居or別居で決まる

あらためてまとめてみましょう。
もし子どもが離婚したときに、自動車保険の適用範囲が気になったときは以下の2つを確認してください。

  • ・離婚をして、一緒に住んでいるか?
  • ・離婚をして、別の家にすんでいるか

離婚をした場合には、実家の両親と一緒に住んでいれば保険の対象。
離婚をして、別の家に住んでいるなら保険の対象外となります。

ですから、子どもが離婚をして別の家に住んでいるときも保険の対象にしたいのであれば、運転者家族限定特約をハズす必要があります。

ちなみに、離婚をして別居をしていても補償の対象外となるのは「過去に婚姻歴があるから」です。
自動車保険がいう「別居の未婚の子」とは、婚姻歴がないことも含まれているので注意しましょう。

結婚や離婚は自動車保険を見直す機会にもなりますので、しっかりと補償内容をチェックしておきたいですね。

1番安い保険料を無料で調べてみる

3万円以上安くなる!車の保険を見直そう

私が一括見積りを活用したところ、補償内容はそのままで保険料が78,200円⇒46,600円になり31,600円も自動車保険を節約することができました。

保険見積りの参加保険会社

「とりあえずいまの保険を安くしたい」という方にもオススメです。自動車保険は新しい商品がたくさん出てくるので、毎年見直すことで保険料がかなりお得になることがあります。

「保険スクエアbang!」は最短5分のカンタン入力で複数の保険会社から無料で見積りを出してもらうことができます。あなたにピッタリの保険がきっと見つかりますよ。

車が30万円以上も高く売れた理由とは?

私が乗っていた日産「セレナ」は一括査定を活用したおかげで、最も高い査定と最も低い査定の差額が38万円にもなり、より高く買い取ってもらうことができました。

かんたん車査定ガイド加盟買取店

「とりあえず概算価格だけを知りたい」というときにも便利です。自分の車の相場価格を知っているのといないのでは、下取りや買取のときの見積り額に大きな差が生まれます。タダで手に入る武器を使わない手はないですよね。

かんたん車査定ガイドはわずか1分のかんたん入力で申し込みが完了します。最大10社からまとめて査定してもらえるので愛車の最高額がすぐにわかりますよ。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加