自動車保険を3年契約するメリット・デメリットとは?

3年契約のメリットとデメリット

3年契約できる自動車保険があるのをご存知でしょうか。

自動車保険の多くは契約から1年で満期をむかえます。
満期日を迎えると、そのまま更新をしたり、他の自動車保険に切り替えるといった選択をとることになります。

しかし、じつは自動車保険には何年間かまとめて契約する保険も存在します。
その多くは3年契約の自動車保険。

自動車保険を3年契約するメリット・デメリットはどんなところにあるのでしょうか?

3年契約のメリットとは?

多くの自動車保険が毎年更新なのに比べて、3年契約は更新までの期間が長くなります。
まずはじめに自動車保険を3年契約するメリットについて見ていきましょう。

  • ・長期契約すると保険料が割引される
  • ・事故を起こしても契約期間は等級が下がらない
  • ・増税などがあっても保険料が変わらない
  • ・クーリングオフの対象になる

3年契約で保険料が割引になる

最もわかりやすいメリットは「保険料が割引になること」です。
自動車保険は多くの人が「1年契約」にしています。

保険会社としては、3年契約にしてもらえると、ある意味「顧客を囲い込む」ことができます。
他の保険に切り替えられる心配がないので、3年契約する人には割引を充実させています。

どんな商品でも、お客さんがまとめ買いすると割引をしますよね。
つまり、たくさん買ってくれればそれだけ利益が上がるわけです。

同じ原理で、自動車保険の「まとめ買い」をすることで保険料が割引になります。

事故を起こしても等級が下がらない

自動車保険には「等級制度」があります。
これはカンタンにいうと「事故がなく、保険を使わない人の保険料を割り引く制度」のことです。

1年間に無事故で保険を使わなければ次の更新時では1等級アップ。
反対に事故を起こして保険を使うと、3等級ダウンする。
これが等級(ノンフリート等級制度)です。

3年契約にすると、たとえば契約した最初の年に事故を起こしても、翌年に等級が下がることがありません。
等級が下がるのは3年の契約を終えたあとになります。

少しややこしいので、どういうことか詳しく説明しましょう。

たとえば、現在13等級の人が3年契約で保険に加入したとしましょう。
その年に事故を起こして保険を使った場合、本当であれば3等級ダウンとなるので、翌年の更新では「10等級」になるはずです。

しかし、3年契約にすると契約期間である3年間は等級が下がりません。
事故を起こしても翌年は「13等級⇒14等級」で1等級アップします。

つまり、3年間は1回事故を起こしても等級は上がるので、保険料の割引率が良くなるのです。
等級がダウンするのは、3年契約が満期をむかえたときです。

3年契約の1年目を13等級とすると、

【13等級→14等級→15等級→12等級(ここで3等級ダウンする)】

となります。

これが1年契約の場合、事故を起こすと、

【13等級→10等級→11等級→12等級】

となります。

なかには「最終的にどっちも12等級になるんだったら同じじゃない?」と思う方もいるかもしれません。

最終的な等級は同じですが、3年契約は保険期間中に等級が上がるのでそのぶん保険料が多く割引されています
よって、3年契約のほうが保険料は結果的に安くなるのです。

「事故を起こして等級が下がるのは避けたい…」という人には3年契約のメリットが大きくなるでしょう。

増税による値上がりを避けることができる

自動車保険は年々、値上がりを続けています。
その理由の1つが消費税の増税です。

しかし、3年契約にすると保険料は最初に契約したときの保険料が適用されます。
そのため、そのあいだに消費税が上がっても保険料はそのままになるのです。

今後増税が考えられる社会において、保険料が上がらない契約というのは大きなメリットになるでしょう。

クーリングオフの対象になる

クーリングオフとは、一定期間であれば契約を解除することができる制度です。
自動車保険の場合、1年を超える契約であれば、クーリングオフを利用することができます。

ただし、契約申し込みをした日 or クーリングオフの説明書を受け取った日のどちらか遅い日から8日以内に書面を郵送する必要があります。

あくまでも「一定期間であれば」という条件ですが、3年契約はクーリングオフの対象になります。

自動車保険は多く人が慎重に選ぶはずです。
そのため、契約してすぐに解約ということはあまり考えられませんが、万が一のときには助かる制度といえるでしょう。

3年契約のデメリットとは?

