簡単!一番安い自動車保険の見つける方法

一番安い自動車保険

一番安い自動車保険を見つけるには、どうすればいいのでしょうか?

自動車保険を選ぶ基準はいろいろとありますが、やはりこだわりたいのが「保険料」です。
保険はたくさん種類があって、選ぶのがむずかしくもあります。

しかし、条件を「一番安い自動車保険」にすればシンプルに考えられるのではないでしょうか。

もちろん補償内容にもこだわることは大切ですが、保険料の安さも重要です。
安くて充実した自動車保険を見つけるために知っておきたいポイントについて解説します。

一番安いのが通販型(ダイレクト型)とは限らない?

自動車の任意保険には大きく分けて「代理店型」と「通販型」の2種類があります。

代理店型は大手損害保険会社のことで、以下のような会社があります。

通販型とはインターネット経由で申し込む保険のことです。
以下のような保険会社があります。

  • ソニー損保
  • イーデザイン損保
  • SBI損保

代理店型とダイレクト型の保険は、一般的に「通販型のほうが安い」と考えられています。

その理由は人件費をはじめとするコストが安いからです。
無駄な経費がかかっていないので、保険料も安くなると考えられています。

しかし、実際のところ必ずしも通販型が安いとは限りません

なぜでしょうか?
その理由は「通販型はリスク細分型」の仕組みをとっていることが多いからです。

事故のリスクによって保険料が変わる

リスク細分型とは、事故のリスクが高い人は保険料を高く、事故のリスクが低い人は保険料を安くする仕組みです。
わかりやすくいえば「よく事故を起こす人は、保険料をたくさん負担してね」ということです。

ですから、なにも考えずに「通販型が1番安い!」といって比較せずに決めてしまうと、「思ったより高かった…」ということになりかねません。

つまり、どの自動車保険が1番安いかは人それぞれの条件によって変わってくるということなのです。

事故のリスクはどのようにして決まる?

保険料が事故のリスクによって決まるのが「リスク細分型」です。
具体的にはどのようにして保険料が決まるのでしょうか?

もっともわかりやすいのが「年間走行距離」です。
1年間でどれくらいの距離が走ったか、によって保険料は変わります。

たとえば、年間1万km走る車があったとしましょう。
それとは別に、年間1000kmしか走らない車があります。

この2つの車、事故に遭う確率が高いのはどちらでしょうか?

答えは、言うまでもなく「1万km走る車」ですよね。

つまり、リスク細分型はあまり車に乗らない人にオススメできる自動車保険といえます。

一番安い自動車保険を見つける上で、この考え方はとても重要です。
なぜなら、年間走行距離が多い人がリスク細分型の自動車保険に加入すると割高になる可能性が高いからです。

「誰にとっても一番安い自動車保険」というのは存在しません。
あくまでも個々人の条件によって、最安の自動車保険は変わってくるからです。

ですから、まずは「自分が普段どのように車を使っているか?」をよく検討しましょう。
そのうえで、一括見積りを活用して最も安い自動車保険を見つけるのが効率的です。

通販型のサービス品質ってどうなの?

通販型は保険料が安い分、代理店型にくらべるとサービスが良くないと言われています。
その理由は拠点数や従業員数にあると言われますが、本当なのでしょうか?

結論としては、通販型自動車保険の品質は必ずしも低いとは言えません。
選び方によっては、安くて充実した保険を見つけることも可能です。

たとえばロードサービスをくらべてみるとわかります。
以下の表は「無料レッカーサービス」を保険会社ごとに比較したものです。

保険会社無料でレッカー移動できる距離
セゾン自動車火災保険最大約300km相当
チューリッヒ100キロ以内
東京海上日動火災保険15万円相当(約180km)
あいおいニッセイ同和60キロ以内
朝日火災60キロ以内
SBI損保50キロ以内
セコム損保50キロまで
JAF会員は65キロまで
損保ジャパン日本興亜約180km(15万円相当のレッカー費用に対応)
三井ダイレクト損保30キロまで
JAF会員45キロまで
共栄火災50キロ以内
ソニー損保50キロまで
AIU保険会社50キロまで
エース損害保険株式会社50キロまで
イーデザイン損保30キロまで
三井住友海上15キロまで
JAF会員の場合30キロまで
特約により最大で実費15万円の距離まで無料にすることも可能

たとえば、ソニー損保のレッカー移動距離は50kmですが、三井住友海上は15kmです。

セゾン自動車火災保険にいたっては300kmと充実しており、大手の損保ジャパン日本興亜や東京海上日動もさすがといった感じですが、それでも通販型は十分なサービスを提供しています。

ガス欠時の給油サービス」はどうでしょうか?

