19歳にオススメの自動車保険!保険料はいくら?

19歳の車の保険料 保険料

19歳は免許をとって間もないこともあり、かなり高額な自動車保険料を負担することになるはずです。
車の保険料は年齢が若い人ほど高くなりますが、19歳というのは負担感が大きくなります。

19歳の人が車の保険に加入するとき、どうすれば保険料を安くできるのでしょうか?
方法としては補償内容を工夫する、保険会社を比較するなどして保険料を節約することが可能です。

保険プランをチェックしながら、節約方法についてくわしく見ていきましょう。

19歳の自動車保険料を安く抑えるには?

自動車保険は年齢が低い人ほど保険料が割高になります。これはさきほど説明したとおりです。

ですから、補償内容を充実させると、とても支払えないような高額保険料となる可能性があります。
より負担を軽くするために試したいのは「家族が入っている保険内容の変更」です。

19歳で運転をする人の親や家族が入っている自動車保険で補償が受けられるようにしてあげると、保険料は比較的安くすみます。
つまり、親が運転する車を19歳の子が運転できるように「運転者の限定範囲」を広くすればいいのです。

19歳の本人が記名被保険者(おもに運転する人)となる保険は保険料負担が大きくなるので十分に検討する必要があります。

もし親や家族とは別々に車を所有するのであれば、親名義にするなどして保険料を安くしたいところです。

車種別・19歳の自動車保険料をチェック!

自動車保険は年齢によって保険料が上下しますが、車種によっても水準が異なります。
実際に車種ごとに自動車保険料をチェックしていきましょう。

ここではタイプのちがう3つの車の保険料相場をチェック。
正確な保険料は見積もりを出してもらうことをオススメしますが、保険選びの参考にしてみてください。

【ホンダ・フィット】19歳の保険料相場

フィット19歳の保険料

  • ・年齢条件:全年齢補償
  • ・等級:6
  • ・年間走行距離:3,000km
  • ・免許証:ブルー
  • ・対人賠償:無制限
  • ・対物賠償:無制限
  • ・運転者:本人限定
  • ・車両保険:あり

これらの条件で見積もりをとると、年間保険料は464,900円となります。

車の保険料は、補償対象となる年齢によって保険料が変わってきます。
19歳の場合には何歳の人が運転しても補償が受けられる「全年齢補償」にしなければいけないので、保険料が高額になります。

そのため、運転する人を本人のみにする「本人限定特約」をセットにすることで保険料を安くすることをオススメします。

車両保険については、新車でなければ「なし」にしても問題ないでしょう。

【日産・ジューク】19歳の保険料相場

ジューク19歳の保険料

  • ・年齢条件:全年齢補償
  • ・等級:6
  • ・年間走行距離:5,000km
  • ・免許証:ブルー
  • ・対人賠償:無制限
  • ・対物賠償:無制限
  • ・運転者:本人限定
  • ・車両保険:あり

これらの条件で見積もりをとると、年間保険料は475,400円となります。

全年齢補償は変わりません。
コチラは年間走行距離を7,000kmと想定しており、比較的たくさん運転する人の保険料となります。

走行距離が多い場合には、事故に遭遇する上がりますので車両保険はセットしたほうが無難でしょう。
ただし、保険料は50万円近くなってしまうので現実的ではありません。

【マツダ・CX-5】19歳の保険料相場

マツダCX5の19歳の保険料

  • ・年齢条件:全年齢補償
  • ・等級:6
  • ・年間走行距離:5,000km
  • ・免許証:ブルー
  • ・対人賠償:無制限
  • ・対物賠償:無制限
  • ・運転者:家族限定
  • ・車両保険:あり

これらの条件で見積もりをとると、年間保険料は490,800円となります。全年齢補償は変わりません。

安全性能の高い車種ではありますが、車体が大きいので運転のしやすさについては難点があります。
接触するリスクも増えているので、もしCX-5を選ぶのであれば車両保険は加入すべきでしょう。

ただし、保険料が非常に高くなってしまうので、現実的に考えるのであれば、保険料の安い車種にすべきです。

19歳の自動車保険料を安くするには?

ここまで解説したように、19歳が加入する保険料はどうしても高くなります。

親や家族の保険を適用すれば、多少の値上がりで済むことがあります(親は等級が高いことがほとんどだから)。

もし19歳の人を記名被保険者とするならば、できるだけ保険料を安く抑えられる自動車保険をえらぶべきです。

そのためには自動車保険をくらべて、少しでも安いプランに加入することが欠かせません。
補償内容や保険料は、保険会社によって大きくちがってきます。

一括見積りを使うと、効率的に安い自動車保険を見つけることができます。
19歳の保険選びをするときには、試しにインターネット見積もりをとってみることをオススメします。

1番安い保険料を無料で調べてみる

わたしの保険料が3万円以上も安くなった理由

私が一括見積りを活用したところ、補償内容はそのままで保険料が78,200円⇒46,600円になり31,600円も自動車保険を節約することができました。

保険見積りの参加保険会社

「とりあえずいまの保険を安くしたい」という方にもオススメです。自動車保険は新しい商品がたくさん出てくるので、毎年見直すことで保険料がかなりお得になることがあります。

「保険スクエアbang!」は最短5分のカンタン入力で複数の保険会社から無料で見積りを出してもらうことができます。あなたにピッタリの保険がきっと見つかりますよ。

車が30万円以上も高く売れた理由とは?

私が乗っていた日産「セレナ」は一括査定を活用したおかげで、最も高い査定と最も低い査定の差額が38万円にもなり、より高く買い取ってもらうことができました。

かんたん車査定ガイド加盟買取店

「とりあえず概算価格だけを知りたい」というときにも便利です。自分の車の相場価格を知っているのといないのでは、下取りや買取のときの見積り額に大きな差が生まれます。タダで手に入る武器を使わない手はないですよね。

かんたん車査定ガイドはわずか1分のかんたん入力で申し込みが完了します。最大10社からまとめて査定してもらえるので愛車の最高額がすぐにわかりますよ。

保険料
シェアする
安くてお得な自動車保険ナビ