ここまで3年契約のメリットを紹介してきました。
しかし、「良いモノにはウラがある」というわけではありませんが、3年契約にはデメリットもあります。

自動車保険を3年契約することのデメリットも見ておきましょう。

  • ・3年間で2回事故を起こすと、1年契約より1等級分の損をする
  • ・3年の間にゴールド免許になってもゴールド免許割引が使えない
  • ・3年契約できる自動車保険会社が限られている

事故の回数によっては保険料で損をすることも

等級についてはさきほど説明したとおりですが、3年契約のあいだに事故を2回以上起こすと、1年契約よりも「1等級分」損をします。

事故を起こさないのがイチバンですが、事故ばかりは予測できませんので、判断がむずかしいところです。

契約の途中でゴールド免許割引が使えない

これもさきほどの説明と重なるところがありますが、3年契約をすると「最初の条件」が3年間適用されます。
ですから、3年の契約期間のなかでゴールド免許に更新しても「ゴールド免許割引」を使えません。

これについては免許の更新日を計算すれば、わかることでもあるので確認が必要です。

3年契約は加入できる保険会社が限られる

3年契約はダイレクト型自動車保険(いわゆるネット自動車保険)では基本的に扱っていません。

もともとの保険料が、代理店型よりも安いというのもあるでしょうが、「自分が入りたいと思った自動車保険では3年契約ができない」ということが起こり得ます。

3年契約できるのはおもに代理店型の自動車保険で、損保ジャパン日本興亜東京海上などです。
ダイレクト型自動車保険でお得な保険を選びたいと考えている人には、悩みどころといえるでしょう。

3年契約がお得か・損かはケースバイケース

このように、自動車保険の3年契約にはメリットもデメリットもあります。

3年契約の自動車保険をえらんでも、トータルでは1年契約のダイレクト型自動車保険のほうが安いこともあります。

ですから、自分の条件によってきちんと見極める必要があります。

自動車保険はいろいろな種類がありますから、できるだけ効率的に見比べることが肝心です。
一括見積りなどを使って、3年契約 or 1年契約のどっちがお得になるのか比較することをオススメします。

まずは気軽に見積もりをとって、保険料をくらべてみましょう。

1番安い保険料を無料で調べてみる

3万円以上安くなる!車の保険を見直そう

私が一括見積りを活用したところ、補償内容はそのままで保険料が78,200円⇒46,600円になり31,600円も自動車保険を節約することができました。

保険見積りの参加保険会社

「とりあえずいまの保険を安くしたい」という方にもオススメです。自動車保険は新しい商品がたくさん出てくるので、毎年見直すことで保険料がかなりお得になることがあります。

「保険スクエアbang!」は最短5分のカンタン入力で複数の保険会社から無料で見積りを出してもらうことができます。あなたにピッタリの保険がきっと見つかりますよ。

車が30万円以上も高く売れた理由とは?

私が乗っていた日産「セレナ」は一括査定を活用したおかげで、最も高い査定と最も低い査定の差額が38万円にもなり、より高く買い取ってもらうことができました。

かんたん車査定ガイド加盟買取店

「とりあえず概算価格だけを知りたい」というときにも便利です。自分の車の相場価格を知っているのといないのでは、下取りや買取のときの見積り額に大きな差が生まれます。タダで手に入る武器を使わない手はないですよね。

かんたん車査定ガイドはわずか1分のかんたん入力で申し込みが完了します。最大10社からまとめて査定してもらえるので愛車の最高額がすぐにわかりますよ。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加