保険会社ガス欠時の給油サービス
東京海上日動ガス欠時に10Lまで給油(道路上)
電気自動車は充電できる場所まで搬送
三井住友海上ガス欠時に10Lまで給油
チューリッヒガス欠時に10Lまで給油
AIU保険会社ガス欠時に10Lまで給油
SBI損保ガス欠時に10Lまで給油
セゾン自動車火災保険ガス欠時に10Lまで給油
イーデザイン損保ガス欠時に10Lまで給油
アクサダイレクト初年度は実費
契約2年目以降は10Lまで給油
富士火災海上保険ガス欠時に10Lまで給油
ソニー損保初年度は実費
契約2年目以降は10Lまで給油
日新火災一般道は10L実費
高速道路は10L無料
三井ダイレクト損保ガス欠時10L給油
(燃料代は実費)
セコム損保ガス欠時10L給油
(燃料代は実費)

これについては保険会社が10Lでほぼ横一線。
通販型と代理店型については大きな差がないことがわかります。

自動車保険選びでなにと重要視するかによっても変わってきます。
とはいえ、「一番安い保険料」だけを目安にしてしまうと、万が一の時にサービスが不十分なことも。

自動車保険は事故のときに真価を発揮するものです。
保険料だけでなく、補償内容にも十分に気を使いたいですね。

1番安い自動車保険をカンタンに見つける方法とは?

自動車保険はどの補償を組み合わせるかによって保険料が変わってきます。

対人・対物無制限は基本です。
それ以外の人身傷害保険や車両保険については付ける人・付けない人で分かれてきます。

また、それぞれの補償についても保険会社によって保険料に差があります。

1番安い保険、という基準で選ぶのであれば「通販型」に照準をしぼって比べるべきです。

一方で、安いけどサービスへの安心感も欲しいということであれば「代理店型」に照準をしぼりましょう。

どの自動車保険が1番安いかは比較してみないとわかりません。
自分に合った安い保険を見つけるには、複数の保険会社に見積りを出してもらうのが必須といえます。

繰り返しになりますが、どの自動車保険が一番安いかは個々人の条件によって変わってきます。
まずは気軽に見積もりをとって、保険選びをスタートさせましょう。

1番安い保険料を無料で調べてみる

3万円以上安くなる!車の保険を見直そう

私が一括見積りを活用したところ、補償内容はそのままで保険料が78,200円⇒46,600円になり31,600円も自動車保険を節約することができました。

保険見積りの参加保険会社

「とりあえずいまの保険を安くしたい」という方にもオススメです。自動車保険は新しい商品がたくさん出てくるので、毎年見直すことで保険料がかなりお得になることがあります。

「保険スクエアbang!」は最短5分のカンタン入力で複数の保険会社から無料で見積りを出してもらうことができます。あなたにピッタリの保険がきっと見つかりますよ。

車が30万円以上も高く売れた理由とは?

私が乗っていた日産「セレナ」は一括査定を活用したおかげで、最も高い査定と最も低い査定の差額が38万円にもなり、より高く買い取ってもらうことができました。

かんたん車査定ガイド加盟買取店

「とりあえず概算価格だけを知りたい」というときにも便利です。自分の車の相場価格を知っているのといないのでは、下取りや買取のときの見積り額に大きな差が生まれます。タダで手に入る武器を使わない手はないですよね。

かんたん車査定ガイドはわずか1分のかんたん入力で申し込みが完了します。最大10社からまとめて査定してもらえるので愛車の最高額がすぐにわかりますよ。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加