知らないと損!自動車保険の他車運転特約とは?

他車運転特約の補償範囲

自動車保険の「他車運転特約」とは、どんな補償なのでしょうか?

日常生活はもちろん、旅行などで他の人の車を運転する機会は意外と多いもの。
そんなときに「万が一事故を起こしたら…この車は大丈夫?」と気になりますよね。

そこで知っておきたいのが「他車運転特約」です。
今回は他車運転特約のメリットと補償される範囲について、わかりやすく解説します。

他車運転特約とは?

他車運転特約とはカンタンにいうと「人の車を運転して事故を起こしても、保険金を出しますよ」という特約のことです。

最初に説明したように、人の車を運転する機会は意外と多いものです。
長い時間運転で疲れたときに「ちょっと運転代わってくれない?」と友達に頼む場合などが良い例です。

運転を代わって事故を起こしてしまったときに、持ち主(この場合は友人)にしか保険が適用されないと厄介なことになります。

保険が使えると思って運転していたのに、じつは無保険状態だった…。
運転を代わってあげたのに、補償金を支払うハメになるかもしれません。

そういったことがないように、他車運転特約をつけておくことが大切。
他の人の車で事故を起こしても補償を受けることができるのは、自分の身を守るためにも必要なのです。

他車運転特約で補償される範囲は?

他車運転特約が補償される範囲についてチェックしていきましょう。
少しわかりづらいので、1つずつ整理して説明していきます。

まずは、どんな人が補償の対象になるのか見ておきましょう。

補償の対象になるのはどんな人?

  • 1. 記名被保険者(保険の対象となる本人)
  • 2. 記名被保険者の配偶者
  • 3. 1または2と同居する親族
  • 4. 1または2と別居する未婚の子

「補償の対象になる人」というのは、事故が起きたときに保険金を受け取れる人のことをいいます。

この場合は、他車運転特約を使うことで事故の修理代や治療費を受け取れる人のことです。

1. 記名被保険者

たとえば、自分が記名被保険者としましょう。
友達に車を貸して、その友達が事故で車を壊してしまいました。

そのときに他車運転特約があれば、保険会社から修理費用を補償してもらえます(保険会社で条件は異なる)。

自分ではない他人が自分の車を運転しても補償を受けられるのが「他車運転特約」だからです。

ここまではわかりやすいかと思います。

2. 記名被保険者の配偶者

自分の奥さんも他車運転特約の対象になります。
ですから、奥さんの友達が車で事故を起こしても、補償を受けることができます。

奥さんが契約の主体になっている車を、他人(ここでは奥さんの友人)が運転した場合でも補償が受けられるということです。

1または2と同居する親族

このように書くとわかりづらいかもしれませんね。

同居する親族は、たとえば自分の息子や娘などがわかりやすいでしょうか。
自分の子どもが起こした事故が補償されるのはもちろんです。それに加えて、子どもの友達が起こした事故も補償されます。

自分と一緒に住む親族の知り合いが事故を起こしても、補償が受けられます。

別居する未婚の子、たとえば一人暮らしをする大学生の子なども同様です。

このように、他車運転特約に加入していると補償される範囲がとても広くなります。

他車運転特約が使えないケースは?

他車運転特約は補償範囲が広いですが、補償されないケースにも注意が必要です。
どんなときにこの他車運転特約は使えないのでしょうか?

  • ・仕事中に会社の車で起きた事故
  • ・無断で知り合いに借りた車で起きた事故
  • ・無免許、酒気帯び運転で起きた車

仕事中に会社の車で起きた事故

たとえば会社に勤務している人が、会社の営業車で事故を起こしたときは、自分の他車運転特約を使うことはできません。
当然の話ですが、その場合には会社で入っている自動車保険を使います。

無断で知り合いに借りた車で起きた事故

友人などに勝手に借りた車で事故を起こしても他車運転特約は使えません。
きちんと貸し借りで意思の疎通があったという事実が必要です。
無断で借りた車は他車運転特約の対象外ですので注意しましょう。

無免許、酒気帯び運転で起きた車

お酒を飲んだり、免許がない状態での事故も当然ながら補償の対象外となります。

他車運転特約はどんな種類の保険金が支払われる?

事故を起こしたときの補償といっても、その種類はさまざま。
損害がモノに対してなのか、人に対してなのかによって補償内容が異なるからです。

他車運転特約で支払われる保険金は以下のとおりです。

  • ・対人賠償保険
  • ・対物賠償保険
  • ・自損事故保険
  • ・車両保険

以上の保険が、他車運転特約では補償されます。

対人賠償保険

人に対しての補償をするのが対人賠償保険です。
歩行者や相手の車を運転している人に対して、治療費などを負担するための保険となります。

対物賠償保険

モノに対しての補償をするのが対物賠償保険です。
相手の車や、駐車場の設置物、家の塀などに対して補償金を負担します。

自損事故保険

自分だけ(単独事故)を補償するのが自損事故保険です。
たとえばガードレールに衝突してしまったときに、補償を受けることができます。

車両保険

自分の車の修理代などを補償するのが車両保険です。
他人が運転して、あなたの車を壊したときでも補償を受けることができます。

他車運転特約はどうやって契約すればいい?

多くの自動車保険で他車運転特約は自動付帯となっています。
ですから、基本的には意識して付ける必要はなくなっています。

メリットの多い他車運転特約ですが、なかには不要という人もいるはずです。
もし他車運転特約がいらないのであれば、自動車保険の見直しのときに手続きをしておきましょう。

他車運転特約をハズすことができれば、保険料が安くなります。

複数の保険会社を比較して自分に合った自動車保険を見つけることをオススメします。

まずは気軽に見積もりを出して、保険料をチェックしてみましょう。

1番安い保険料を無料で調べてみる

3万円以上安くなる!車の保険を見直そう

私が一括見積りを活用したところ、補償内容はそのままで保険料が78,200円⇒46,600円になり31,600円も自動車保険を節約することができました。

保険見積りの参加保険会社

「とりあえずいまの保険を安くしたい」という方にもオススメです。自動車保険は新しい商品がたくさん出てくるので、毎年見直すことで保険料がかなりお得になることがあります。

「保険スクエアbang!」は最短5分のカンタン入力で複数の保険会社から無料で見積りを出してもらうことができます。あなたにピッタリの保険がきっと見つかりますよ。

車が30万円以上も高く売れた理由とは?

私が乗っていた日産「セレナ」は一括査定を活用したおかげで、最も高い査定と最も低い査定の差額が38万円にもなり、より高く買い取ってもらうことができました。

かんたん車査定ガイド加盟買取店

「とりあえず概算価格だけを知りたい」というときにも便利です。自分の車の相場価格を知っているのといないのでは、下取りや買取のときの見積り額に大きな差が生まれます。タダで手に入る武器を使わない手はないですよね。

かんたん車査定ガイドはわずか1分のかんたん入力で申し込みが完了します。最大10社からまとめて査定してもらえるので愛車の最高額がすぐにわかりますよ。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加