これでわかる!アクサダイレクト自動車保険の評判・口コミ

アクサダイレクトの評判と口コミ

項目内容
会社名アクサダイレクト
所在地東京都台東区寿2-1-13 偕楽ビル
特徴事故時にも担当者が直接訪問するサービス

保険を選ぶときには、なるべく利用者の口コミや評判をチェックしておきたいところ。
みなさんはアクサダイレクトにどんなイメージがありますか?

アクサダイレクトはCMでもよく見かける人気のダイレクト型自動車保険です。

利用者の評判・口コミと、他社とのちがいについて解説していきます。
はたしてアクサダイレクトや契約するに値する自動車保険なのでしょうか?

アクサダイレクトの評判と口コミは?

それでは早速、契約者の評判や口コミをチェックしていきましょう。
実際の声を聞くことで、アクサダイレクトの実態を知ることができます。

  • ・運転者の年齢制限などで保険料がお安くなり、補償もちゃんとしている(50代/女性)
  • ・事故対応が粘り強い。示談が成立しない場合も、弁護士の紹介をしてくれる(30代/女性)
  • ・出かける寸前にバッテリー上がりになったが対応が非常にはやかった(30代/男性)
  • ・あくまでも安心感を得るための保険。補償には期待していない(50代/男性)
  • ・保険金の出し渋りがヒドい。他社へ乗り換えます(30代/女性)
  • ・電話対応が悪く、事故のときには非常に不安だった(60代/男性)

アクサダイレクトは日本有数のお得な自動車保険

アクサダイレクトの最大の特徴は保険料の安さです。
満足度調査では第1位のSBI損保には及ばないものの、毎年いつものように上位にランクインしています。

評判や口コミを見ても、「保険料が安い」という声が多く聞かれます。
ですから、とにかく保険料を安くしたい人にはオススメできる自動車保険です。

保険料は安いけど…補償には不満あり?

一方で、それだけ保険料を安くしていることもあり、人員には不安が残ります。

事故対応だけでなく、ロードサービスについても不評な声があるのが心配なところです。
事故が起きたときは不安なことも多いですから、心配な人は代理店型の自動車保険を検討したほうがいいかもしれません。

保険料が安いのは大きなメリットですから、アクサダイレクトを軸にして他社の自動車保険も比べてみましょう。

アクサダイレクトの基本補償はどんな評判?

アクサダイレクトの補償内容について見ていきましょう。
まずは事故の相手への補償です。

事故を起こして相手に損害が発生すると、高額な賠償金が必要になることもあります。
ですので、対人・対物賠償はケチることなく充実させましょう。

アクサダイレクトの対人・対物賠償は以下のようになっています。

  • ・対人賠償保険(無制限)
  • ・対物賠償保険(1,000万円〜無制限)

内容についてはどちらも他社との大きなちがいはありません。どちらもすべての契約に自動でセットされます。
対物賠償保険については1,000万円・2,000万円・無制限の3つから選択します。

さきほど説明したとおり、対人・対物(とくに対人)事故は賠償金が億単位になることもあります。
そのため、少なくとも対人賠償保険は無制限となっている自動車保険を選ぶべきです。

アクサダイレクトは対人賠償が無制限で自動付帯となりますが、他社では5000万円といったケースもあります。

アクサダイレクトはケガなどの補償は充実してる?

続いてはアクサダイレクトのケガに対する補償を見ていきましょう。

評判や評価はどうなっているでしょうか?
アクサダイレクトのケガの補償は、他社の自動車保険と大きなちがいは見られません。

  • ・人身傷害補償保険
  • ・搭乗者傷害保険
  • ・自損事故保険
  • ・無保険車傷害保険

保険金額については人身傷害補償保険は1,000万円単位で選ぶことができ、1億円以上を希望する場合は無制限を選択することになります。

人身傷害、搭乗者傷害などの保険は、自分が希望しなければプランに組み込む必要がありません。

もし保険料を優先するのであれば、プランから外して「対人賠償と対物賠償のみ」にすることも可能です。

評判はどう?アクサダイレクトの車両保険

自分の車で事故を起こしてしまうと、多額の修理代が必要になることがあります。
この修理代を補償するのが「車両保険」です。

車両保険についても他社とのちがいは見られず、特色はありません。
良くいえばシンプル、悪く言えば平凡です。

アクサダイレクトでは以下の2つのタイプから車両保険を選択します。

  • ・一般車両保険(フルカバー)
  • ・車対車+A(スタンダード)

万全の補償を望むなら「一般車両保険」

手厚い補償を受けたい人は「一般車両保険」を選びましょう。
一般車両保険とは、ほとんどの事故による車の修理代を補償するタイプです。

カバーする範囲が広いメリットがありますが、保険料が高くなるので注意が必要です。

最低限の補償なら「車対車+A」

保険料を節約したい人は「車対車+A」を選ぶことになります。
名前のとおり「車対車」の事故を補償することになるので、単独事故では補償が受けられません。

「保険料を節約したいけど、車両保険にも入りたい」という人におすすめです。

自然災害による損害は特約で備えよう!

