おすすめ!キャンピングカーの自動車保険を徹底比較!

キャンピングカーのおすすめ自動車保険

キャンピングカーの自動車保険は、ほかの一般的な車にくらべるとやや仕組みが複雑です。
ですから、保険をえらぶ前にはしっかりと理解しておく必要があります。

おすすめのキャンピングカーの自動車保険と、仕組みについてチェックしておきましょう。
保険ごとのちがいを比較して、あなたにピッタリのプランを見つけてくださいね。

キャンピングカーの保険はかんたんに見つからない?

普通車であれば、インターネットの見積もりを使って簡単に保険をさがすことができます。
しかし、じつはキャンピングカーについては一括見積りができなかったり、電話による問い合わせが必要が場合もあります。

もちろん保険会社によっては通常どおり見積もりを出すことが可能なので一括見積りサイトを活用することは欠かせません。

むしろ、そのほうが効率的にキャンピングカーの自動車保険を見つけることができます。

なぜキャンピングカーの保険は普通車にくらべると見つけにくいのでしょうか?

キャンピングカーは保険料が安く、違法な契約が増えた

自動車保険は「ナンバーの種類」によって保険料が分かれています。
1ナンバー、3ナンバー、5ナンバーなどいくつか種類がありますが、キャンピングカーは3ナンバーにくらべて税金や保険が割安です。
つまり、普通車にくらべて保険料の負担が軽いということ。

じつはこの仕組みを悪用して保険料を安く済ませる事例が多発しました。
3ナンバー車をキャンピングカー仕様に変更して車検を通すという事例です。

このように違法な契約者が増えたため、保険会社としては「キャンピングカーの扱いは手間がかかる」という認識になったと言われています。

普通どおりにキャンピングカーを利用している人にとっては迷惑な話ですが、保険選びは効率的に進めたいところです。

キャンピングカーの保険料はどれくらい?

キャンピングカーの室内

キャンピングカーの自動車保険はいくらお金がかかるのでしょうか?
ここでは注意しておきたい2つのポイントを中心に紹介します。

キャンピングカーは年齢条件が設定できません

保険料は、記名被保険者(おもに運転する人)の年齢によって変わってきます。
若い人ほど保険料は割高になり、年齢を重ねるほど保険料が安くなります。最も安いのは40代です。

ですが、キャンピングカーについては年齢条件が適用されません
そのため、若い人にとっては気になりませんが30歳以上の人にとっては割高になります。
せっかく年齢を重ねても、その恩恵を受けられないわけですからね。

キャンピングカーは車両保険が高くなる

車両保険とは、車がキズ付いたり、盗難されたときに、損害代金を補償するための保険です。
修理にはお金がかかりますから、車両保険に入っておくと安心ですね。

この車両保険の保険料ですが、キャンピングカーは割高です。

なぜでしょうか?その理由は車両価格が高いことにあります。
車両保険は車両価格に応じて保険料が変化するのですが、車両価格が高いと保険料も高くなるのです。

軽自動車と高級車でくらべるとわかりやすいでしょう。
この2つをくらべると、修理にお金がかかるのは高級車です。

このメカニズムがキャンピングカーにも適用されるので、車両保険が高くなってしまうわけですね。

特に、キャンピングカーは車体サイズが大きいですから、事故に遭遇する確率も高くなってしまいます。

車両保険には入りたいけど、保険料が高いから入れない…というジレンマと格闘することになるのです。

保険料を安くするにはどうすればいい?

年齢条件が適用されない、なおかつ車両保険が高い。
この2つの悪条件を考えると、保険の内容によって上手く保険料を安くしたいところです。

まず年齢条件についてはコチラではどうしようもありません。
取れる対策としては、運転者の範囲をせまくして保険料を安くするというものがあります。

たとえば家族限定特約ではなく、本人限定特約などに絞ることで保険料が安くなります。
もし運転者を本人だけにすると、保険を使えるのは1人だけになりますが、保険料割引が適用されておトクです。

車両保険については、補償をフルカバーではなく「車対車+A」にすることで保険料を安くすることが可能です。
車両保険の「一般条件」と「車対車」のちがいとは?

キャンピングカーでも加入できるおすすめの自動車保険は?

さきほど説明したように、保険会社によってはキャンピングカーの加入を制限している場合があります。
ですから、どの保険会社であれば加入できるのかは、それぞれの条件によっても異なります。

キャンピングカーでも加入できる自動車保険を見つける、おすすめの方法は一括見積りです。
これは20社以上の保険会社から、まとめて見積もりを出してもらえる無料サービスのこと。

キャンピングカーでも加入できる保険を簡単に見つけることができますし、さらに保険料を安くすることが可能です。
わざわざ自分で安い自動車保険を探す手間をカットできるので、効率的ですよ。

ご存知の方も多いでしょうが、自動車保険は代理店型よりもインターネット型(ダイレクト型)のほうが割安です。

それだけ人件費がかかっていないということなので、ムダな保険料を支払わずに済みます。

おトクな自動車保険を見つけるためにも、まずは無料一括見積の活用をおすすめします。
気軽に見積もりをチェックしてみましょう。

※ただし、8ナンバーのキャンピングカーは一括見積もりサービスを利用できません。

1番安い保険料を無料で調べてみる

3万円以上安くなる!車の保険を見直そう

私が一括見積りを活用したところ、補償内容はそのままで保険料が78,200円⇒46,600円になり31,600円も自動車保険を節約することができました。

保険見積りの参加保険会社

「とりあえずいまの保険を安くしたい」という方にもオススメです。自動車保険は新しい商品がたくさん出てくるので、毎年見直すことで保険料がかなりお得になることがあります。

「保険スクエアbang!」は最短5分のカンタン入力で複数の保険会社から無料で見積りを出してもらうことができます。あなたにピッタリの保険がきっと見つかりますよ。

車が30万円以上も高く売れた理由とは?

私が乗っていた日産「セレナ」は一括査定を活用したおかげで、最も高い査定と最も低い査定の差額が38万円にもなり、より高く買い取ってもらうことができました。

かんたん車査定ガイド加盟買取店

「とりあえず概算価格だけを知りたい」というときにも便利です。自分の車の相場価格を知っているのといないのでは、下取りや買取のときの見積り額に大きな差が生まれます。タダで手に入る武器を使わない手はないですよね。

かんたん車査定ガイドはわずか1分のかんたん入力で申し込みが完了します。最大10社からまとめて査定してもらえるので愛車の最高額がすぐにわかりますよ。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加