アクサダイレクトに限りませんが、自動車保険の車両保険だけでは自然災害に対応できません。

自然災害とは、地震・津波・噴火などがあります。
災害による車の損壊を補償したい場合には【地震・噴火・津波危険「車両全損時一時金」特約】を追加しましょう。

ちなみにこの【地震・噴火・津波危険「車両全損時一時金」特約】はアクサダイレクトが初めて提供した特約です。

いまでは他社の自動車保険でも採用される特約になりましたが、アクサダイレクトの先進性は高く評価されています。

アクサダイレクトの特約にはどんな種類がある?

基本補償でも満足できる人もいますが、なかには「もっと補償を充実させたい!」という人もいます。

そんな人が自由にセットできるのが特約です。

アクサダイレクトでは以下の特約を自由に組み入れることができます。

  • ・弁護士費用等補償特約
  • ・他車運転特約
  • ・ファミリーバイク特約
  • ・アクサ安心プラス

特約については他社と同じようなものが見受けられます。
そのなかで唯一、他社とちがうのが「アクサ安心プラス」です。

アクサ安心プラスってなに?

アクサ安心プラスとは、いわゆる「日常生活に使える保険」のようなもので、車以外で起きた事故でのケガを補償するものです。

かなり細かい項目にまで特約を用意しているのが特徴です。
たとえば、こんな特約があります。

  • ・形成手術費用補償特約
  • ・家事労働費用補償特約

形成手術費用補償特約はわかりやすくいえば「ケガが治ったあとの傷あとを消すための費用」の補償を受けられる特約です。

キズが治ったのに傷あとがついてしまうと、精神的に引きずるものです。
1回の事故につき10万円が支払われるので、気持ちが少しだけラクになります。

家事労働費用補償特約は事故でケガをして家事労働ができないときに補償が受けられる特約です。
いわゆる専業主婦のための特約で、1日あたり5,000円の補償を受けられます。

これらは他社の自動車保険ではあまり見受けられませんので、女性にとっては嬉しい特約といえそうです。

普通の自動車保険を求める人には不要ですが、こだわりたい人には高い評判を得ています。

アクサダイレクトのロードサービスは充実してる?

ロードサービスは事故が起きたとき頼りになります。
アクサダイレクトのロードサービスはどうなっているのでしょうか?

項目内容
拠点数全国9,501ヵ所
修理工場全国約960ヶ所
レッカーサービス最寄りの修理工場まで距離の制限なく無料
修理急行サービス無料(現場における時間制限なし)
自宅急行サービス無料(現場における時間制限なし)
事故時宿泊・運搬サービス無料
ガス欠時補給サービス2年目以降は10Lまでガソリン代無料
事故24時間受け付け
携帯フリーダイヤル
休日事故処理業務

アクサダイレクトは他社とくらべてロードサービスの補償内容は評判が良いです。

レッカーサービスは最寄りの工場まで無料、修理サービスは時間制限なし、というのは他社ではあまり実施していません。

ですから、ロードサービスの充実度を求める人にとってアクサダイレクトはオススメできる自動車保険といえます。

アクサダイレクトの保険料は安い?高い?

アクサダイレクトは冒頭でも説明したとおり、保険料の安さが大きな特徴です。

反対にいえば、それ以外のところで大きな差別化を図れているとはいいのくいのが実情。

割引サービスについても目立ったものがなく、インターネット割引やセカンドカー割引など他社と同じような割引が中心です。

インターネット上の口コミでは「保険金を出し渋り、コストカットを徹底している」という声も聞かれます。

これについてはケース・バイ・ケースでしょうが、こういったコスト意識の高さが安い保険料に反映されているといえます。

アクサダイレクトはSBI損保と同じように、自動車保険をえらぶときの選択肢としては入れるべきです。
ほかの保険と補償内容をよく比べたうえで、自分が納得のいく自動車保険をえらぶようにしましょう。

自動車保険の比較には、無料の一括見積もりサービスがオススメです。
アクサダイレクトを1つの軸にして、他社の保険も比較してみましょう。

1番安い保険料を無料で調べてみる

3万円以上安くなる!車の保険を見直そう

私が一括見積りを活用したところ、補償内容はそのままで保険料が78,200円⇒46,600円になり31,600円も自動車保険を節約することができました。

保険見積りの参加保険会社

「とりあえずいまの保険を安くしたい」という方にもオススメです。自動車保険は新しい商品がたくさん出てくるので、毎年見直すことで保険料がかなりお得になることがあります。

「保険スクエアbang!」は最短5分のカンタン入力で複数の保険会社から無料で見積りを出してもらうことができます。あなたにピッタリの保険がきっと見つかりますよ。

車が30万円以上も高く売れた理由とは?

私が乗っていた日産「セレナ」は一括査定を活用したおかげで、最も高い査定と最も低い査定の差額が38万円にもなり、より高く買い取ってもらうことができました。

かんたん車査定ガイド加盟買取店

「とりあえず概算価格だけを知りたい」というときにも便利です。自分の車の相場価格を知っているのといないのでは、下取りや買取のときの見積り額に大きな差が生まれます。タダで手に入る武器を使わない手はないですよね。

かんたん車査定ガイドはわずか1分のかんたん入力で申し込みが完了します。最大10社からまとめて査定してもらえるので愛車の最高額がすぐにわかりますよ。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加